メインメニューを開く

名前編集

タシュクルガンは、「石の砦」又は「石の塔」を表すチュルク語族。 古い中国語名は「石头城/Shítouchéng)」。 公式の綴りは「Taxkorgan」だが、「Tashkorgan」「Tashkurghan」とも綴られる。 ウイグル語アラビア文字表記で「تاشقۇرغان」、ウイグル語ラテン文字表記で「Tashqurghan baziri」と綴る。 「Sarikol」(سريكال)又はSariqol(سرقول)(ساريق قول)とも呼ばれた。

歴史編集

 
1909年の砦
 
2011年の砦の遺跡
 
タシュクルガンをプトレマイオスの「石の塔」と考える学者も多い。東西の隊商がここで出会った。

タシュクルガンはシルクロードの中継地として長い歴史を持つ。 北にはカシュガル、東にはカルギリク英語版、西にはバダフシャーンワハーン英語版、南西にはチトラルフンザ英語版と繋がっている。

漢書後漢書によると、約2000年前の時代にはタシュクルガンは蒲犁(Puli)王国の中心地だった。 後にVarshadehと呼ばれるようになった[1][2]魏略によると、タシュクルガンには満犁(Manli)王国が存在した[3]クラウディオス・プトレマイオスは、「タシュクルガンは石の塔を表し、ヨーロッパと中国の中間地点である」と述べた。 しかし他にも3ヵ所中間地点の候補となる「石の塔」が存在する[4]

数世紀後、パミール高原サリコル(色勒库尔、Sarikol)王国の首都が置かれた。 後にペルシア帝国の「朅盘陀(Qiepantuo)」になった。

500年頃、バダフシャーンからホータン王国に向かう宋雲が通過した。

649年頃、同様に玄奘三蔵が通過した。

時代には、町の北東部に王妃城と呼ばれる要塞が有った。 火寺英語版遺跡は要塞の近くに有った。

20世紀初頭に訪れたオーレル・スタインは、タシュクルガンが過去の記録の通りに残っていると述べた[5][6]

地理編集

タシュクルガン・タジク自治県の県都であり、アフガニスタンタジキスタンの国境地域の標高約3090m地帯に有る。 キルギスパキスタンとの国境にも近い。 羊や羊毛、絨毯等の羊毛製品の市場が開かれる。 住民の多くがタジク族サリコル語を話すが、ワハン語を話す村も有る。 標準中国語やウイグル語も通じる。

タシュクルガン川英語版紅其拉甫口岸(クンジュラブ峠)のすぐ北から始まり、カラコルム・ハイウェイの北を並走し、タシュクルガンのすぐ北で東に曲がり、タリム盆地ヤルカンド川英語版に合流する。

気候編集

寒い砂漠気候(BWk)に属し、長くとても寒い冬と、涼しい夏が特徴。 月間平均気温は1月が最低で-11.9℃、7月が最高で16.4℃で、年間平均気温は3.58℃。 年間平均降水量は68mmに過ぎない。

タシュクルガン(1971−2000)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 6.5
(43.7)
12.2
(54)
18.9
(66)
22.0
(71.6)
25.1
(77.2)
31.0
(87.8)
32.5
(90.5)
31.4
(88.5)
27.8
(82)
22.7
(72.9)
14.3
(57.7)
10.5
(50.9)
32.5
(90.5)
平均最高気温 °C (°F) −4.2
(24.4)
−1
(30)
6.0
(42.8)
12.8
(55)
16.7
(62.1)
20.5
(68.9)
23.7
(74.7)
23.3
(73.9)
18.6
(65.5)
11.6
(52.9)
4.8
(40.6)
−1.9
(28.6)
10.9
(51.6)
日平均気温 °C (°F) −11.9
(10.6)
−8.2
(17.2)
−0.5
(31.1)
6.1
(43)
9.8
(49.6)
13.3
(55.9)
16.4
(61.5)
16.0
(60.8)
11.4
(52.5)
4.0
(39.2)
−3.4
(25.9)
−10.0
(14)
3.6
(38.5)
平均最低気温 °C (°F) −18.6
(−1.5)
−15.3
(4.5)
−7.3
(18.9)
−0.8
(30.6)
3.1
(37.6)
6.4
(43.5)
9.4
(48.9)
8.8
(47.8)
3.5
(38.3)
−3.8
(25.2)
−10.8
(12.6)
−16.6
(2.1)
−3.5
(25.7)
最低気温記録 °C (°F) −40.1
(−40.2)
−36.0
(−32.8)
−25.7
(−14.3)
−11.5
(11.3)
−5.6
(21.9)
−1.0
(30.2)
2.2
(36)
−0.2
(31.6)
−5.0
(23)
−12.2
(10)
−23.3
(−9.9)
−31.5
(−24.7)
−40.1
(−40.2)
降水量 mm (inch) 3.2
(0.126)
2.6
(0.102)
2.4
(0.094)
4.8
(0.189)
8.0
(0.315)
15.5
(0.61)
11.3
(0.445)
9.6
(0.378)
6.0
(0.236)
2.1
(0.083)
.7
(0.028)
2.0
(0.079)
68.2
(2.685)
平均降水日数 (≥ 0.1 mm) 2.1 2.4 2.2 2.5 5.1 6.8 6.2 4.6 2.9 1.7 .5 1.6 38.6
出典: Weather China

カラコルム・ハイウェイ編集

 
カラコルム・ハイウェイの全体像

現在のタシュクルガンは、中国パキスタンを結ぶカラコルム・ハイウェイが通る[7]。 雪の多いクンジュラブ峠を日中に通るために、宿泊施設が充実している。 入域前に警察による特別登録が必要で、中国人は地元の警察からも許可が必要。 カシュガル市の約230km南にあり、国境の手前の最後の都市である。 更に約120km南下すると、国境のクンジュラブ峠を越えてパキスタン側のススト英語版に達する。 クンジュラブ峠は5月1日~10月15日しか通れず、長い冬には雪で閉ざされる。[8]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Hill (2009), Note 20.2, pp. 394-401.
  2. ^ Stein, Aurel (1907). Ancient Khotan: Detailed Report of Archaeological Explorations in Chinese Turkestan. Oxford: The Clarendon Press. p. 39. http://dsr.nii.ac.jp/cgi-bin/toyobunko/show_page.pl?lang=en&book=VIII-5-B2-7/V-1&page=0077&keyword=tashkurghan. 
  3. ^ Hill, John E. 2004. The Peoples of the West from the Weilüe 魏略 by Yu Huan 魚豢: A Third Century Chinese Account Composed between 239 and 265 CE. Draft annotated English translation... Link
  4. ^ Dean, Riaz (2015). “The Location of Ptolemy's Stone Tower: the Case for Sulaiman-Too in Osh”. The Silk Road 13. 
  5. ^ Stein, Aurel (1903). Sand-Buried Ruins of Khotan: Personal Narrative of a Journey of Archaeological and Geographical Exploration in Chinese Turkestan. London: T.F. Unwin. p. 72. 
  6. ^ Xuanzang; Samuel Beal (1884). Si-Yu-Ki. Buddhist Records of the Western World. Translated from the Chinese of Hiuen Tsiang (A.D. 629) by S. Beal. London: Trübner. pp. 298–99. https://archive.org/stream/siyukibuddhistr00bealgoog#page/n310/mode/1up. 
  7. ^ Karakoram Highway” (英語). www.dangerousroads.org. 2017年5月12日閲覧。
  8. ^ World's biggest building project aims to make China great again”. The Guardian (2017年5月11日). 2017年5月12日閲覧。
  • Curzon, George Nathaniel. 1896. The Pamirs and the Source of the Oxus. Royal Geographical Society, London. Reprint: Elibron Classics Series, Adamant Media Corporation. 2005. 1-4021-5983-8 (pbk); 1-4021-3090-2 (hbk).
  • Hill, John E. (2009). Through the Jade Gate to Rome: A Study of the Silk Routes during the Later Han Dynasty, First to Second Centuries CE. John E. Hill. BookSurge. 978-1-4392-2134-1.
  • 库尔班, 西仁, 马达 力包仑, and 米尔扎 杜斯买买提. 中国塔吉克史料汇编. Urumuqi: 新疆大学出版社, 2003. 7-5631-1792-X.

外部リンク編集