タイム・イズ・オン・マイ・サイド

ローリング・ストーンズ > ローリング・ストーンズの作品 > タイム・イズ・オン・マイ・サイド

タイム・イズ・オン・マイ・サイド」 (Time Is on My Side) は、ジェリー・ラゴヴォイが「ノーマン・ミード」 (Norman Meade) の変名を用い作曲した楽曲。ローリング・ストーンズのカバー・バージョンで知られる。

タイム・イズ・オン・マイ・サイド
ローリング・ストーンズシングル
初出アルバム『12×5
B面 コングラチュレーション
リリース
規格 7インチ・シングル
ジャンル ロック
時間
レーベル ロンドン・レコード
作詞・作曲 ノーマン・ミード、ジミー・ノーマン
プロデュース アンドリュー・ルーグ・オールダム
チャート最高順位
ローリング・ストーンズ シングル 年表
イッツ・オール・オーヴァー・ナウ
(1964年)
タイム・イズ・オン・マイ・サイド
(1964年)
リトル・レッド・ルースター
(1964年)
テンプレートを表示

概要編集

オリジナルは、アメリカのジャズトロンボーン奏者のカイ・ウィンディング1963年に発表したインスト曲。タイトルの意味は「時間は私の味方」で、歌詞は「俺と別れて自由になりたいと言ってるが、きっと俺の所に戻って来るさ」という内容である。バックコーラスはホイットニー・ヒューストンの母シシー・ヒューストン、ディオンヌ・ワーウィックとその妹のディー・ディー・ワーウィックの3人が担当した。

1964年6月、ジミー・ノーマンがこのインスト曲に新たに詩を付け、インペリアル・レコードに所属していた女性シンガー、アーマ・トーマスによって歌われた[1]

同年9月26日、ローリング・ストーンズがアメリカでシングルA面曲として発表。このオルガン・イントロ・バージョンはビルボードHot 100の6位を記録し、米ロンドン盤アルバム『12×5』に収録された。本国イギリスでは、翌1965年1月発売のアルバム『ザ・ローリング・ストーンズ No.2』にギター・イントロ・バージョンで収録された。日本盤シングルは、1964年にA面で発売されたときはオルガン・イントロ・バージョンが使用されたが、1968年に「テル・ミー」のB面として発売された際にはギター・イントロ・バージョンが使用された。

その他のバージョン編集

ウィルソン・ピケットオージェイズ[2]パティ・スミス(1977年のシングル「Ask the Angels」のB面)、ムーディー・ブルース、プリティー・シングス、ブライアン・プール&ザ・トレメローズビヴァリー・ナイトらがカバーしている。

日本では、ザ・タイガース(1967年11月発売のアルバム『THE TIGERS ON STAGE』に収録)、ザ・スパイダース等が録音を残している。また、1996年にトヨタ・クレスタのCMで沢田研二高橋幸宏玉置浩二の3人がこの曲を演奏している。

脚注編集