メインメニューを開く

タウマタファカタンギハンガコアウアウオタマテアポカイフェヌアキタナタフ

タウマタファカタンギハンガコアウアウオタマテアポカイフェヌアキタナタフ、2006年撮影

タウマタファカタンギハンガコアウアウオタマテアポカイフェヌアキタナタフマオリ語: Taumatawhakatangihangakoauauotamateapokaiwhenuakitanatahu)、またはタウマタファカタンギハンガコアウアウオタマテアトゥリプカカピキマウンガホロヌクポカイフェヌアキタナタフ(マオリ語: Taumatawhakatangihangakoauauotamateaturipukakapikimaungahoronukupokaiwhenuakitanatahu)は、ニュージーランドホークス・ベイ地方南部にあるマンガオラパ (Mangaorapa) の近くにある高さ305mの丘の名である。会話等では「タウマタ」(Taumata)と略される。タウマタファカタンギハンガコアウアウオタマテアポカイフェヌアキタナタフの名は主に、公式の場で利用される名前である。

Tetaumatawhakatangihangakoauaotamateaurehaeaturipukapihimaungahoronukupokaiwhenuaakitanarahu という92文字の綴りで、世界一長い地名としてギネスブックに記載されている。

意味は「タマテアという、大きな膝を持ち、山々を登り、陸地を飲み込むように旅歩く男が、愛する者のために鼻笛を吹いた頂」である。

タウマタの位置(ニュージーランド内)
タウマタ
タウマタ
タウマタの位置(ニュージーランド

関連項目編集