メインメニューを開く

タモリ教授のハテナの殿堂?』(タモリきょうじゅのハテナのでんどう、英称:〜The Ultimate Question Solves〜 / ザ・ユリティメイト・クエスチョン・ソルブゥズ)とは、日本テレビ系列にて、2008年11月29日土曜日) 21:00 - 23:18(JST)に放送されたトークバラエティ教養特別番組であり、「日本テレビ開局55周年記念番組」の一環でもある。通称は『ハテナの殿堂?』。タモリ冠番組である。ステレオ放送文字多重放送ハイビジョン制作が実施された。視聴率は16.9%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)をマークした。

タモリ教授のハテナの殿堂?
〜The Ultimate Question Solves〜
ジャンル バラエティ番組 / 教養番組
企画 田辺エージェンシー(企画協力) /
吉川圭三(監修兼務) /
安島隆(編成企画)
演出 福士睦(総合演出)
監修 吉川圭三(企画兼務)
出演者 タモリ
爆笑問題太田光田中裕二
養老孟司
茂木健一郎
糸井重里
河本準一次長課長
虻川美穂子北陽
ベッキー
新垣結衣
上地雄輔
清水ミチコ
羽鳥慎一宮崎宣子
(共に当時:日本テレビアナウンサー ほか
エンディング星に願いを(When You Wish upon a Star)」
プロデューサー 安岡喜郎CP) ほか
放送
放送局 日本テレビ
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2008年11月29日
放送時間 21:00 - 23:18
放送分 138分
回数 1
公式ウェブサイト

特記事項:
ナレーター矢島正明

目次

概要編集

?」(ハテナ)こそ人類進化のエンジンである。』が当番組のコンセプトである。

動物人間差別化して、我々を進化させてきたのは「?」。日本全国、世界中から寄せられた人類視聴者)が「?」(ハテナ)と思う疑問等をスタジオVTR形式にて紹介し、教授であるタモリ教授と准教授爆笑問題太田光田中裕二)を筆頭とする多種多様なゲスト研究員らが討論会議風に見せる新型教養番組である。1億人のがハテナと感じた疑問を解明する。

番組の制作スタッフのほとんどが、同局の毎週土曜日19:56 - 20:54(JST)に放送している教養番組『世界一受けたい授業』と共通しており、編集や音効、テロップの出し方等が同じ手法である。その内容は、かつてタモリ品評会会長を務めていたフジテレビ系列の『トリビアの泉』の企画・コーナーである「トリビアの種」に類似していた。

この会議の内容は1冊の本にまとめられるという設定となっており、その時に教授のタモリが出した本の表紙を見た准教授の1人である爆笑問題太田光は『エチカの鏡』(フジテレビ系列)って書いてあるとタモリが当時持っていたレギュラー番組のタイトル名を口にしている。

タモリが日本テレビ系列の番組に出演するのは、1999年9月18日放送分のテレビドラマ今夜は営業中!』以来、実に9年ぶりの出演となった(ただし、特別番組中のVTR出演として、2008年5月3日に放送された『第80回欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞』の第80回記念のメッセージVTRにおいて出演している)[1]

スタジオの観覧席に世界中からのVIPゲストらのそっくりさんが緊急来日として登場し、ビル・クリントンアインシュタインマリリン・モンロージョニー・デップタイガー・ウッズで、日本からは小泉純一郎元総理大臣、イチローが来ていた。

番組タイトルロゴは『ハテナ』のみ赤字で表示されている。ちなみにタモリのイラスト顔は髪の毛の部分とサングラスの部分に「?」の文字が沢山付いている。

出演者編集

教授(メインMC)編集

准教授(MC)編集

研究員編集

VTRゲスト編集

専門家編集

進行アシスタント編集

いずれも当時、日本テレビアナウンサー

ナレーター編集

ハテナの内容編集

第一章 〜見た目〜編集

第二章 〜エンタテイメント〜編集

第三章 〜動物〜編集

第四章 〜人体〜編集

  • 世界一寒さに強い!?
  • を食べて生きる老婆!?
  • 四足歩行で歩く発見!?
  • DNA分析で人類のルーツが分かる!?

第五章 〜脳〜編集

(VTR出演:黒沢年雄阿藤快三田村邦彦志垣太郎

第六章 〜男と女〜編集

エンディングテーマ曲編集

当番組のエンディングで、研究員のゲストで出演していた、新垣結衣が「今のご気分は?」と問い、教授のタモリが「今夜は最高!」と答えるという嘗て『今夜は最高!』で恒例だった掛け合いが復活された。同時にその光景を間近で見た、爆笑問題やスタッフからは伝説の掛け合いの復活に大きな歓声が上がった。流れていた、BGMも当時と同じ『星に願いを(When You Wish upon a Star)』であり、このエンディング場面を流した放送時間も当時と同じ土曜日23時枠であった。

スタッフ編集

ネット局と放送時間編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ その後もタモリが日本テレビ系列の番組に出演する機会は無く、本番組以降は2018年10月2日の『news zero』のVTRにゲスト出演(キャスター・有働由美子との対談)したのが唯一の例となっている。

関連項目編集

外部リンク編集