メインメニューを開く

タロットマスターRは、2000年にメーシーが開発・販売したパチスロ機である。

概要編集

メーシーとしては初めての4thリール機で、アルゼグループとしては最後発の登場で、時代の流れもあって大量獲得Aタイプとして登場した。

本機はタロットカードをモチーフとして、レバーONと同時に4thリールが動くことで小役告知をする(同じ絵柄でも回転方向により対応する小役が異なる)。全停止後の4thリール始動は演出であり、ボーナス未成立の場合は最終的に死神で止まる。ボーナス成立の場合は7に止まる。他にも、予告音とともに4thリールの左右のLEDだけが光る小役告知演出もあり、ガセ以外で小役がハズれればボーナス確定となる。

ビッグボーナス中は4thリールがナビしてくれて、リプレイはずしはBAR・チェリー・赤7を狙うだけで楽にはずせる。平均でも約560枚獲得可能で最高684枚獲得可能である。ちなみに、最終獲得枚数が600枚以上になると、Jac中のBGMが同社の名機『サンダーV』のアレンジVer`に変わる。ビッグボーナス終了時には緑の8セグデジタル部に獲得枚数が表示される。

ボーナス獲得枚数が最高枚数、もしくはJacゲームの3回目を最終ゲーム(30G)でJac inした場合はその後に引いたビッグ毎にJac in(3回目)時に毎回「Oh! millennium 」と音声が発生するようになる。なお、この現象は電源を切るか設定変更するとキャンセルされる。

外部リンク編集