タタ (小惑星)

小惑星

タタ[1] (1109 Tata)は、小惑星帯小惑星である。1929年2月5日にカール・ラインムートハイデルベルクケーニッヒシュトゥール天文台で発見した。当初は1929 CUという仮符号が付けられた。名前の由来は分かっていない[2]

タタ
1109 Tata
仮符号・別名 1929 CU
小惑星番号 1109
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
発見
発見日 1929年2月5日
発見者 カール・ラインムート
軌道要素と性質
元期:2007年10月27日 (JD 2454400.5)
軌道長半径 (a) 3.221323 AU
近日点距離 (q) 2.886145 AU
遠日点距離 (Q) 3.5565010 AU
離心率 (e) 0.1040498
公転周期 (P) 2111.7857354 日(5.78 年)
軌道傾斜角 (i) 4.13544°
近日点引数 (ω) 353.51535°
昇交点黄経 (Ω) 268.45931°
平均近点角 (M) 175.92514°
物理的性質
直径 66.53 km
絶対等級 (H) 10.06
アルベド(反射能) 0.0378
Template (ノート 解説) ■Project

出典編集

  1. ^ 全世界の観測成果 ver.2 (Excel)”. 薩摩川内市せんだい宇宙館 (2018年3月3日). 2019年3月11日閲覧。
  2. ^ Schmadel, Lutz D. (2003). Dictionary of Minor Planet Names. Springer. ISBN 3-540-00238-3. http://books.google.se/books?id=aeAg1X7afOoC&pg=PA93&dq=1109+Tata&hl=sv&sa=X&ei=_tzNUqzXHoX_ygOV5YCgBQ&ved=0CEAQ6AEwAg#v=onepage&q=1109%20Tata&f=false 

関連項目編集