タイムレス・テイルズ

ジョシュア・レッドマンのアルバム

タイムレス・テイルズ』(原題:Timeless Tales (For Changing Times))は、アメリカ合衆国ジャズサクソフォーン奏者、ジョシュア・レッドマン1998年に発表したスタジオ・アルバム

タイムレス・テイルズ
ジョシュア・レッドマンスタジオ・アルバム
リリース
録音 ニューヨーク アバター・スタジオ[1]
ジャンル ジャズ
時間
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
プロデュース ジョシュア・レッドマン、ジェイムズ・ファーバー
専門評論家によるレビュー
ジョシュア・レッドマン アルバム 年表
フリーダム・イン・ザ・グルーヴ
(1996年)
タイムレス・テイルズ
(1998年)
ビヨンド
(2000年)
テンプレートを表示

解説編集

20世紀のポピュラー・ソング10曲を取り上げた内容で、いわゆるジャズ・スタンダードだけでなくスティーヴィー・ワンダージョニ・ミッチェルボブ・ディランビートルズプリンスの曲も選ばれている[2]

本作は『ビルボード』のジャズ・アルバム・チャートで10位に達した[3]。Richard S. Ginellはオールミュージックにおいて5点満点中2.5点を付け「本質的には、ロックやフォークの曲がティン・パン・アレーの曲に劣っているわけではない。彼らは単に、これらの曲に関して若手のネオ・バッパーならではの解釈を、少なくとも当世風には行えていなかっただけだ」「ブラッド・メルドーラリー・グレナディア英語版ブライアン・ブレイドの演奏は技術的な破綻がなく、柔軟性のあるピアノ・トリオである」と評している[2]

収録曲編集

曲間に挿入された「Interlude」は、いずれもジョシュア・レッドマン作曲[1]

  1. サマータイム - "Summertime" (George Gershwin, DuBose Heyward) - 6:18
  2. "Interlude 1" - 0:45
  3. 愛の国 - "Visions" (Stevie Wonder) - 4:24
  4. イエスタデイズ - "Yesterdays" (Jerome Kern, Otto Harbach) - 7:19
  5. "Interlude 2" - 0:34
  6. 私の王様 - "I Had a King" (Joni Mitchell) - 5:39
  7. 時代は変わる - "The Times They Are a-Changin'" (Bob Dylan) - 5:07
  8. "Interlude 3" - 0:20
  9. 春の如く - "It Might as Well Be Spring" (Richard Rodgers, Oscar Hammerstein II) - 6:28
  10. "Interlude 4" - 0:13
  11. ハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシャン - "How Deep is the Ocean" (Irving Berlin) - 4:03
  12. "Interlude 5" - 0:24
  13. ラヴ・フォー・セール - "Love for Sale" (Cole Porter) - 6:31
  14. "Interlude 6" - 0:58
  15. エリナー・リグビー - "Eleanor Rigby" (John Lennon, Paul McCartney) - 8:46
  16. "Interlude 7" - 0:34
  17. つれない仕打ち - "How Come U Don't Call Me Anymore?" (Prince) - 5:00

参加ミュージシャン編集

脚注・出典編集

  1. ^ a b CD英文ブックレット内クレジット
  2. ^ a b Ginell, Richard S. “Timeless Tales (For Changing Times) - Joshua Redman”. AllMusic. 2018年7月2日閲覧。
  3. ^ Joshua Redman Timeless Tales (For Changing Times) Chart History”. Billboard. 2018年7月2日閲覧。