メインメニューを開く

ターサック・チャイマン[1]タイ語: เทิดศักดิ์ ใจมั่น1973年9月29日 - )は、タイ王国の元サッカー選手、サッカー指導者。元タイ王国代表。ポジションはMF

ターサック・チャイマン Football pictogram.svg
Therdsak.jpg
名前
愛称 ターおじさん(น้าเทิด)
ラテン文字 Therdsak Chaiman
タイ語 สุรชัย จตุรภัทรพงษ์
基本情報
国籍 タイ王国の旗 タイ
生年月日 (1973-09-29) 1973年9月29日(45歳)
出身地 スパンブリー
身長 164cm
選手情報
在籍チーム タイ王国の旗 スパンブリーFC
ポジション MF
背番号 8
利き足 両足
ユース
1991-1993 タイ王国の旗 スパンブリー
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-1998 タイ王国の旗 ライネイビー・ラヨーン 97 (33)
1998-1999 タイ王国の旗 オーソットサパー 34 (12)
2000-2003 タイ王国の旗 BECテロ・サーサナ 65 (17)
2002 シンガポールの旗 SAFFC 35 (26)
2004 ベトナムの旗 ヴィサイ・ニンビン 28 (8)
2005-2009 シンガポールの旗 SAFFC 112 (47)
2010-2017 タイ王国の旗 チョンブリー 108 (40)
代表歴
1994-2010  タイ 75 (22)
監督歴
2015-2017 タイ王国の旗 チョンブリー(選手兼任監督)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

2002 タイガーカップで最優秀選手に輝いた、東南アジア有数のサッカー選手である。武器は高精度のフリーキックである。

名前についてはテルドサク・チャイマンと記される事もある[2]

クラブ歴編集

スパンブリーFCの下部組織出身で1994年にライネイビー・ラヨーンで選手となった。その後1998年にオーソットサパー・サラブリーFCに移籍した。

2000年にBECテロ・サーサナFCに移籍し、2002年にシンガポール・アームド・フォーシズFCにレンタル移籍すると同年のSリーグ年間最優秀選手を受賞した。2003年はBECテロ・サーサナFCに復帰し、AFCチャンピオンズリーグ2002-2003に出場、グループステージでは鹿島アントラーズ等を破り決勝ラウンドに進出、決勝でアル・アインFCに惜しくも敗北したものの、決勝第2試合では自ら得点を決め1-0の勝利を齎し、同大会の最優秀選手に輝いた。

2004年にはベトナムのヴィサイ・ニンビンFCに移籍したものの、胃の筋肉の怪我に苦しみ活躍は出来なかった。翌2005年はシンガポールのホーム・ユナイテッドからの関心が寄せられていたものの、ライバルでありかつて所属したシンガポール・アームド・フォーシズFCに移籍した。その後2010年に下部組織以来のチョンブリーFC復帰を果たした。2015年12月にはジャデー・ミラープ監督の辞任に伴って選手兼任監督に就任した[3]

その後AFCチャンピオンズリーグ2016のプレーオフでFC東京と対戦している[1]

代表歴編集

1994年に代表初出場。2002 タイガーカップでは優勝メンバーの一人となり、彼は最優秀選手を受賞した。その後招集されない時期もあったが2007年6月にはAFCアジアカップ2007のメンバーとして再び招集がかかった。

個人成績編集

代表での得点一覧

# 日附 場所 対戦相手 得点 結果 大会
1. 1998年8月31日   ホーチミン市トンニャット・スタジアム   インドネシア 2-2 3-2 1998 タイガーカップ
2. 2000年6月18日   バンコク   ウズベキスタン 1-0 2-0 親善試合
3. 2-0
4. 2000年9月1日   北京市   中国 3-1 親善試合
5. 2000年9月3日   北京市   ウズベキスタン 4-2(W) 親善試合
6. 2000年10月6日   ドーハ   カタール 1-1 親善試合
7. 2001年1月30日   バンコク   キルギス 3-1 親善試合
8. 2001年6月13日   ベイルートベイルート市立競技場   スリランカ 3-2 4-2 2002 FIFAワールドカップ・アジア予選
9. 2001年6月15日   ベイルート・ベイルート市立競技場   パキスタン 3-0 3-0
10. 2002年12月8日   バンコク   ベトナム 2-1 親善試合
11.
12. 2002年12月20日   シンガポールシンガポール・ナショナルスタジアム   マレーシア 0-1 3-1 2002 タイガーカップ
13. 2002年12月29日   ジャカルタゲロラ・ブン・カルノ・スタジアム   インドネシア 0-2 2-2,2-4(PK)
14. 2003年2月18日   バンコク・スパチャラサイ国立競技場   カタール 1-0 1-1 キングスカップ2003
15. 2003年11月19日   バンコク   タジキスタン 1-0 1-0 AFCアジアカップ2004予選
16. 2004年8月19日   バンコク   マレーシア 1-2 親善試合
17. 2004年10月8日   バンコク   ヨルダン 2-3 親善試合
18. 2004年10月13日   バンコク・ラジャマンガラ・スタジアム   アラブ首長国連邦 3-0 3-0 2006 FIFAワールドカップ・アジア予選
19. 2004年12月10日   クアラルンプールブキット・ジャリル国立競技場   ミャンマー 1-0 1-1 2004 タイガーカップ
20. 2004年12月12日   クアラルンプール・ブキット・ジャリル国立競技場   東ティモール 4-0 8-0
21. 2009年11月14日   シンガポール・シンガポール・ナショナルスタジアム   シンガポール 0-2 1-3 AFCアジアカップ2011予選
22. 2010年1月20日   ナコーンラーチャシーマー80周年スタジアム   ポーランド 1-3 1-3 キングスカップ2010

タイトル編集

クラブ編集

BECテロ・サーサナFC
シンガポール・アームド・フォーシズFC
チョンブリーFC
  • タイFAカップ: 2010
  • コー・ロイヤルカップ: 2011,2012

代表編集

タイ王国代表

個人編集

参考文献編集

  1. ^ a b FC東京vsチョンブリ スタメン発表”. ゲキサカ (2016年2月9日). 27 April 206閲覧。
  2. ^ FC東京、ACLプレーオフで対戦 チョンブリの状況を現地記者に聞く”. ゲキサカ (2016年2月9日). 2016年4月27日閲覧。
  3. ^ Insawang, Arwatchanon (2015年12月22日). “Chonburi appoints Therdsak Chaiman as head coach”. Football Channel Asia. 2015年12月22日閲覧。

外部リンク編集