メインメニューを開く

概要編集

 
タロンガ動物園で飼育されているユキヒョウ

1916年に開業したオーストラリアを代表する動物園の一つ。2008年にグレート・サザン・オーシャンズ・エリアを拡張し、より大型化した。コアラカンガルーなどオーストラリアの動物を中心に、世界中の動物を公開している。園名のタロンガとは、アボリジニ語でウォータービュー(美しい水の眺め)の意味[1]。日本とのつながりとして1984年に飼育していたコアラを多摩動物公園東山動植物園に贈ったことで有名。また東山動植物園で「イケメンゴリラ」として人気を博すニシローランドゴリラシャバーニ」が幼少期を過ごしていた場所でもある[2]

アクセス編集

事件・事故編集

  • 2010年、アシカショーの最中に少年が、アシカに襲われて負傷
  • 2012年、アジアゾウの飼育員が、ゾウと柱の間に挟まれて負傷[3]

出典編集

  1. ^ タロンガ動物園(Taronga Zoo) オーストラリア・シドニーガイド
  2. ^ 日本女性を虜にしたイケメンマッチョなゴリラ、シャバーニ氏が世界女性を魅了中 - カラパイア、2015年6月27日
  3. ^ “ゾウと柱の間に挟まれ飼育員が大けが、豪シドニーの動物園”. AFPBB News (フランス通信社). (2012年10月19日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/accidents/2908106/9704794 2012年10月21日閲覧。