メインメニューを開く

タッチングスピーチ(英:Touching Speech[1])は、日本競走馬繁殖牝馬。主な勝ち鞍は2015年ローズステークス(GII)。馬名の意味は「ジーンとくる演説、人の心を動かすスピーチ」[3]

タッチングスピーチ
Touching-Speech IMG 6259r R 20150920.JPG
第33回ローズステークスパドック
欧字表記 Touching Speech[1]
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2012年2月21日(7歳)
抹消日 2017年11月16日[2]
ディープインパクト
リッスン
母の父 Sadler's Wells
生国 日本の旗 日本北海道安平町
生産 ノーザンファーム
馬主 (有)サンデーレーシング
調教師 石坂正栗東
競走成績
生涯成績 18戦3勝
獲得賞金 1億1436万4000円
 
勝ち鞍
GII ローズステークス 2015年
テンプレートを表示

現役時代編集

2013年2月21日に北海道安平町ノーザンファームで誕生。一口馬主法人「サンデーサラブレッドクラブ」より総額6000万円(1口150万円×40口)で募集され[4]、ノーザンファーム早来の日下和博厩舎で育成された[5]

栗東石坂正厩舎所属となり、2014年11月にデビュー。新馬戦で3着となった後、2戦目で初勝利を挙げる。しかし、3歳春はチューリップ賞9着、忘れな草賞8着と振るわず、クラシック戦線に乗ることはできなかった[6]。しかし、忘れな草賞後のノーザンファーム早来での休養期間で劇的な良化を示し、札幌競馬場での500万下条件戦を見事な末脚で快勝する[5]。続くローズステークスでも後方から一気に末脚を伸ばし、オークス馬ミッキークイーンに1馬身半差をつけて重賞初制覇を果たした[7]秋華賞では内回りコースが合わず6着に敗れるも[8]エリザベス女王杯では加速に手間取りながらも直線半ばを過ぎてから一頭際立った脚で追い込み、勝ち馬マリアライトからクビ+ハナ差の3着に入った[9]

重馬場での消耗戦となった古馬初戦の京都記念サトノクラウンの2着と健闘するが、その後は調子を落とし、一度も掲示板に載ることがないまま、2017年エリザベス女王杯17着を最後に現役を引退した[6]

繁殖牝馬時代編集

引退後は生まれ故郷のノーザンファームで繁殖牝馬となった[2]2019年3月2日、初仔の牡馬(父ロードカナロア)を出産した[10]

競走成績編集

以下の内容は、netkeiba.comの情報[6]に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬) 馬体重
[kg]
2014.11.09 京都 2歳新馬 芝1600m(良) 18 7 13 003.30(1人) 03着 R1:36.9(34.6) -0.2 福永祐一 54 コルボノワール 458
0000.12.07 阪神 2歳未勝利 芝2000m(良) 15 6 10 002.10(1人) 01着 R2:02.8(34.8) -0.0 福永祐一 54 (パイオニアステップ) 450
2015.03.07 阪神 チューリップ賞 GIII 芝1600m(重) 17 5 9 030.90(8人) 09着 R1:38.8(36.4) -1.1 福永祐一 54 ココロノアイ 450
0000.04.12 阪神 忘れな草賞 OP 芝2000m(良) 12 4 4 008.00(4人) 08着 R2:04.8(35.6) -1.3 福永祐一 54 ミッキークイーン 452
0000.08.08 札幌 3歳上500万下 芝2000m(良) 16 8 15 007.70(4人) 01着 R2:00.3(34.2) -0.2 福永祐一 52 (ロッカフラベイビー) 456
0000.09.20 阪神 ローズS GII 芝1800m(良) 17 8 15 012.20(7人) 01着 R1:45.2(33.9) -0.2 C.ルメール 54 (ミッキークイーン) 460
0000.10.18 京都 秋華賞 GI 芝2000m(良) 18 6 11 003.80(2人) 06着 R1:57.2(34.4) -0.3 C.ルメール 55 ミッキークイーン 456
0000.11.15 京都 エリザベス女王杯 GI 芝2200m(稍) 18 4 8 006.50(4人) 03着 R2:14.9(34.3) -0.0 C.ルメール 54 マリアライト 458
2016.02.14 京都 京都記念 GII 芝2200m(重) 15 4 6 005.30(3人) 02着 R2:18.2(36.6) -0.5 福永祐一 53 サトノクラウン 466
0000.04.03 阪神 産経大阪杯 GII 芝2000m(良) 11 6 6 012.30(6人) 09着 R2:00.5(34.1) -1.2 福永祐一 54 アンビシャス 470
0000.05.29 東京 目黒記念 GII 芝2500m(良) 18 8 16 005.20(2人) 06着 R2:31.0(34.0) -0.4 C.ルメール 55 クリプトグラム 466
0000.06.26 阪神 宝塚記念 GI 芝2200m(稍) 17 7 13 125.0(16人) 12着 R2:14.3(37.2) -1.5 浜中俊 56 マリアライト 470
0000.11.13 京都 エリザベス女王杯 GI 芝2200m(良) 15 5 8 006.20(4人) 08着 R2:13.7(33.7) -0.8 R.ムーア 56 クイーンズリング 472
0000.12.10 阪神 チャレンジC GIII 芝1800m(稍) 18 4 8 008.40(4人) 11着 R1:46.9(35.2) -0.4 松山弘平 55 マイネルハニー 468
2017.03.11 中京 金鯱賞 GII 芝2000m(良) 16 3 5 042.8(10人) 09着 R1:59.6(34.8) -0.4 C.ルメール 54 ヤマカツエース 474
0000.04.08 阪神 阪神牝馬S GII 芝1600m(重) 16 5 9 046.40(9人) 13着 R1:36.0(35.1) -1.7 和田竜二 54 ミッキークイーン 468
0000.09.03 札幌 丹頂S OP 芝2600m(良) 14 6 10 009.40(6人) 07着 R2:44.9(37.7) -0.7 福永祐一 55 プレストウィック 482
0000.11.12 京都 エリザベス女王杯 GI 芝2200m(良) 18 4 8 195.5(15人) 17着 R2:15.7(34.6) -1.4 松山弘平 56 モズカッチャン 470

血統表編集

タッチングスピーチ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サンデーサイレンス系
[§ 2]

ディープインパクト
2002 鹿毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ウインドインハーヘア
Wind in Her Hair
1991 鹿毛
Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere

*リッスン
Listen
2005 鹿毛
Sadler's Wells
1991 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Fairy Bridge Bold Reason
Special
母の母
Brigid
1991 栗毛
Irish River Riverman
Irish Star
Luv Luvin' Raise a Native
Ringing Bells
母系(F-No.) 9号族(FN:9-b) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer5×3=15.63%、Hail to Reason4×5=9.38%、Native Dancer5×5=6.25%、Almahmoud5×5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ タッチングスピーチ 5代血統表2018年8月10日閲覧
  2. ^ タッチングスピーチ 5代血統表2018年8月10日閲覧
  3. ^ タッチングスピーチ 5代血統表2018年8月10日閲覧
  4. ^ タッチングスピーチ 5代血統表2018年8月10日閲覧

出典編集

  1. ^ a b タッチングスピーチ|JBISサーチ(JBIS-Search)
  2. ^ a b タッチングスピーチ号、コウソクストレート号が競走馬登録抹消”. 日本中央競馬会 (2017年11月15日). 2018年8月10日閲覧。
  3. ^ 競走馬登録馬名簿・馬名意味. 2018年8月10日閲覧
  4. ^ リッスンの12. サンデーサラブレッドクラブ. 2018年8月10日閲覧
  5. ^ a b ローズS G2 | 重賞ウイナーレポート. 競走馬のふるさと案内所. 2018年8月10日閲覧
  6. ^ a b c タッチングスピーチ”. netkeiba.com. Net Dreamers co.LTD. 2018年8月10日閲覧。
  7. ^ 7番人気タッチングスピーチが重賞初勝利/ローズS. 日刊スポーツ(2015年9月20日付). 2018年8月10日閲覧
  8. ^ タッチングスピーチ石坂師「期待を持って臨む」/エリザベス女王杯. netkeiba.com(2015年11月10日付). 2018年8月10日閲覧
  9. ^ タッチングスピーチ豪脚遅く3着/エリザベス女王杯. 日刊スポーツ(2015年11月16日付). 2018年8月10日閲覧
  10. ^ _________”. JBIS Search. 2019年6月25日閲覧。
  11. ^ Chris Hill. 日本で購買したディープインパクト産駒は貴重な宝物(イギリス). 公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナル(2016年4月20日付). 2018年8月9日閲覧

外部リンク編集