座標: 北緯15度07分57秒 西経92度06分31秒 / 北緯15.13250度 西経92.10861度 / 15.13250; -92.10861

タカナ山(タカナさん、英語: Volcán Tacaná)は、メキシコタパチュラの北東約30km、グアテマラとの国境付近にある安山岩活火山成層火山である。標高4092メートル。中央アメリカで2番目の高峰である[1]

タカナ山

火山活動の歴史編集

タカナ山では有史以来複数の噴火活動の記録が残る。19世紀、1855年1878年には大規模な割れ目噴火を起こしている[2][3]。20世紀になってもたびたび火山ガスを噴出しており、1903年1949年1950年に活発な硫気活動を見せた。1980年から1981年にかけては付近で地震活動が活発化した。

脚注編集

  1. ^ デジタル大辞泉. “タカナ山とは” (日本語). コトバンク. 2021年3月27日閲覧。
  2. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ). “タカナ火山とは” (日本語). コトバンク. 2021年3月27日閲覧。
  3. ^ 第2版, 世界大百科事典. “タカナ[山とは]” (日本語). コトバンク. 2021年3月27日閲覧。