タイーザ・メネセス

この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の姓)はデ・メネセス、第二姓(父方の姓)はパレッシです。

タイーザ・メネセス(Thaísa Daher de Menezes Pallesi, 1987年5月15日 - )は、ブラジルの女子バレーボール選手。リオデジャネイロ出身。ポジションはミドルブロッカーブラジル代表。ブラジル代表ではチーム最長身である。

タイーザ・メネセス
Thaisa Menezes
 No.6
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Thaisa Cropped.jpg
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1987-05-15) 1987年5月15日(35歳)
出身地 リオデジャネイロ州リオデジャネイロ
ラテン文字 Thaisa Menezes
身長 196cm
体重 79kg
選手情報
所属 ブラジルの旗 Finasa/Osasco
ポジション MB
利き手
スパイク 316cm
ブロック 301cm
獲得メダル
ブラジルの旗 ブラジル
オリンピック
2008 北京
2012 ロンドン
世界選手権
2010 東京
2014 ミラノ
グラチャン
2009 福岡
ワールドカップ
2007 名古屋
ワールドグランプリ
2009 東京
2010 寧波
2011 澳門
2012 寧波
2013 札幌
2014 東京
2016 バンコク
パンアメリカン競技大会
2011 グアダラハラ
2007 リオデジャネイロ
テンプレートを表示

来歴編集

14歳の時にTTijuca Tennis Clubに入団しバレーボールを始める。2005年にブラジルジュニア代表に選ばれて、同年世界ジュニア選手権に出場し優勝した。

2006年ブラジル代表に選ばれて、パンアメリカン選手権に出場し優勝したが、同年世界選手権の代表からは外れた。

2005年レクソーナ・アデスに入団し、2005-06、06-07、07-08年にリーグ優勝をした。2007年ワールドカップに出場し準優勝した。2008年北京五輪に出場し、金メダルを獲得した。

2009年からブラジル代表のセンターのレギュラーとして活躍、グラチャン、世界選手権では銀メダルを獲得、2011年のワールドグランプリでベストサーバー賞を獲得した。2012年のロンドンオリンピックでも、チーム2連覇に貢献した。

2013年のワールドグランプリファイナルにて完全優勝を果たし自身も大会MVPとミドルブロッカー賞に輝いた[1]。2014年にイタリアで開催された世界選手権で銅メダルを獲得し、自身もベストミドルブロッカー賞を受賞した[2][3]

2016年にタイで開催されたワールドグランプリでは2大会ぶりの優勝に貢献し、ベストミドルブロッカー部門2位となった[4]

球歴編集

受賞歴編集

所属クラブ編集

脚注編集

外部リンク編集