タンシュブレーの戦い

タンシュブレーの戦い(タンシュブレーのたたかい、フランス語: Bataille de Tinchebray英語: Battle of Tinchebray)は1106年9月28日ノルマンディー公国タンシュブレー英語版(現フランスオルヌ県内)にて、イングランド王ヘンリー1世率いる侵攻軍と兄のロベール短袴公の間でたたかわれた戦闘[1]。ヘンリー1世の騎士が決定的に勝利し、ロベールを捕虜にして、イングランドのディヴァイザズ城英語版、続いてウェールズカーディフ城英語版に死去まで幽閉した[2]

タンシュブレーの戦い
Tinchebray.jpg
タンシュブレーの戦い、15世紀の作品。
戦争ヘンリー1世ノルマンディー公国侵攻
年月日1106年9月28日
場所ノルマンディー公国タンシュブレー英語版
結果:ヘンリー1世の勝利
交戦勢力
ロベール短袴公(捕虜) イングランド王ヘンリー1世
指導者・指揮官
モルタン伯ギヨーム英語版(捕虜)
第3代シュルーズベリー伯爵ロベール・ド・ベレーム英語版
ラヌルフ・ド・バイユー
ムーラン伯ロベール・ド・ボーモン英語版
ギヨーム・ド・ワーレン英語版
メーヌ伯エリー1世
ブルターニュ公アラン4世
エヴルー伯ギヨーム英語版
ラウル3世・ド・トニ英語版
ロベール・ド・モンフォール
ロベール3世・ド・グランメニル

背景編集

ヘンリー1世は1105年にノルマンディーに侵攻、バイユーカーンを占領したが、叙任権闘争による政治問題で侵攻を一時中断した[3]。闘争が決着すると、ヘンリー1世は1106年春にノルマンディーに戻った[3]。要塞化されたサン=ピエール=シュル=ディヴ英語版修道院(ファレーズ近く)を素早く落とすと、南に転じてタンシュブレー英語版町の山上にあるタンシュブレー城を包囲した[1]。タンシュブレーはノルマンディー南西部のモルタン英語版伯領の辺境にあり、ロベール側についた少数のノルマン貴族の1人モルタン伯ギヨーム英語版が守っていた[4]。ロベールは軍を集結させて包囲網を破ろうとし、先に行われた交渉が失敗に終わると、会戦に挑むことが最善であると決めた[4]

軍勢編集

ヘンリー1世は3グループに分かれた[5]。2つの本軍はラヌルフ・ド・バイユー、ムーラン伯ロベール・ド・ボーモン英語版ギヨーム・ド・ワーレン英語版が率いた[5]。一方、メーヌ伯エリー1世率いる予備軍はほかから見えない側面で待機した[5]ブルターニュ公アラン4世エヴルー伯ギヨーム英語版ラウル3世・ド・トニ英語版、ロベール・ド・モンフォール、ロベール3世・ド・グランメニルもヘンリー1世側で参戦したが、モルタン伯ギヨーム英語版第3代シュルーズベリー伯爵ロベール・ド・ベレーム英語版はロベール短袴公側で参戦した[6]

戦闘編集

戦闘はわずか1時間で決着した[7]。ヘンリー1世は下馬して、自軍の騎士の大半にも下馬を命じた。これは当時のノルマン人の戦術としては特異なことであり、歩兵が決定的な役割を果たしたことを意味した[8]。エヴルー伯ギヨームがバイユー、アヴランシュコタンタンからの兵士を率いて突撃した[9]。ヘンリー1世の予備軍も決定的な役割を果たし、ロベールの軍勢の大半が捕虜にされたか、殺害された。捕虜にはロベール短袴公、モルタン伯ギヨーム、エドガー・アシリングも含まれた[10]。ロベール短袴公の後衛を率いた第3代シュルーズベリー伯爵ロベール・ド・ベレーム英語版は撤退を指揮して、捕虜からも戦死からも逃れた[11]。捕虜の大半は釈放されたが、大将のロベール短袴公とモルタン伯ギヨームは余生を捕虜のまま過ごした[12]。ロベール短袴公には嫡子のギヨーム・クリトンがおり、ノルマンディー公を請求したためヘンリー1世の治世を通して反乱の起因となった[13]

脚注編集

  1. ^ a b C. Warren Hollister, Henry I, ed. Amanda Clark Frost (New Haven; London, Yale University Press, 2003), p. 199.
  2. ^ David Crouch, The Normans; The History of a Dynasty (London. New York: Hambledon Continuum, 2007), pp. 178-179.
  3. ^ a b David Crouch, The Normans; The History of a Dynasty (London. New York: Hambledon Continuum, 2007), pp. 176-177.
  4. ^ a b Charles Wendell David, Robert Curthose (Cambridge: Harvard University Press, 1920), p. 172.
  5. ^ a b c H. W. C. Davis, 'A Contemporary Account of the Battle of Tinchebrai', The English Historical Review, Vol. 24, No. 96 (Oct., 1909), p. 731.
  6. ^ Charles Wendell David, Robert Curthose (Cambridge: Harvard University Press, 1920), p. 174.
  7. ^ H. W. C. Davis, 'A Contemporary Account of the Battle of Tinchebrai', The English Historical Review, Vol. 24, No. 96 (Oct., 1909), p. 729.
  8. ^ H. W. C. Davis, 'A Contemporary Account of the Battle of Tinchebrai', The English Historical Review, Vol. 24, No. 96 (Oct., 1909), pp. 731-732.
  9. ^ Matthew Strickland, Anglo-Norman Warfare: Studies in Late Anglo-Saxon and Anglo-Norman Military Organization and Warfare (Woodbridge: Boydell Press, 1993), p. 187.
  10. ^ Charles Wendell David, Robert Curthose (Cambridge: Harvard University Press, 1920), p. 175.
  11. ^ Kathleen Thompson, 'Orderic Vitalis and Robert of Bellême', Journal of Medieval History, Vol. 20 (1994), p. 137.
  12. ^ Charles Wendell David, Robert Curthose (Cambridge: Harvard University Press, 1920), p. 179.
  13. ^ François Neveux, The Normans; The Conquests the Changed the Face of Europe, trans. Howard Curtis (London: Constable & Robinson Ltd., 2008), p. 177.

関連作品編集

タンシュブレーの戦いはローズマリー・サトクリフによる1960年の歴史小説『運命の騎士』で記述されている。

座標: 北緯48度45分54.9秒 西経0度43分40.2秒 / 北緯48.765250度 西経0.727833度 / 48.765250; -0.727833