タイム・アフター・タイム (1947年の曲)

タイム・アフター・タイム 」(Time After Time)は、1946年にサミー・カーンが作詞し、ジューリー・スタインが音楽を担当したジャズスタンダードナンバー。

Time After Time
楽曲
出版1947 by Barton Music
作曲者Jule Styne

最初の録音編集

最初の録音は1946年11月19日、サラ・ヴォーンによるテディ・ウィルソン・カルテットのミュージックラフト[1]。ピアノはウィルソン、テナーサックスはチャーリー・ベンチュラ、ギターはレモ・パルミエリ、コントラバスはビリー・テイラーが担当した。

もともとこの曲は、フランク・シナトラが1947年の映画「下町天国」で紹介するために書かれた。オフスクリーン伴奏を提供するピアニストは、アクセル・ストーダールの編曲のアンドレ・プレヴィンであった。映画の後半で、曲はキャスリン・グレイソンによって完全に再演された。

シナトラは1957年にネルソン・リドルオーケストラで再び録音した。 [2]スタン・ゲッツジョン・コルトレーンらサックス奏者もこの曲を取り上げた為、ジャズスタンダードソングとして定着し、1959年は多くのポップやジャズのボーカリストによって収録がなされた。 [3]

他のバージョン編集

脚注編集

  1. ^ The Online Discographical Project”. 78discography.com. 2017年12月19日閲覧。
  2. ^ Gioia, Ted (2012). The Jazz Standards. Oxford: Oxford University Press. pp. 437–438. ISBN 978-0-19-993739-4 
  3. ^ secondhandsongs.com”. secondhandsongs.com. 2021年1月31日閲覧。