メインメニューを開く

タケヤ交通(たけやこうつう)は、宮城県柴田郡川崎町に本社を置く、観光貸切・路線バス会社

株式会社タケヤ交通
TAKEYA KOTSU
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
989-1501
宮城県柴田郡川崎町大字前川字中道南3-4
設立 2003年(平成15年)
業種 陸運業
法人番号 6370101001598 ウィキデータを編集
代表者 代表取締役 大宮 利幸
外部リンク http://www.takeyakoutu.jp
テンプレートを表示

概要編集

2003年の規制緩和による路線バス事業として設立された。2013年4月1日に「秋保・川崎 仙台西部ライナー」を運行開始。その他主に宮城県内の観光バス業務やスクールバス、ボートピア川崎などの送迎バス業務も行っている。

営業所編集

  • 本社
    • 宮城県柴田郡川崎町大字前川字中道南3-4
  • 名取営業所
  • 南東北営業所

路線編集

秋保・川崎 仙台西部ライナー編集

 
秋保・川崎 仙台西部ライナー

タケヤ交通本社前 - かわさきまち(川崎町役場)[1] - エコキャンプ入口前 - みちのく公園[2] - 釜房ダム管理所 - 秋保温泉郷[3] - 仙台市天文台[4] - 地下鉄広瀬通駅(降車のみ) - 仙台駅前[5]

通称は「西部ライナー」または「仙台西部ライナー」。バスは主に小型バス・中型バスを使用しているため、収容人数が少ない一方で、各施設の入口や駐車場にバス停を設け、1時間おきに運行しているのが特徴。

仙台市交通局が発行しているICカードicsca、仙台市交通局および宮城交通が2015年12月5日まで発行していたバスカードメルシーカードを含む)・スキップカードジョイカードは使用することができない。独自の往復乗車券または回数乗車券を利用する。往復乗車券、回数乗車券はバス車内とタケヤ交通本社で購入可能。

2018年5月1日のダイヤ改正より、タケヤ交通本社前、エコキャンプ入口前、木の家前、きよ水前の4箇所に停留所を新設。(木の家前、きよ水前は秋保温泉郷内扱い)タケヤ交通本社前 - かわさきまち(川崎町役場)を路線延長した。国営みちのく杜の湖畔公園は北地区・南地区・里山地区の3地区へ行けるよう停車するようになった。

仙台西部エアポートライナー編集

 
仙台西部エアポートライナー

(直行便)タケヤ交通本社前 - みちのく公園 - 秋保温泉湯元 - 秋保・里センター - 仙台空港

(仙台駅前発着便)仙台駅前(63番のりば) - 仙台空港

2017年9月20日、1日4往復で試行運行開始[6]。訪日外国人旅行者(インバウンド)らの利用を見込む[7]。なお、運行開始から2018年4月末までの利用状況は1,792便614名で、約24%が外国人利用者であった[8]

2018年6月1日より、仙台駅前経由便の試行運行を開始。あわせてみちのく公園 - タケヤ交通本社前間路線延長。仙台駅前経由便1日5往復、直行便1日1往復の計1日6往復となる[8]

2019年1月15日より、同年3月31日までの期間限定(同年4月1日 - 9月19日まで延長)で、全区間において「料金半額キャンペーン」を実施[9]

2019年9月20日に運行ダイヤを大幅に見直し。仙台駅前経由便の仙台駅前以西を廃止し、仙台駅前 - 仙台空港間のみの運行となる(これに伴い仙台駅前発着便は愛称が「仙台エアポートライナー」となる)。また、仙台駅前 - 仙台空港間の運賃を大人片道650円(2019年10月1日より大人片道660円[10])に値下げ(仙台バスのエアポートリムジンバスと同額)[11]

みやぎ蔵王 三源郷エアポートライナー編集

国営みちのく杜の湖畔公園[12] / 川崎町役場前 - 腹帯 - 青根温泉じゃっぽの湯前 - アクティブリゾーツ宮城蔵王 - みやぎ蔵王こけし館 - 遠刈田温泉神の湯前 - 蔵王町役場前 - 道の駅村田 第二駐車場 - 蔵の観光案内所前 - 仙台空港

2018年10月15日、1日2往復で運行開始。2019年3月15日までの試験運行[13]。報道によれば、2018年度の1日あたりの乗客数は10人未満で、0人の日もあったという[14]

2019年度は6月21日より運行を開始(2020年3月31日までの運行)。2018年度は国の交付金を活用したが、2019年度は沿線3町(村田町蔵王町川崎町)が事業費1,000万円を支出する。バス停を3カ所(腹帯、アクティブリゾーツ宮城蔵王、遠刈田温泉神の湯前)追加[14]

歴史編集

  • 2003年平成15年) - 株式会社タケヤ交通を創業。
  • 2013年(平成25年)4月1日 - 秋保・川崎 仙台西部ライナーを運行開始。
  • 2017年(平成29年)9月20日 - 仙台西部エアポートライナーを運行開始。
  • 2018年(平成30年)10月15日 - みやぎ蔵王 三源郷エアポートライナーを運行開始。

車両編集

いすゞ自動車製が主体。路線車は移籍車を中心に、近年は新車も導入している。

貸切車両編集

路線車両編集

路線車はいすゞ自動車製が大半。次の車両を保有している。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 宮城交通・ミヤコーバスの「川崎町役場前」バス停とは異なり、役場の入口横(川崎郵便局 側)にバス停がある。かわさき町民バス「役場前」に同じ。
  2. ^ 開園時に限り「みちのく公園」バス停へ停車する。みちのく公園が閉園している場合でも「みちのく公園口」および「里山地区入口」を使用可能。
  3. ^ 秋保工芸の里、秋保・里センターほかホテル前の計9ヶ所に停車。
  4. ^ 開館時に限り「仙台市天文台」バス停へ停車する。閉館時は通過する。
  5. ^ 2015年12月6日より青葉通りの63番バス停。あおば通駅に近い。それ以前はヤマダ電機LABI近くにバス停が存在していた。
  6. ^ 仙台西部エアポートライナー開業記念式典を開催します。”. タケヤ交通、仙台国際空港. 2017年10月29日閲覧。
  7. ^ “仙台空港-秋保温泉、湖畔公園 直結バス運行開始”. 河北新報. (2017年9月21日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201709/20170921_13038.html 2017年10月29日閲覧。 
  8. ^ a b 仙台西部エアポートライナーの運行開始から半年 ―仙台空港~仙台駅前経由バス路線の試行運行を開始します― (PDF)”. タケヤ交通、仙台国際空港 (2018年5月25日). 2018年6月3日閲覧。
  9. ^ 2019冬 足跡をつけにいこう 東北!! 2019年1月15日(火)~3月31日(日) 『料金半額キャンペーン』”. タケヤ交通. 2019年2月17日閲覧。
  10. ^ 運賃改正のお知らせ (PDF)”. タケヤ交通 (2019年9月20日). 2019年10月5日閲覧。
  11. ^ 仙台西部エアポートライナー大幅ダイヤ見直しのお知らせ (PDF)”. タケヤ交通 (2019年9月10日). 2019年10月5日閲覧。
  12. ^ 他路線の「みちのく公園」に同じ南地区だが、この路線だけ正式名称のバス停名になっている。
  13. ^ “仙台空港←→村田・蔵王・川崎 高速バス試験運行開始”. 河北新報. (2017年10月16日). https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201810/20181016_12032.html 2017年10月16日閲覧。 
  14. ^ a b “<インバウンド>仙台空港→村田・蔵王・川崎 観光拠点を結ぶ高速バス今年も”. 河北新報. (2019年6月22日). https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201906/20190622_12029.html 2019年6月26日閲覧。 

外部リンク編集