タンジェ条約(タンジェじょうやく、英語: Treaty of Tangiers)は、1844年10月に締結された条約[1]。条約により、モロッコアルジェリアフランス植民地帝国領として正式に承認した。条約は1844年8月6日から14日のフランス・モロッコ戦争英語版でモロッコが敗北した結果として締結された。

脚注編集

  1. ^ "'Abd ar-Rasham". Encyclopædia Britannica. I: A-Ak - Bayes (15th ed.). Chicago, Illinois: Encyclopædia Britannica, Inc. 2010. p. 17. ISBN 978-1-59339-837-8

外部リンク編集