タナマ川

ロシアの川

タナマ川ロシア語: Танама)は、ロシアシベリア北部のである。この川はエニセイ川の主要な支流の1つである[1]

タナマ川
延長 521 km
流域面積 23,100 km²
水源 ギダン半島
河口・合流先 エニセイ川
テンプレートを表示

タナマ川の延長は521キロメートル (324 mi)で、流域面積は23,100平方キロメートル (8,900 sq mi)である[2]。水位は7月に最も高く、冬に最も低くなる[1]

この川は荒涼とした無人の地域を流れ、その流路に沿って恒久的な居住地はない。

流路編集

タナマ川は、チュメニ州ヤマロ・ネネツ自治管区ギダン半島チュメニ州に源を発している。最初にほぼ北西と北に流れ、北極圏上のツンドラを横切って広いアーチを形成する。上流と中流で、この川は約430 km (270 mi)に亘ってチュメニ州ヤマロ・ネネツ自治管区クラスノヤルスク地方の境界になっている。タナマ川はその下流で方向を変え、ほぼ東に曲がりくねって、西シベリア平野の北東部の湿地の低地を横切って流れる。合流点の手前約40キロメートル (25 mi)で、多くの支流に分かれ、最終的に、エニセイ湾からそれほど遠くなくドゥディンカの北西約200 km (120 mi)にあるポリカルポフスク村の近くで、エニセイ川の左水路(Deryabinsky Yenisey)の西(左)岸に合流する。[1]9月中旬に凍結し、5月下旬または6月上旬まで凍結したままになる。

タナマ川には延長15キロメートル (9.3 mi)を超える30の支流がある。これらのうち、延長100キロメートル (62 mi)を超える主な支流は、左側のNgarka-Lybonkatyakha、Yartoyakha、Nenereyakha、Payotayakha、右側のBigPyakoyakhaとYaraの6つである[3][4]

 
エニセイ川の流域 左上の角にタナマ川の合流点がある

関連項目編集

参考文献編集

  1. ^ a b c Танама, Great Soviet Encyclopedia in 30 vols. / Ch. ed. A.M. Prokhorov - 3rd ed. - M, 1969-1978. (ロシア語)
  2. ^ Russian State Water Register - Tanama River (ロシア語)
  3. ^ Russia. Topographic map 1:200.000. Sheet R-44-XVII, XVIII. 1991
  4. ^ Russia. Topographic map 1:200.000. Sheet R-44-XXVII, XXVIII. 1987

外部リンク編集