メインメニューを開く

タワーオブロンドン: Tower of London[1])は、日本競走馬。主な勝ち鞍は2017年京王杯2歳S(GII)、2018年アーリントンC(GIII)、2019年京王杯スプリングC(GII)、セントウルS(GII)。馬名の由来は「ロンドン塔[2]

タワーオブロンドン
Tower of London Keio Hai Nisai Stakes 2017 (IMG1).jpg
2017年京王杯2歳S
欧字表記 Tower of London[1]
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2015年2月9日(4歳)
Raven's Pass
スノーパイン
母の父 Dalakhani
生国 日本の旗 日本北海道日高町
生産 ダーレー・ジャパン・ファーム
馬主 ゴドルフィン
調教師 藤沢和雄美浦
競走成績
生涯成績 12戦5勝
獲得賞金 2億8402万6000円
(2019年9月8日現在)
 
勝ち鞍
GII 京王杯2歳S 2017年
GII 京王杯スプリングC 2019年
GII セントウルS 2019年
GIII アーリントンC 2018年
テンプレートを表示

戦績編集

デビュー前編集

2015年2月9日、北海道日高町ダーレー・ジャパン・ファーム持込馬として誕生[注 1]。母の初仔ということもあり当歳時はやや小柄であったが、離乳後から一気に成長を遂げる[3]。1歳秋からの中間育成においては、ダーレー・ジャパン・ファームの同世代の馬の中では断トツの馬格と幅と筋肉量の持ち主になっていた[4]

2歳(2017年)編集

7月29日、札幌競馬場での新馬戦で鞍上クリストフ・ルメールでデビュー。追い切りが仕上がり途上だったため2番人気に留まったが、2馬身半差で逃げ切って新馬勝ち[5]。2戦目のクローバー賞(OP)では一旦先頭に立つもダブルシャープに差し返されて2着となる[6]。距離を100m短縮したききょうS(OP)ではノーステッキで後続を突き放して圧勝。鞍上のルメールは「次のロードカナロアです」と絶賛した[7]

続く京王杯2歳S(GII)では中団待機から上がり3F33秒2の豪脚で突き抜け、2着カシアスに2馬身差をつけて重賞初制覇を果たした[3]朝日杯フューチュリティステークス(GI)ではダノンプレミアムに次ぐ2番人気に支持される。直線でインコースを突いて追い上げるも、ダノンプレミアムには突き放され、ステルヴィオにも交わされての3着に終わった。レース後、ルメールは「もう少し短い距離の方がよさそうです」とコメントした[8]

3歳(2018年)編集

4月14日のアーリントンC(GIII)から始動。勝ち鞍のないマイル戦ながら1番人気に推されると、中団後方から直線鋭く伸びて重賞2勝目を挙げた。勝ち時計1分33秒4はレースレコードだった[4]

NHKマイルカップ(GI)でも本命視されたが、スタートで躓き、直線も前にスペースがなくほとんど追うことができないまま12着に終わった。これにより、計画されていたイギリスロイヤルアスコット開催への参戦も白紙となった[9]。その後は安田記念(GI)出走を目指して調整されたが、レース4日前に体調を考慮しての回避が発表された[10]

秋はキャピタルステークスから復帰、鞍上も短期免許で来日していたゴドルフィンの主戦ウィリアム・ビュイック騎手を配し、後方から追い込み2着となった。

4歳 (2019年)編集

東京新聞杯から始動し、鞍上が再びルメール騎手に戻ったここは上がり馬のインディチャンプに次ぐ2番人気に推されたがプラス10キロの馬体増の影響で末脚が不発し5着に敗れた[11]

その後は短期免許で来日していたオーストラリアの若手ダミアン・レーン騎手を鞍上に迎えて京王杯SCに出走。1番人気に推されると道中は折り合いに専念。直線では鋭い伸びを見せて1着入線、コースレコードを叩き出し、重賞3勝目を飾った[12]。鞍上のレーンは来日3週目で早くも重賞2勝目を挙げた。

登録していた安田記念は回避し、函館スプリントSへ再びレーン騎手鞍上で出走。JRA禁止薬物騒動の影響で登録13頭の内6頭が競走除外となる中、1番人気に推される。レースでは上がり3F33秒5のメンバー最速の末脚を発揮するも、逃げたカイザーメランジェを捉えきれず、またアスターペガサスにもクビ差届かず3着に敗れた[13]

鞍上がルメールに戻ったキーンランドカップでは、ダノンスマッシュに次ぐ2番人気に推される。レースでは1着入線とはならなかったものの、その後続いて同時入線したリナーテとの写真判定の末、ハナ差の2着になった[14]

中1週のローテーションで臨んだセントウルS(GII)では、本年の高松宮記念を勝ったミスターメロディを抑えて1番人気に推される。レースでは道中中団を進むと、直線残り約400mで鋭い末脚を発揮、後続を一気に突き放すレコード勝ちで圧勝。重賞4勝目を飾った[15]

競走成績編集

以下の内容は、netkeiba.comの情報[16]に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上がり3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬) 馬体重
[kg]
2017.07.29 札幌 2歳新馬 芝1500m(良) 9 8 8 004.00(2人) 01着 R1:30.4(35.3) -0.4 RC.ルメール 54 (キルロード) 516
0000.08.20 札幌 クローバー賞 OP 芝1500m(良) 11 8 10 001.70(1人) 02着 R1:30.9(35.6) -0.1 RC.ルメール 54 ダブルシャープ 522
0000.09.23 阪神 ききょうS OP 芝1400m(良) 11 8 11 001.80(1人) 01着 R1:21.7(35.2) -0.6 RC.ルメール 54 (バーニングペスカ) 512
0000.11.04 東京 京王杯2歳S GII 芝1400m(良) 11 1 1 001.80(1人) 01着 R1:21.9(33.2) -0.3 RC.ルメール 55 カシアス 516
0000.12.17 阪神 朝日杯FS GI 芝1600m(良) 16 2 3 003.90(2人) 03着 R1:33.9(34.0) -0.6 RC.ルメール 55 ダノンプレミアム 518
2018.04.14 阪神 アーリントンC GIII 芝1600m(良) 13 5 6 003.10(1人) 01着 R1:33.4(34.2) -0.1 RC.ルメール 56 パクスアメリカーナ 510
0000.05.06 東京 NHKマイルC GI 芝1600m(良) 18 4 7 002.60(1人) 12着 R1:33.8(35.1) -1.0 RC.ルメール 57 ケイアイノーテック 510
0000.11.24 東京 キャピタルS OP 芝1600m(良) 14 6 9 003.90(2人) 02着 R1:32.6(32.4) -0.0 RW.ビュイック 56 グァンチャーレ 516
2019.02.03 東京 東京新聞杯 GIII 芝1600m(良) 15 3 5 003.60(2人) 05着 R1:32.3(34.2) -0.4 RC.ルメール 57 インディチャンプ 526
0000.05.11 東京 京王杯SC GII 芝1400m(良) 15 5 9 003.60(1人) 01着 R1:19.4(33.1) -0.1 RD.レーン 56 (リナーテ) 518
0000.06.16 函館 函館スプリントS GIII 芝1200m(稍) 7 8 13 001.80(1人) 03着 R1:08.6(33.5) -0.2 RD.レーン 58 カイザーメランジェ 518
0000.08.25 札幌 キーンランドC GIII 芝1200m(稍) 16 4 7 004.70(2人) 02着 R1:09.3(34.9) -0.1 RC.ルメール 58 ダノンスマッシュ 520
0000.09.08 阪神 セントウルS GII 芝1200m(良) 13 5 7 002.70(1人) 01着 R1:06.7(33.2) -0.5 RC.ルメール 57 ファンタジスト 516
  • タイム欄のRはレコード勝ちを示す
  • 競走成績は2019年9月8日現在

血統表編集

タワーオブロンドン血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ミスタープロスペクター系
[§ 2]

Raven's Pass
2005 栗毛
父の父
Elusive Quality
1993 鹿毛
Gone West Mr. Prospector
Secrettame
Touch of Greatness Heros Honor
Ivory Wand
父の母
Ascutney
1994 黒鹿毛
Lord at War General
Luna de Miel
Right Word Verbatim
Oratorio

*スノーパイン
Snow Pine
2010 芦毛
Dalakhani
2000 芦毛
Darshaan Shirley Heights
Delsy
Daltawa Miswaki
Damana
母の母
*シンコウエルメス
1993 鹿毛
Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Doff the Derby Master Derby
Margarethen
母系(F-No.) 2号族(FN:2-f) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer5×4=9.38%、Mr. Prospector4×5=9.38% [§ 4]
出典
  1. ^ タワーオブロンドン 5代血統表2018年4月30日閲覧
  2. ^ タワーオブロンドン 5代血統表2018年4月30日閲覧
  3. ^ タワーオブロンドン 5代血統表2018年4月30日閲覧
  4. ^ タワーオブロンドン 5代血統表2018年4月30日閲覧

脚注編集

注釈編集

  1. ^ アイルランドで繋養されていた母スノーパインがレイヴンズパスの仔を受胎した状態で日本に輸入され、生まれたのがタワーオブロンドンである。母は翌年にアイルランドへ帰国している[3]

出典編集

  1. ^ a b タワーオブロンドン|JBISサーチ(JBIS-Search)
  2. ^ JRAホームページ 2018年4月30日閲覧
  3. ^ a b c d e 京王杯2歳S G2 | 重賞ウイナーレポート. 競走馬のふるさと案内所. 2018年4月30日閲覧
  4. ^ a b アーリントンC G3 | 重賞ウイナーレポート. 競走馬のふるさと案内所. 2018年4月30日閲覧
  5. ^ 【札幌2歳新馬】タワーオブロンドンが逃げ切りV ルメール騎手「すごくびっくりした」. スポーツ報知(2017年7月29日付). 2018年4月30日閲覧
  6. ^ 【次回注目馬】2着惜敗のタワーオブロンドンは短距離の差し馬 東京7ハロンで見たい. スポーツ報知(2017年8月21日付). 2018年4月30日閲覧
  7. ^ 【ききょうS】タワーオブロンドン圧勝 ルメール絶賛「次のロードカナロア」. デイリースポーツ(2017年9月24日付). 2018年4月30日閲覧
  8. ^ 【朝日杯FS】タワーオブロンドンは3着 ルメール騎手「少し短い距離の方がよさそうです」. スポーツ報知(2017年12月17日付). 2018年4月30日閲覧
  9. ^ 【NHKマイルC・後記】タワーオブロンドン まさかの12着で英遠征白紙. 東京スポーツ(2018年5月7日付). 2018年5月7日閲覧
  10. ^ 【安田記念】藤沢和の3頭回避、出走はサトノアレス1頭. サンケイスポーツ(2018年5月30日付). 2018年6月3日閲覧
  11. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “【東京新聞杯】タワーオブロンドン馬体増響き5着 ルメール「最後に速い脚使えなかった」” (日本語). サンスポZBAT!競馬. 2019年2月19日閲覧。
  12. ^ 【京王杯SC】タワーオブロンドンがレコードでV! 重賞3勝目/JRAレース結果 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年8月8日閲覧。
  13. ^ 【函館スプリントS】1番人気タワーオブロンドン直線よく伸びたが3着 レーン「前走ほどの反応なかった」 - スポニチ Sponichi Annex ギャンブル” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2019年8月9日閲覧。
  14. ^ 【キーンランドC】接戦の2着争い制したのはタワーオブロンドン ルメール「スプリントホースだ」” (日本語). スポーツ報知 (2019年8月25日). 2019年8月28日閲覧。
  15. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “【産経賞セントウルS】1番人気タワーオブロンドンがレコード快勝で新境地開く!” (日本語). サンスポZBAT!競馬. 2019年9月8日閲覧。
  16. ^ タワーオブロンドン”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2018年4月30日閲覧。

外部リンク編集