タリウム少女の毒殺日記

タリウム少女の毒殺日記』(タリウムしょうじょのどくさつにっき)は、2012年制作の日本映画2013年7月6日公開。

タリウム少女の毒殺日記
監督 土屋豊
脚本 土屋豊
製作 太田信吾
岩淵弘樹
出演者 倉持由香
撮影 飯塚諒
編集 土屋豊
製作会社 W-TV OFFICE
配給 アップリンク
公開 日本の旗 2013年7月6日
上映時間 82分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2005年に起きた女子高生によるタリウム母親毒殺未遂事件をモチーフに描いた作品。

第42回ロッテルダム国際映画祭に出品され大きな反響を呼んだのち[1]第25回東京国際映画祭日本映画・ある視点部門に出品され、作品賞を受賞した[2]。東京国際映画祭出品時のタイトルは『GFP BUNNY─タリウム少女のプログラム─』[3]

あらすじ編集

科学に興味を持つ女子高生“タリウム少女”は昆虫やハムスター金魚などの小動物を観察・解剖し、その映像を動画投稿サイトアップしていた。やがて彼女は自分の母親にタリウムを少しずつ投与し、その様子を観察していく。

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集