メインメニューを開く

タケノホソクロバ

マダラガ科クロマダラ亜科の蛾の一種

タケノホソクロバ(学名:Artona martini)は、チョウ目マダラガ科クロマダラ亜科に属するの一種である。日本全域と中国朝鮮半島に分布する。

タケノホソクロバ
DSD 8329 (25444203854) cropped.jpg
(上)成虫♀, (下)幼虫

DSD 6044 (26048963655) cropped.jpg

分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目(鱗翅目) Lepidoptera
: マダラガ科 Zygaenidae
亜科 : クロマダラ亜科 Procridinae
: Artona
: タケノホソクロバ A. martini
学名
Artona martini
Efetov, 1997
和名
タケノホソクロバ

形態編集

幼虫は体長約27mmの黄褐色で黒色のこぶがある[1]

幼虫には毒棘(毒針毛)があり、触れると疼痛や膨疹を生じ、アレルギー反応による皮膚炎を生じることもある[1][2]

成虫は体長約10mmの黒色で毒はない[1]

生態編集

幼虫はタケササなどを食草とする[1]。孵化後は集団だが成長するに従い分散し単独で行動するようになる[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 皮膚炎の原因となるガ類”. 山梨県福祉保健部衛生環境研究所. 2019年1月26日閲覧。
  2. ^ 夏秋優 『Dr.夏秋の臨床図鑑 虫と皮膚炎』 学研プラス、2013年、15頁。