タッサ・ブラジル

タッサ・ブラジル(Taça Brasil)は、ブラジルで1959年から1968年まで毎年開催されていた全国規模のサッカー大会である。多くの歴史家が当時のブラジルにおいてもっとも重要なサッカートーナメントであると考えており、その重要性は現在のカンピオナート・ブラジレイロと比較できうる。

タッサ・ブラジルは、1960年より新たに始まったコパ・リベルタドーレスに出場するブラジル代表チームを決定するための大会として創設された。

1959年から1964年までは、タッサ・ブラジルの優勝チームが翌年のコパ・リベルタドーレスのブラジル代表となった。1966年からコパ・リベルタドーレスが拡大されたことに伴い、1965年から1966年まではタッサ・ブラジルの決勝に進出したチームは両チームとも翌年のコパ・リベルタドーレスのブラジル代表となった。1967年から1968年までは、タッサ・ブラジルの優勝チームとトルネイオ・ロベルト・ゴメス・ペドローザ(別名タッサ・デ・プラッタ)の優勝チームがともに翌年のコパ・リベルタドーレスのブラジル代表となった。

タッサ・ブラジルの開催は1968年が最後になった。1969年から1970年まではトルネイオ・ロベルト・ゴメス・ペドローザの上位2チームが翌年のコパ・リベルタドーレスのブラジル代表となり、それは1971年に全国規模のリーグであるカンピオナート・ブラジレイロが発足するまで続いた。なお現在、ブラジルの州リーグ戦優勝のチームが出場できる公式戦としては、カンピオナートとは別のカップ戦である「コッパ・ド・ブラジル」(1989年創設)がある。

成績編集

Year 決勝 準決勝
優勝 スコア 準優勝
1959  
バイーア
3 - 2
0 - 2
3 - 1
 
サントス
 
ヴァスコ・ダ・ガマ
 
グレミオ
1960  
パルメイラス
3 - 1
8 - 2
 
フォルタレーザ
 
フルミネンセ
 
サンタクルス
1961  
サントス
1 - 1
5 - 1
 
バイーア
 
アメリカ
 
ナウチコ
1962  
サントス
4 - 3
1 - 3
5 - 0
 
ボタフォゴ
 
スポルチ・レシフェ
 
インテルナシオナル
1963  
サントス
6 - 0
2 - 0
 
バイーア
 
グレミオ
 
ボタフォゴ
1964  
サントス
4 - 1
0 - 0
 
フラメンゴ
 
パルメイラス
 
セアラー
1965  
サントス
5 - 1
1 - 0
 
ヴァスコ・ダ・ガマ
 
パルメイラス
 
ナウチコ
1966  
クルゼイロ
6 - 2
3 - 2
 
サントス
 
フルミネンセ
 
ナウチコ
1967  
パルメイラス
3 - 1
1 - 2
2 - 0
 
ナウチコ
 
グレミオ
 
クルゼイロ
1968  
ボタフォゴ
2 - 2
4 - 0
 
フォルタレーザ
 
クルゼイロ
 
ナウチコ

優勝回数編集

得点王編集

外部リンク編集