メインメニューを開く

タニヨン・ジェームズ・スターツTanyon James Sturtze, 1970年10月12日 - )は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ウースター出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

タニヨン・スターツ
Tanyon Sturtze
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 マサチューセッツ州ウースター
生年月日 (1970-10-12) 1970年10月12日(48歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
250 lb =約113.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1990年 ドラフト23巡目(全体636位)でオークランド・アスレチックスから指名
初出場 1995年5月3日
最終出場 2008年8月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入りとアスレチックス傘下時代編集

1990年MLBドラフトオークランド・アスレチックスから23巡目(全体636位)指名され[1]、プロ入り。

カブス時代編集

1994年ルール・ファイブ・ドラフトシカゴ・カブスへ移籍した。

1995年5月3日ヒューストン・アストロズ戦でメジャーデビューを果たした。

レンジャーズ時代編集

1997年テキサス・レンジャーズとマイナー契約を結び、同年はメジャーで9試合に登板した。

1998年は、メジャーに昇格する事は無く、この年限りで退団した。

ホワイトソックス時代編集

1999年シカゴ・ホワイトソックスとマイナー契約を結び、同年はメジャーで1試合に登板した。

デビルレイズ時代編集

2000年のシーズン途中にトニー・グラファニーノとのトレードタンパベイ・デビルレイズへ移籍した。

2001年は、開幕からリリーフで投げていたが、5月から先発に転向した。9月25日ニューヨーク・ヤンキース戦では、7回を無失点に抑え、この年16連勝中の相手先発ロジャー・クレメンスに投げ勝った。最終的に規定投球回にも到達して自身初の二桁勝利となる11勝を挙げた。チームは100敗を喫していたが、スターツの先発試合は15勝12敗と勝ち越しており、担当記者が選ぶチームMVPを受賞した[2]

2002年には、開幕投手を務めたが、ア・リーグワーストの18敗を喫した。この年限りで退団する。

ブルージェイズ時代編集

2003年は、トロント・ブルージェイズでプレーした。

ドジャース傘下時代編集

2004年4月にロサンゼルス・ドジャースと契約を結んだ。

ヤンキース時代編集

2004年5月15日ブライアン・マイローとのトレードでヤンキースへ移籍した。7月24日の主にアレックス・ロドリゲスジェイソン・バリテック乱闘を起こしたボストン・レッドソックス戦では、スターツは、ゲーブ・キャプラーデビッド・オルティーズトロット・ニクソンにもみくちゃにされ、を負傷し流血した[3]

ブレーブス傘下時代編集

2006年12月3日アトランタ・ブレーブスと1年契約を結んだ。

2007年3月に15日間のDL入りをした。5月に60日間のDLに切り替わった。その後、8月21日に解雇された。

ドジャース時代編集

2007年12月12日にドジャースとマイナー契約を結んだ。

2008年8月14日にメジャーに昇格した。8月28日DFAとなった。その後、マイナーに降格した。

2009年1月にマイナー契約を結び、残留した[4]5月1日に解雇された。

引退後編集

その後、現役引退した。引退後は、ニューヨークにある「ホタリング・グループ」という保険会社のセールスマンを務めセカンドキャリアを築いている。

詳細情報編集

背番号編集

  • 34 (1995年 - 1996年)
  • 47 (1997年、1999年 - 2000年途中)
  • 49 (2000年途中 - 2002年)
  • 31 (2003年)
  • 56 (2004年 - 2006年)
  • 37 (2008年)

脚注編集

  1. ^ Baseball Reference (Minor)”. Baseball Reference (Minors) (1990年6月6日). 2015年1月2日閲覧。
  2. ^ 「タンヨン・スターツ」『メジャーリーグ全記録'02 報知新聞社編』実業之日本社 85頁
  3. ^ Fighting Gives Way to Red Sox' Dramatic Knockout Blow in 9th Inning Yhe New York Times (2004年7月25日) 2015年1月2日閲覧
  4. ^ Dodgers sign reliever Tanyon Sturtze ESPN.com (2009年1月27日) 2015年1月2日

外部リンク編集