タデイ・ポガチャル

タデイ・ポガチャル(Tadej Pogačar、1998年9月21日 - )は、スロベニアコメンダ出身の自転車競技選手。

タデイ・ポガチャル
Tadej Pogačar
Cycling (road) pictogram.svg
2022 Tour of Slovenia (Stage 3, Tadej Pogačar celebrating victory on Celje Castle v2).jpg
個人情報
本名 Tadej Pogačar
タデイ・ポガチャル
生年月日 (1998-09-21) 1998年9月21日(24歳)
国籍 スロベニアの旗 スロベニア
身長 176cm
体重 66kg
チーム情報
所属 UAE チーム・エミレーツ
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 オールラウンダー、クライマー
プロ所属チーム
2017
2018
2019-
ログ・リュブリャナ英語版
リュブリャナ・グスト英語版
UAE チーム・エミレーツ
グランツール最高成績
ツール・ド・フランス 総合優勝 (2020,2021)
主要レース勝利
ツール・ド・フランス
 Jersey yellow.svg総合優勝(2020、2021)
 Jersey polkadot.svg山岳賞(2020、2021)
 Jersey white.svg ヤングライダー賞(2020、2021、2022)
 区間通算9勝
ブエルタ・ア・エスパーニャ
 Jersey white.svg ヤングライダー賞(2019)
 区間通算3勝
リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ (2021)
イル・ロンバルディア (2021、2022)
ストラーデ・ビアンケ (2022)
グランプリ・シクリスト・ド・モンレアル (2022)
ティレーノ〜アドリアティコ (2021, 2022)
ツアー・オブ・カリフォルニア(2019)
ヴォルタ・アン・アルガルヴェ(2019)
UAEツアー(2021、2022) 区間通算4勝
イツリア・バスク・カントリー 区間通算1勝
スロベニアの旗 スロベニア選手権・個人TT(2019,2020)
ツール・ド・ラブニール(2018)
獲得メダル
オリンピック
2020 東京 ロードレース
最終更新日
2022年10月8日

経歴編集

2017年、スロベニアのコンチネンタルチームであるログ・リュブリャナ英語版でプロデビュー。
2019年、UAE チーム・エミレーツへ移籍[1]グランツール初出場となるブエルタ・ア・エスパーニャでは、第9ステージでグランツール初勝利[2]。第13ステージで2勝目を挙げる[3]。第20ステージでは残り39km地点で単独アタックをかけ、独走で区間3勝目[4]。最終的に、総合3位とヤングライダー賞を手に入れた。

2020年、ツール・ド・フランスに初出場。第7ステージで風の影響により分断した後方集団に取り残され、ライバル勢から1分21秒のタイムを失った[5]。第9ステージでマルク・ヒルシプリモシュ・ログリッチとのゴール前スプリントを制し、ツール・ド・フランス初勝利[6]。第15ステージでもログリッチとの登りスプリントを制し、大会2勝目[7]。第19ステージ終了時点で首位のログリッチとは57秒差の総合2位につけていた。コース終盤が登りとなる個人タイムトライアルの第20ステージで、2位のトム・デュムランに対して1分21秒、総合首位のログリッチを1分56秒上回るタイムで大会3勝目[8]。総合でもログリッチに対して59秒差をつけて逆転して総合首位に立ち、21歳にして総合優勝を果たした。さらに第20ステージで獲得した山岳ポイントで山岳賞も獲得。ヤングライダー賞も獲得し、最終的に3枚の特別賞ジャージを手に入れた[9]

2021年のツール・ド・フランスでは、第5ステージの個人タイムトライアルでステージ1勝目[10]。大会最初の上級山岳ステージとなった第8ステージで、総合ライバル勢に対して3分20秒の差をつけ、マイヨジョーヌを獲得[11]。第17ステージで総合2位のヨナス・ヴィンゲゴー、3位のリチャル・カラパスを下しステージ優勝[12]。第18ステージでも勝利を挙げ、山岳賞でもトップに立った[13]。第9ステージ以降、総合リーダーの座をキープし続け、最終的に大会連覇と共に、前年同様、3枚の特別賞ジャージを手に入れる結果となった[14]

2022年はUAEツアー総合2連覇[15]を皮切りに、ストラーデ・ビアンケ優勝[16]ティレーノ〜アドリアティコ総合優勝[17]ツアー・オブ・スロベニア総合優勝[18]を果たし順調な滑り出しを見せる。3連覇を目指して始まったツール・ド・フランスでは、第6ステージでステージ1勝目を挙げるとともに全体リーダーに躍り出ると[19]、第7ステージでは残り700メートルの未舗装急勾配区間で逃げに追いつき2勝目を挙げる[20]。3連覇へ順調に見えたが、第11ステージではガリビエ峠でチーム・ユンボ・ヴィスマの揺さぶりに合い、最後のグラノン峠でヨナス・ヴィンゲゴーに後れを取り、総合タイムでヴィンゲゴーから2分22秒遅れ、マイヨ・ジョーヌを手放すこととなった[21][22]。第17ステージではフィニッシュ直前までヴィンゲゴーと競り合う中、辛うじてステージ3勝目を挙げた[23]ものの、全体タイムの遅れは取り戻せず、第18ステージでは再び1分以上広げられることとなり[24]、最終的にはヤングライダー賞は獲得したものの、総合2位となった[25]。3年ぶりのブエルタ・ア・エスパーニャに出場が予定されていたが、欠場することとなった[26]

主な戦績編集

2018年編集

2019年編集

2020年編集

 
2020年ツール・ド・フランスにて、マイヨ・ジョーヌを着用したタデイ・ポガチャル

2021年編集

2022年編集

グランツールの総合成績編集

グランツール 2019 2020 2021 2022
  ジロ・デ・イタリア
  ツール・ド・フランス 1 1 2
  ブエルタ・ア・エスパーニャ 3

脚注編集

  1. ^ Welcome Covi and Pogacar”. 2019年4月21日閲覧。
  2. ^ ブエルタ・ア・エスパーニャ2019第9ステージ 未舗装路を含む雨のアンドラ山岳で20歳ポガチャルが初勝利 キンタナが首位浮上”. cyclowired (2019年9月2日). 2019年9月16日閲覧。
  3. ^ ブエルタ・ア・エスパーニャ2019第13ステージ 超級マチュコスでポガチャル2勝目&総合3位浮上 ログリッチェがリード拡大”. cyclowired (2019年9月7日). 2019年9月16日閲覧。
  4. ^ ブエルタ・ア・エスパーニャ2019第20ステージ 最終山岳で3勝目を飾ったポガチャルが総合3位返り咲き ログリッチェが総合優勝に王手”. cyclowired (2019年9月15日). 2019年9月16日閲覧。
  5. ^ ツール・ド・フランス2020 第7ステージ 追い風と高速な展開が集団を破壊 ポガチャルやランダがタイムを失い、ファンアールトが2勝目”. cyclowired (2020年9月5日). 2020年9月21日閲覧。
  6. ^ ツール・ド・フランス2020 第9ステージ 急坂マリーブランクで四強が飛び出す ポガチャルがステージ優勝し、ログリッチが首位に立つ”. cyclowired (2020年9月7日). 2020年9月21日閲覧。
  7. ^ ツール・ド・フランス2020 第15ステージ 超級グランコロンビエールでポガチャル勝利 ログリッチがリードを広げ、ベルナル失速”. cyclowired (2020年9月14日). 2020年9月21日閲覧。
  8. ^ ツール・ド・フランス2020 第20ステージ 山岳TTで歴史的な逆転を果たしたポガチャルが総合に王手 ポートが総合表彰台へ”. cyclowired (2020年9月20日). 2020年9月21日閲覧。
  9. ^ ツール・ド・フランス2020 第21ステージ マイヨヴェールのベネットがシャンゼリゼ制覇 21歳ポガチャルが総合優勝”. cyclowired (2020年9月21日). 2020年9月21日閲覧。
  10. ^ ポガチャルが27.2kmの個人TTで圧勝 ファンデルプールが8秒差で首位を守る”. cyclowired (2021年7月1日). 2021年7月19日閲覧。
  11. ^ 雨のアルプス初日にトゥーンス逃げ切り勝利 他を圧倒したポガチャルがマイヨジョーヌ獲得”. cyclowired (2021年7月4日). 2021年7月19日閲覧。
  12. ^ 霧の超級ポルテで総合2位ウラン脱落 ポガチャルが総合リードを広げるステージ優勝”. cyclowired (2021年7月15日). 2021年7月19日閲覧。
  13. ^ 最終ピレネー山岳で再び三強が先行 ステージ2連勝のポガチャルが山岳賞でも首位に”. cyclowired (2021年7月16日). 2021年7月19日閲覧。
  14. ^ シャンゼリゼ決戦を制したファンアールトが3勝目 ポガチャルが大会連覇を達成”. cyclowired (2021年7月19日). 2021年7月19日閲覧。
  15. ^ cyclowired (2022年2月27日). “ポガチャルが最終ジュベルハフィート制覇 2年連続UAEツアー王者に輝く” (日本語). cyclowired. 2022年8月31日閲覧。
  16. ^ ポガチャルが圧巻の逃げ切り優勝 ストラーデ・ビアンケ” (日本語). www.afpbb.com. 2022年8月31日閲覧。
  17. ^ ポガチャルがティレーノ~アドリアティコ連覇” (日本語). www.afpbb.com. 2022年8月31日閲覧。
  18. ^ cyclowired (2022年6月20日). “スロベニア最終日にポガチャルがダメ押しの勝利 総合優勝2連覇を達成” (日本語). cyclowired. 2022年8月31日閲覧。
  19. ^ ツール・ド・フランス2022 第6ステージはポガチャルが優勝してマイヨ・ジョーヌ獲得|サイクルスポーツがお届けするスポーツ自転車総合情報サイト|cyclesports.jp” (日本語). www.cyclesports.jp (2022年7月7日). 2022年8月31日閲覧。
  20. ^ cyclowired (2022年7月9日). “ケムナの逃げ切り叶わず 激坂峠ラ・プランシュでポガチャルがステージ2連勝” (日本語). cyclowired. 2022年8月31日閲覧。
  21. ^ cyclowired (2022年7月14日). “ヴィンゲゴー「仲間に感謝」ポガチャル「理由は分からず、しかし諦めない」” (日本語). cyclowired. 2022年8月31日閲覧。
  22. ^ 絶対王者ついに陥落!!2022ツール第11ステージの感想・ハイライト動画・結果 | Bike News Mag” (日本語) (2022年7月13日). 2022年8月31日閲覧。
  23. ^ cyclowired (2022年7月21日). “1級ペイラギュード山頂フィニッシュ ポガチャルがヴィンゲゴーを下すもタイム差挽回ならず” (日本語). cyclowired. 2022年8月31日閲覧。
  24. ^ cyclowired (2022年7月22日). “ピレネー最終決戦でヴィンゲゴー圧勝 総合2位ポガチャルに3分半リードを稼ぎだす” (日本語). cyclowired. 2022年8月31日閲覧。
  25. ^ cyclowired (2022年7月25日). “フィリプセンがシャンゼリゼ初制覇 ヴィンゲゴーが第109代ツール・ド・フランス覇者に輝く” (日本語). cyclowired. 2022年8月31日閲覧。
  26. ^ ポガチャルはブエルタ欠場 サンセバスチャン大会後に休養へ” (日本語). www.afpbb.com. 2022年8月31日閲覧。

外部リンク編集