メインメニューを開く

タウンページ

NTT東日本及びNTT西日本が発行している業種別電話帳。

概要編集

職業別電話帳で、店舗や企業を探したいときに、職業名やサービス名から電話番号や広告情報を探すことができる。

多くの国で発行されているイエローページYellow Pages)と呼ばれるものの日本版(正確にはNTT東日本・NTT西日本版)であり、タウンページもまた表紙などの色が黄色となっていた。2014年7月発行の山梨県甲府市版・群馬県高崎市版以降は表紙含めリニューアルされたタウンページが順次発行されている。リニューアルされたものは、各地域の風景やゆるキャラ(前述の群馬県はぐんまちゃん)を表紙に採用しており、地域によっては黄色い表紙ではないものも登場している(例:千葉県柏市版は、キャラクターにいずれも黄色いキャラクターのカシワニさかサイ君を採用したため、青色になっている)。また、2015年以降、紙面が黄色ではなくハローページと同じ白ベースのものを使ってる地区版が多くなっている。2018年4月発行分からはNTTのロゴからタウンページ君をあしらったマークに変わり始めている。

発行元はNTT東日本及びNTT西日本で、NTTタウンページ株式会社が運営・編集を行っている。また、NTT印刷株式会社が印刷にあたっている。

一部地域ではハローページの企業名版と合刷されておりデイリータウンページ&ハローページ(後のタウンページ&ハローページ)という名称になっていたが、のちにハローページの個人名版・企業名版を含めて3分冊となった(さらにデイリータウンページ発行に伴い一部の業種の企業名が分割されたビジネスタウンページを含めた4分冊体制からビジネスタウンページと自エリアのデイリータウンページが合冊となり、デイリータウンページ&ビジネスタウンページに発展、後に以前と同じタウンページに戻る、最後のタウンページの1冊化は東京23区版の発行をもって終了)。

タウンページとスマートフォンを連動させ、タウンページの誌面以上の情報を取得できる新しいサービス「つながるタウンページ」アプリが提供されている。タウンページ広告にアプリを起動したスマートフォンのカメラをかざすと、該当の店舗・会社の詳細情報(電話番号・メールアドレス・ホームページ・地図・iタウンページ広告)を見ることができる。そのまま該当の店舗・会社にアクセスすることもできる。

タウンページのインターネット版として「iタウンページ」、紙のタウンページ・ハローページ企業名編を電子化したものに「タウンページライブラリー」がある。

なお、タウンページという愛称は1983年に公募により名称決定(当時は日本電信電話公社が発行元で、タウンページの愛称を使用した職業別電話帳が発行されたのは1984年)。

配布方法編集

全てのNTT東西の電話加入者は、加入地域に対応したものが1冊配布される。また同一都道府県内のものを1冊は無料で、他の地域のものも送料・料金を支払うことで入手可能である。

また、他の電気通信事業者の加入者も入手可能である。他の電気通信事業者が無料もしくは有料で配布する場合と、NTTに有料配布を依頼する場合とがある。

なお、全国のタウンページは主な公立の図書館等で閲覧することができるようになっている他、インターネット上でタウンページ・ハローページ企業名編を見ることができる「タウンページライブラリー」が提供されている。

以前は電話ボックス等屋外のNTT直管公衆電話に電話帳が設置されていたが、電話帳への連続放火が起きたことにより2015年頃より設置を取止めその後は一部の管理受託電話のみ管理者個々の判断で設置が継続されている。

掲載方法編集

日本では電話加入者が申し出ることにより通信事業者や電話帳会社等で運営されている番号情報データベースシステム(TDIS)に登録される仕組みになっている。ただし、番号情報については電話加入者の希望により電話帳へ掲載しないようにする掲載省略サービスもある(番号案内のみとすることもできる)。

掲載料金についてはNTT東日本・NTT西日本の電話加入者の場合、電話帳へは1電話番号につき1掲載までは無料である。また、複数掲載・他の地域版への掲載は発行の都度ごとの別料金となる。

また、他事業者加入の場合は他の事業者を通じて申し込むこととなっている。

発行部数編集

発行部数は2005年度末での60,572(千部)をピークに減少していたが、2013年から増加に転じた。これは、それまで固定電話の加入者だけに配布されていたのを、全戸配布方式に切り替えたことによる。[1]

発行部数(2000年以降)[2]
発行部数(千部) 発行版数(版) 本文掲載件数(千件) 総ページ数(百万ページ) 広告掲載数(千件) 用紙量(千トン)
2000(平成12)年度末 57,194 155 11,253 68,824 1,164 89
2001(平成13)年度末 56,134 155 11,045 64,426 1,088 83
2002(平成14)年度末 54,001 155 11,180 60,649 997 74
2003(平成15)年度末 53,312 157 10,772 55,478 951 72
2004(平成16)年度末 55,915 189 11,988 52,478 943 68
2005(平成17)年度末 60,572 264 14,714 44,974 960 58
2006(平成18)年度末 58,738 290 15,447 39,592 910 51.9
2007(平成19)年度末 55,653 285 14,988 35,599 814 46.6
2008(平成20)年度末 51,903 283 14,393 31,617 724 41.5
2009(平成21)年度末 48,024 282 14,068 27,190 648 35.7
2010(平成22)年度末 47,509 292 14,221 24,812 594 32.6
2011(平成23)年度末 45,349 299 14,006 22,677 550 29.8
2012(平成24)年度末 39,734 279 12,565 21,011 522 27.7
2013(平成25)年度末 38,830 296 9,931 19,232 473 25.3
2014(平成26)年度末 39,337 316 8,327 17,667 465 23.4
2015(平成27)年度末 40,691 342 8,094 17,628 432 23.3
2016(平成28)年度末 44,643 364 7,434 17,559 396 25
2017(平成29)年度末 51,761 405 7,327 18,080 410 25.8

CM編集

現在は2006年より、石原良純が出演している。

これまでTVCMに起用されたメインタレント・キャラクター編集

脚注編集

  1. ^ あの“黄色い電話帳”が今さら急増?|NHK NEWS WEB”. www3.nhk.or.jp. 2019年9月29日閲覧。
  2. ^ 広報数値|NTTタウンページ”. www.ntt-tp.co.jp. 2019年9月29日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集