タロ島 (タロとう、Taro Island) はソロモン諸島にある、南北1キロ未満のサンゴ環礁の島でありその標高は2メートルに満たない[1]。人口は2009年時点で507人。チョイスル州の州都でありチョイスル島北西のチョイスル湾に位置する。

タロ島

Taro Island
Choiseul and neighbouring islands (Taro not shown)
Choiseul and neighbouring islands (Taro not shown)
タロ島の位置(ソロモン諸島内)
タロ島
タロ島
Location in the Solomon Islands
南緯06度42分41秒 東経156度23分47秒 / 南緯6.71139度 東経156.39639度 / -6.71139; 156.39639
ソロモン諸島の旗 ソロモン諸島
チョイスル州
面積
 • 合計 0.44 km2
標高
25 m
人口
(2009)
 • 合計 507人
 • 密度 1,200人/km2

タロ島にあるチョイスルベイ空港はソロモン航空が運営しており、ギゾなどへの便が出ている[2]

2012年9月に、警察署の建設計画が始まった。この計画はチョイスル州警察に監督される予定で、島の警察機能が強化される見込みである[3]

2014年8月には、島民全員(この時点では約千人)の移住計画が報じられた。地球温暖化による海面上昇に伴って洪水や高潮の懸念が高まり、地元当局がオーストラリア政府の支援のもと対策を検討した結果、長期的には対岸のチョイスル島に新しい州都を作って移住するしか集落を存続させる道はないという結論に達した。近年タロ島と同様の水没危機に瀕した島々は多いが、実際に全島民の移住を決めたのは太平洋ではタロ島が初めてとみられる[1]

脚注編集

  1. ^ a b 南太平洋・タロ島、住民まるごと移住へ 水没危機を回避”. 朝日新聞 (2014年8月19日). 2014年8月20日閲覧。
  2. ^ Domestic Route Map”. Solomon Airlines. 2007年1月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年3月17日閲覧。
  3. ^ Taro Police Housing Project Archived 2013年2月2日, at Archive.is, By Jennifer Kakai, 24 August 2012, Solomon Star News

座標: 南緯06度42分41秒 東経156度23分47秒 / 南緯6.71139度 東経156.39639度 / -6.71139; 156.39639