メインメニューを開く

タンタンのコンゴ探険フランス語:Tintin au Congo)は、ベルギーイラストレーターであるエルジェによって描かれたコミック、タンタンの冒険シリーズの2番目の作品である。1930年から1931年の間に20世紀子ども新聞に連載された。1931年に白黒版が刊行され、1946年にはそれをカラー化したバージョンが刊行された。 当時ベルギー領だったコンゴ民主共和国を舞台としている。

タンタンのコンゴ探険
(Tintin au Congo)
発売日 1931
シリーズ タンタンの冒険 (Les aventures de Tintin)
出版社 カステルマン
制作陣
ライター エルジェ
アーティスト エルジェ
オリジナル
掲載 20世紀子ども新聞
掲載期間 1930年6月5日 – 1931年6月11日
言語 フランス語
翻訳版
出版社 福音館書店
発売日 2007
翻訳者 川口恵子
年表
前作 タンタン ソビエトへ (1930年)
次作 タンタン アメリカへ (1932年)

目次

概要編集

「タンタン ソビエトへ」の次に描かれた作品。当時のアフリカの人々に対するヨーロッパ人の偏見と猛獣の狩猟などがスポーツとして楽しまれていたことが描写されている。前作は周囲の偏見のみを参考にしたという反省点からエルジェは本作よりストーリーを作る際、舞台とする国には綿密な調査をするようになった。

1946年にカラー版が出版されたが、植民地であることを強調する台詞や表現は削除され、別の表現に差し替えられている。(例としてタンタンが神父の代わりに授業を行うシーンがあるが、元々の作品では「君たちの国、ベルギーを紹介しよう」という内容であったが、カラー版では算数を教える描写になっている[1])

あらすじ編集

タンタンはコンゴに向かうため、ブリュッセルを離れてフェリーに乗った。船内でスノーウィはオウムと喧嘩して尻尾を噛まれたり、治療してもらったものの、ドアに挟まれたりと災難な始末。翌日、スノーウィは再びそのオウムを見つけ、報復しようとした途端、通気口の中に入ってしまい、船内の荷物室に落ちてしまう。そこで、一人の男が怪しげな行動をしていることを目撃する。男に船から窓に放り出されてスノーウィは海に落ちるところを見たタンタンは救助を求め、なんとかスノーウィを救出。ドタバタな騒ぎがありながらもタンタンとスノーウィはコンゴにたどり着く。

登場人物編集

タンタン
ルポ記者。コンゴでの生活や猛獣狩りを満喫する一方、ダイヤモンドの製造を乗っ取ろうとするギャングと対決していく。
スノーウィ
タンタンの相棒のフォックステリア犬。本作の序盤でトムの行動を目撃し、これがタンタンとトムが対決する起点となる。
トム
アル・カポネの手下の一人で本作の黒幕と言っていいほどタンタンを幾度も陥れる。冒頭ではダイヤモンドの密輸を行っており、その様子をスノーウィに目撃される。その後、コンゴに着いたあと、タンタンを殺すために様々な手段を利用する。タンタンを溺死させようとしたとき、スノーウィや宣教師の活躍によって助かったタンタンと取っ組み合いになった末、川に落ちてワニに食べられた。
ババロオムの大王
ババロオムの大王。タンタンをライオン狩りに招待する。
ココ
タンタンの給仕。
ムガンガ
ババロオムの呪術師。タンタンがコンゴに来てからはタンタンが様々な活躍をするために自身の仕事が激減し、不満になっていた。トムと結託してババロオムの木彫りの像に斧を差し込んで隠してタンタンに罪をなすりつけたり、ヒョウのふりをしてタンタンに襲い掛かろうとするなどしてタンタンを陥れた。ヒョウに変装した際、蛇に襲われそうになり、逆に自分がタンタンに助けられる。
ジミー・マクダフ
ブローカー。
宣教師
コンゴの教会の白人宣教師。トムによって木に吊り下げられてワニに襲われそうになったタンタンを助けた。その後もトムによって窮地に落とされたタンタンを助けている。
ギボンズ
アル・カポネの手下の一人。なお、「青い蓮」にも同名の人物が登場するが、別人である。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ マイケル・ファー著「タンタンの冒険 その夢と現実」より