タイラー・ペリーのピープルズ家の婿入り修行

タイラー・ペリーのピープルズ家の婿入り修行』(原題:Peoples)は2013年に公開されたアメリカ合衆国コメディ映画である。監督はティナ・ゴードン・キスム、主演はクレイグ・ロビンソンが務めた。本作は日本国内で劇場公開されなかったが、YouTubeでの配信が行われている[2]。なお、本作はキスムの映画監督デビュー作でもある。

タイラー・ペリーのピープルズ家の婿入り修行
Peoples
監督 ティナ・ゴードン・キスム
脚本 ティナ・ゴードン・キスム
タイラー・ペリー
製作 タイラー・ペリー
ステファニー・アレイン
マット・ムーア
オジー・アリュー
ポール・ホール
製作総指揮 チャールズ・S・ダットン
プレストン・L・ホームズ
シェリー・マーシュ
マイケル・パセオネック
出演者 クレイグ・ロビンソン
ケリー・ワシントン
デヴィッド・アラン・グリア
S・エパサ・マーカーソン
音楽 アーロン・ジグマン
撮影 アレクサンダー・グラジンスキー
編集 デヴィッド・モリッツ
製作会社 サーティーフォース・ストリート・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗ライオンズゲート
公開 アメリカ合衆国の旗2013年5月10日
日本の旗劇場未公開
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1500万ドル[1]
興行収入 世界の旗$9,307,065[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

ピープルズ家は東海岸に暮らす裕福な一家である。年に一度、一家はムービー・ディック・デイと称して一堂に会することになっていたが、その週末にウェイド・ウォーカーが一家を訪ねてきた。グレイスの恋人でもあるウェイドは、兄のクリスにけしかけられてグレイスに求婚するつもりでやって来たのだった。

意気揚々とピープルズ家の門を叩いたウェイドだったが、飼い犬に追い回されることになり、それが原因で財布を落としてしまった。食料品店のレジでそれに気が付いたウェイドは慌てふためくが、その場に居合わせたグレイスの父親(ヴァージル)に立て替えて貰った。その後、ウェイドはピープルズ家の人々からグレイスについての情報を多数得た。その中には「グレイスは豊胸手術をした」という知りたくなかった情報も混じっていた。ウェイドはディナーの席上でグレイスにプロポーズしようとしたが、ヴァージルが立て替えた分の支払いを催促してきたため、タイミングを逸してしまった。

ウェイドが気晴らしに浜辺を散歩していると、ヌーディストの一団に遭遇した。驚くべきことに、そこにはヴァージルの姿があった。帰宅したウェイドは豊胸手術の一件をグレイスに問いただしたが、グレイスがあっさり認めたため怒りもどこかへ消えてしまった。2人はそのまま高校生になりきってセックスをした。その様子を窓から覗いていたヴァージルはムカつきながらその場を直ちに離れた。

偶然、ウェイドはグレイスの兄(サイモン)が窃盗をしている現場を目撃してしまう。その後、ウェイドがピープルズ家を探検していると、グレイスの母親(ダフネ)が現役時代に身につけていた髪飾りを見つけた。今でこそ酒浸りなダフネだったが、彼女にも輝いていた時代があったのである。ヴァージルに咎められたため、それ以上の探検はできなかった。ほどなくして、クリスがピープルズ家にやって来た。クリスはウェイドのプロポーズを手助けするためにわざわざやって来たのだった。ヴァージルはクリスをも快く迎え入れた。

ナナ・ピープルズの家で、ウェイドはダフネに歌を歌わせたが、その様子をヴァージルは苦々しい表情で眺めていた。その頃、クリスはグロリアにちょっかいを出していたが、それが原因でメグを怒らせることになった。帰宅後、ダフネはイヤリングが盗まれていることに気が付いた。その話を聞いたヴァージルは真っ先にウェイドを疑っていた。ウェイドとクリスはバーでサイモンが謎の女性に話しかけているのを目撃した。2人はトイレでサイモンを捕まえ、イヤリングを返すように説教した。

その後、ウェイドはムービー・ディック・デイに参加するが、そこでドラッグを摂取したために醜態をさらすことになった。それが原因で、ウェイドとヴァージルの対立は決定的なものとなってしまった。

キャスト編集

興行収入編集

本作は『華麗なるギャツビー』と同じ週に封切られ、公開初週末に1420万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[3]、実際の数字はそれを大きく下回るものとなった。2013年5月10日、本作は全米2041館で公開され、公開初週末に461万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場4位となった[4]

評価編集

本作に対する批評家の評価は伸び悩んでいる。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには62件のレビューがあり、批評家支持率は37%、平均点は10点満点で5.2点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『タイラー・ペリーのピープルズ家の婿入り修行』は温かくて愛らしい茶番劇であり、クスッと笑えるものがある。しかし、そのストーリーの大部分は先の展開が読めるもので、陳腐なメッセージを届けているに過ぎない。」となっている[5]。また、Metacriticには26件のレビューがあり、加重平均値は52/100となっている[6]。なお、本作のCinemaScoreはB-となっている[7]

出典編集

  1. ^ a b Tyler Perry Presents Peeples”. Box Office Mojo. 2019年1月13日閲覧。
  2. ^ タイラー・ペリーのピープルズ家の婿り修行”. YouTube. 2019年1月13日閲覧。
  3. ^ Forecast: 'Gatsby' Poised for 'Great' Second Place Opening”. Box Office Mojo (2013年5月9日). 2019年1月13日閲覧。
  4. ^ May 10-12, 2013”. Box Office Mojo. 2019年1月13日閲覧。
  5. ^ Peoples”. Peoples. 2019年1月13日閲覧。
  6. ^ Peoples (2013)”. Metacritic. 2019年1月13日閲覧。
  7. ^ Weekend Report: 'Gatsby' Great, But 'Iron Man' Leads Again”. Box Office Mojo (2013年5月12日). 2019年1月13日閲覧。

外部リンク編集