タキシード (1986年の映画)

タキシード』(Tenue de soirée)は、1986年フランスの映画ベルトラン・ブリエ監督・脚本によるブラック・コメディ

タキシード
Tenue de soirée
監督 ベルトラン・ブリエ
脚本 ベルトラン・ブリエ
製作 ルネ・クレトマン
製作総指揮 フィリップ・デュサール
出演者 ジェラール・ドパルデュー
ミシェル・ブラン
ミウ=ミウ
音楽 セルジュ・ゲンズブール
撮影 ジャン・パンゼール
編集 クロディーヌ・メルラン
配給 フランスの旗 AAA
日本の旗 アルバトロス・フィルム
公開 フランスの旗 1986年4月23日
日本の旗 1991年2月16日
上映時間 84分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
前作 真夜中のミラージュ
次作 美しすぎて
テンプレートを表示

第39回カンヌ国際映画祭(1986年)にてミシェル・ブランが最優秀男優賞を受賞。また、第12回(1986年度)セザール賞において作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞(ブラン)、主演女優賞(ミウ=ミウ)、音楽賞、編集賞、録音賞と8部門にノミネートされ、80年代を代表するフレンチ・コメディとして高く評価されている。

日本初上映は、有楽町マリオン10階日劇で1988年10月15日から28日にかけてパリ年'88東京〜パリ友好都市提携文化交換事業として行われた東宝東和創立60周年記念「フランス・シネマ・フェスティバル」の10月18日(4日目)で、主演スター、ミシェル・ブラン、ミウ=ミウをゲストに特別上映された。しかし、会場での盛り上がりとは裏腹に、直ぐには公開にはつながらず、1991年2月に銀座シネパトスでひっそりと公開された。

2006年にはエレーヌ・ジディ=シェリュイ(クロード・ジディ監督の娘)の演出で舞台化され、テアトル・リヴ・ゴーシュで初演された(その後マルセイユなど地方巡演もしている)[1]

ストーリー編集

パリに暮らす売春婦のモニクと、ヒモ同然の亭主アントワーヌ。

アントワーヌは、マッチョなゲイの泥棒ボブに一目ぼれされる。以来、ボブに熱烈に求愛されたアントワーヌは、妻と3人で同居するになり、一緒に空き巣を始める。

モニクは、気の弱い亭主に愛想を尽かして一度は出て行くが、ふたたび戻って来て、女装して男娼となったボブとアントワーヌと共に街に立つのであった。

キャスト編集

外部リンク編集