タブリーズ地震 (1721年)

座標: 北緯38度00分 東経46度18分 / 北緯38.0度 東経46.3度 / 38.0; 46.3

1721年のタブリーズ地震(1721 tabriz earthquake)は、1721年4月26日に、イランタブリーズ付近で発生したマグニチュード(M)7.7の大地震。甚大な被害をもたらした[1]

タブリーズ地震 (1721年)の位置(イラン内)
タブリーズ地震 (1721年)
震源の位置

被害状況編集

震源の周辺地域を中心に被害は深刻であり、モスクや学校、街の史跡など多数の建物が倒壊、およそ8万人が死亡したという[1]。本地震の発生は、災厄の前触れや、何らかの天罰によるものではないかと懸念されたという。この地域は、1724年にはオスマン帝国が占領し、経済は大打撃を受けている。なおタブリーズは18世紀に、本地震を含めて3回も大地震に襲われており、本地震のわずか6年後の1727年1780年にも、それぞれ大地震が起きて大きな被害を受けた[1]。ただし、この地震は1727年の地震と同一の可能性があるとする説もある。

出典編集

  1. ^ a b c 甚大なる被害をもたらした世界25の地震 (2015年5月6日) - エキサイトニュース(6/8)” (日本語). エキサイトニュース. 2020年11月20日閲覧。