タリアテッレ(Tagliatelle, タッリャテッレ、タッギャテッレ)はイタリア北部で用いられるパスタの一種である[1] 。細長いリボン状で厚さ1ミリメートル、幅は8ミリメートルほど。イタリア語 tagliare(切る)の派生語[1]

Dry tagliatelle pasta.jpg
伝統的にタリアテッレと和えて調理されたボロネーゼ(タリアテッレ・アル・ラグー)

ボローニャではミートソースであえるのが定番。

イタリアの中南部においてはこのタイプの麺をフェットゥチーネと呼ぶ。両者は基本的に違いはないが、フェットゥチーネと比してタリアテッレは若干薄く、幅も狭い[1]。タリアテッレより少し細い麺をタリオリーニと言う。

脚注編集

  1. ^ a b c 日仏料理協会編 『フランス 食の事典(普及版)』 株式会社白水社、2007年、472頁。ISBN 978-4-560-09202-6