メインメニューを開く

タムルアン洞窟の遭難事故(タムルアンどうくつのそうなんじこ)とは、2018年6月23日タイ王国チエンラーイ県のタムルアン森林公園内のタムルアン洞窟タイ語: ถ้ำหลวงนางนอน[3]英語: Tham Luang Nang Non Cave)において地元のサッカーチーム「ムーパ・アカデミー」のメンバーであるコーチ1人と少年ら12人の計13人が閉じ込められた遭難事故[4]。7月10日までに13人全員が救出された[1]

タムルアン洞窟の遭難事故
Rescue equipment in Tham Luang entrance chamber (cropped).jpg
洞窟入口に集まる救助隊員と機材類

日付 2018年6月23日 (2018-06-23)
座標 北緯20度22分21秒 東経99度51分03秒 / 北緯20.37250度 東経99.85083度 / 20.37250; 99.85083座標: 北緯20度22分21秒 東経99度51分03秒 / 北緯20.37250度 東経99.85083度 / 20.37250; 99.85083
原因 雨季による洞窟内の浸水
結果 洞窟内の大半が水没し、計13人が閉じ込められた。7月2日に全員の無事が確認され、8日から10日までの間に遭難者全員が救出された[1]
死者 救助隊1人死亡[2]

概要編集

タイ現地でのニュース報道
 
別の穴から代替ルートを探す救助隊
 
洞窟内とその地下水からポンプで排水する様子
 
洞窟の入り口

2018年6月23日、地元のサッカーチーム「ムーパ・アカデミー」のメンバーであるコーチ1人と少年ら12人の計13人が洞窟内に進入した[4]。タムルアン洞窟がある山の形が女性が横たわった姿に似ており、この洞窟は「男性に強い恨みを持って亡くなった女性の体内」と言われていて、地元の人達には恐れられている[5]

当時は雨季に入っており、大雨で洞窟内に大量の水が入り込んだ。その結果、洞窟内の水位が上昇して大半が水没したため、脱出できない状況に追い込まれた。

メンバー13人は7月2日に洞窟の奥の突き出た岩の上にいるところをイギリスダイバーにより発見され、全員の無事が確認された[6]。しかし、13人のいる位置は洞窟の入口から約5キロメートルの場所で、入口までの多くの箇所が浸水しており、洞窟潜水を行わない限り洞窟内を通過できない。ポンプで洞窟内の水を排水する方法や地上から掘削するなどの方法が検討され、地元や世界各国の救助チームが救助活動を行った[7]。なお、この救出行動が原因で、7月5日にプーケット島沖で発生した客船沈没事故の遺体収容活動にダイビングの専門家が不足していた[8]

タイ王国海軍のほか、日本イギリスアメリカ合衆国オーストラリアなど外国人を含めて救助活動が組織された[9]。メンバーらがいる遭難現場まで物資を届けに行った元タイ海軍特殊部隊のダイバーが潜水中に死亡するなど、状況は危ぶまれた。死亡原因は、物資を届けに行った帰りで、酸素ボンベの残量がなくなったとされている[2]。このダイバーは軍曹で退役したが功績を讃え少佐に特進白象勲章勲一等が授与された[10]

救助には以下の方法が模索されていた。

  • メンバーらにダイビング装置を装着させて脱出 - 洞窟潜水は大変危険な上に、ダイビング経験がない者が行うとパニックになって命を落とす場合もある。
  • ポンプによる排水で洞窟内の水位を下げて救助 - 1時間に1センチメートル程度で水位が下がっているが、雨季によって水位が上がるため、排水が間に合わない危険性がある。
  • 地上からの掘削 - 現場は標高の高い山とジャングルになっており、掘削するための重機が入れない。また洞窟内の正確な測量データがないと、現場を掘り当てるのはかなり難しいとされている。

フジテレビジョンで2018年8月12日に放送された『Mr.サンデー』によれば、最終的には、イギリス洞窟救助協会に所属するダイバーに依頼がなされ、パニック防止のために鎮静剤を注射した上で、ダイバー1人で1人を救出する方法が立案・実行された。なお、衛星による洞窟付近の高精度な地形図が国際協力機構(JICA)のタイ事務所と宇宙航空研究開発機構(JAXA)の協力で作成され、タイ側に提供されて救出作業のサポートの一助となった[11]

最終的にはダイバーによる救出となったが、遭難者の生存や救出作業を支援するため、大量の水が洞窟内から汲み出された。洞窟周辺の滞留した水による樹木が根腐れなどの被害を受けたため、救出から1年後の2019年7月8日、遭難者やその家族らによる植樹が行われた[9]

遭難者リスト編集

かつて仏教僧侶としての修行を積んだ経験もあるエーカポン・ジャンタウォンとチームに所属する少年3人は国籍を有しておらず、彼らを市民として認めていない[12]。その後、2018年8月8日に4人に対してタイ国籍が付与されたと報じられた[13]

ムーパ・アカデミーのサッカーチームのメンバー[14]
名前 ニックネーム 年齢 サッカーのポジション
ピパット・ボディ ニック 15歳 チームのメンバーではない。エカラート・ウォンソクチャンの友人である。
モンコル・ブンピャム マーク 14歳 新入り
エカフォル・シャンタウォン[15] エイク 25歳 コーチ
ソンポン・ジャウォン ポング 13歳 ミッドフィールダー
ポルチャイ・カムルン ティー 16歳 ディフェンダー
デュアンペッチ・プロムセップ ドゥム 13歳 キャプテン, フォワード
パヌマス・サンディー ミック 13歳 ディフェンダー
アダル・サムオン[16] 14歳 ミッドフィールダー
ピラパット・ソンパンハイ ナイト 16歳 ミッドフィールダー
プラジャック・サザム ノート 14歳 ミッドフィールダーゴールキーパー
ナタット・タカムサイ ティエ 14歳 フォワード
チャニン・ウィブーンルンルアン[17] タイタン 11歳 フォワード
エカラート・ウォンソクチャン ビュー 14歳 ゴールキーパー

その後編集

9月6日、救助に貢献した188人(うち外国人114人)に、勲章が授与された[18]。日本人受章者はJICA関係者3名であった[19]

救助された少年らは、サッカーが縁でイギリスのマンチェスター・ユナイテッドFCに招待され、同年10月にオールド・トラッフォードで行われた試合を観戦、主力選手との面会も果たした[20]。また、救出作業で照明や誘導に使われた蓄光素材が福島県川内村の工場で生産された縁で、2019年4月に福島で中学生を中心としたJヴィレッジSCと交流試合を行った[21]

事故をテーマとした映画制作が計画されている[22]

タルムアン洞窟近くには殉職したダイバーの像が建てられたほか、来訪者が増えて観光地化しており、洞窟の公開も検討されている[9]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 【写真で見る】タイ洞窟 少年らの行方不明から救出まで BBC 2018年7月11日公開 2018年7月15日閲覧
  2. ^ a b タイ洞窟救助、物資運んでいたダイバーが死亡 BBC 2018年7月6日公開
  3. ^ 「眠る美女(の山)の大きな洞窟」の意味である。
  4. ^ a b “タイ洞窟の13人、救出は長期化か”. TBS. (2018年7月7日). オリジナルの2018年7月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180707201542/http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3412646.html 
  5. ^ 『タイ洞窟少年ら救出を阻む壁?潜水救出の危険検証▽日本代表帰国&会見』 2018年7月5日(木)10:25~13:55
  6. ^ タイの洞窟で行方不明の少年ら13人、無事確認 脱出まで数カ月か BBC 2018年7月3日公開
  7. ^ タイ洞窟脱出へ“空気のトンネル”設置案も 少年ら潜水は「まだ無理」 産経ニュース 2018年7月7日公開
  8. ^ “タイ沈没、死者41人に 墓場と化した船内、捜索続く”. AFPBB News. (2018年7月8日). http://www.afpbb.com/articles/-/3181620 2018年7月19日閲覧。 
  9. ^ a b c 「洞窟事故1年/タイ少年 感謝の植樹」「現場周辺 進む観光地化」『読売新聞』朝刊2019年7月9日(国際面)。
  10. ^ 元特殊部隊員、少佐特進 時事通信 2018年7月14日公開 2018年7月15日閲覧
  11. ^ “Mr.サンデー、タイ洞窟少年ら救出劇“完全再現””. 朝日新聞デジタル(提供元は日刊スポーツ. (2018年8月11日). https://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cfettp01808116533.html 2018年8月12日閲覧。 
  12. ^ “タイ洞窟 「英雄」と称賛のコーチと少年3人、実は無国籍の境遇”. AFPBB News. (2018年7月11日). http://www.afpbb.com/articles/-/3182094 2018年7月14日閲覧。 
  13. ^ “洞窟から救出の少年らに国籍付与 タイ政府が発表”. 朝日新聞デジタル. (2018年8月8日). https://www.asahi.com/articles/ASL886WSNL88UHBI01P.html 2018年8月12日閲覧。 
  14. ^ Jacob Goldberg and Veena Thoopkrajae Talented and resilient : the Wild Boars footballers trapped in Thai cave The Guardian 5 juillet 2018
  15. ^ エーカポン・チャンタウォンとも訳される(実は…国籍ないんですNHK 2018年9月16日閲覧)
  16. ^ アドゥン・サムオン(実は…国籍ないんですNHK 2018年9月16日閲覧)、アドゥン・サームオン(タイ洞窟脱出の真実:「無国籍」の少年たちは「再び」生き抜いたCOURRIER、2018年9月16日閲覧)とも訳される
  17. ^ “タイ洞窟「きょう中に全員救出する計画」”. NHK. (2018年7月10日). オリジナルの2018年7月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180713185215/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180710/k10011526441000.html 2018年7月11日閲覧。 
  18. ^ Cave heroes to receive royal medalsThe Nation 2018年9月6日
  19. ^ JICA関係者がタイ国王より勲章を受章:洞窟遭難事故における捜索・救出活動を支援JICA 2018年9月10日
  20. ^ タイ洞窟救出の少年、念願のマンU観戦 選手らとも面会朝日新聞 2018年10月29日
  21. ^ <Jヴィレッジ>タイ・洞窟から生還の少年ら、サッカーで福島応援 地元チームと交流試合河北新報 2019年4月7日
  22. ^ タイ洞窟遭難の救出劇 映画化企画が進行中シネマトゥデイ 2018年7月11日

関連項目編集