メインメニューを開く

ターフィー

ターフィー (Turfy) とは日本中央競馬会 (JRA) のイメージキャラクターである。本項では、初代と2代目のターフィー☆50について解説する。

ターフィー
Turfy
対象
日本
分類 日本のマスコットキャラクター
モチーフ ウマ
デザイン C・ロバート・ムーア / 井上ヒサト
指定日 1989年(初代) / 2013年(二代目)
指定者 日本中央競馬会
性別
備考 2013年サンリオキャラクター大賞第6位入賞
公式サイト ターフィーランド
テンプレートを表示

目次

初代編集

1989年から2003年まで採用。アメリカ合衆国・元ディズニーのデザイナー、C・ロバート・ムーア(ボブ・ムーア)による製作(ほかの作品にホーマーホークイーグルサムなど)。愛称は一般公募され、集まった20,822通、約7,700の名称のなかから[1]、1989年9月に「ターフィー」と決定した[2]

2代目編集

株式会社サンリオとの共同企画により製作。キャラクターデザインはハンギョドンバッドばつ丸などを手がけた井上ヒサトによる製作[3]2004年に日本中央競馬会が発足50周年を迎えるにあたり、従来のターフィーと交代する形でお披露目となった。2003年の最終開催日である12月28日(有馬記念当日)には、中山競馬場中京競馬場阪神競馬場の3場で先代ターフィーとの「引継式」も行われた。

登場当初は、先代と区別するために「ターフィー☆50」(ターフィーゴーマル)の名が使用されていたが、2006年からは「☆」以下を省いた現在のキャラクター名に変更されている。着ぐるみの胸部分に描かれている文字も同様に「TURFY」のみに変更された。

先代のターフィーは騎手を模した服装であったが、2代目は基本的に黄緑色のTシャツ一枚である。イラストやグッズでは騎手の格好をしたり、タキシード姿も描かれている。額にある白斑は「☆」印をかたどったものになっている[4]

関連グッズはおもに各競馬場場外勝馬投票券発売所(ウインズ)内のコーナーで販売されている。ハローキティのキティ・ホワイトと共演したグッズも存在する。

2006年10月に応援馬券の発売が導入された際には、期間限定として馬券の背景にターフィーの柄が印刷されていた[5](通常時は日本中央競馬会のロゴマークだけが印刷されている)。

また、全国10競馬場ごとのイメージに扮した「ご当地ターフィー」がある[6]

かつての声優川上とも子。川上の死去後の後任は2016年現在も未決定である。

サンリオキャラクター大賞にも参戦しており、初参戦の「サンリオキャラクター大賞2013」では6位の好成績を収めている[7]。なお、サンリオキャラクター大賞の特別企画である「これやります宣言」で、「10位以内なら競馬場にターフィーシートを作ってGIレースにみんなを招待をさせる」と宣言していたが[8]、10位以内にランクされたため、その公約は実施されることとなった[7][9]

サンリオキャラクター大賞の2014年以降の順位では2014年は20位以下(Cグループ5位[10]、1stステージ敗退[11])、2015年は21位[12]2016年は25位[13]、2017年は40位である[14]

設定編集

※この設定は2004年当時のもの。

父は「ターフィーパパ」、母は「ターフィーママ」[4]。また、「ポニータ」という名のガールフレンドがいる[4]

電車編集

脚注編集

  1. ^ 優駿』1989年11月号の表紙裏の広告
  2. ^ ビデオギャラリー JRAヒストリー(JRAホームページ)
  3. ^ キャラクターファイル - インスペース キャラクターデザイン. 2018年1月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h ターフィーと仲間” (日本語). ターフィーランド. 日本中央競馬会. 2011年8月9日閲覧。
  5. ^ 『応援馬券』が全国発売開始! 『記念投票券』枚数・期間限定発売!!”. 日本中央競馬会 (2006年10月1日). 2006年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月14日閲覧。
  6. ^ 「ご当地ターフィー」(Facebook JRA公式アカウント)
  7. ^ a b 総得票数176万票超え!ハローキティが2連覇達成!中間5位から1位を奪還「2013年サンリオキャラクター大賞」結果発表”. サンリオ (2013年7月20日). 2018年1月9日閲覧。
  8. ^ 2013年 サンリオキャラクター大賞 中間発表”. サンリオ (2013年6月21日). 2013年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月9日閲覧。
  9. ^ ターフィー日記 - ターフィーランド(2013年7月20日). 2018年1月9日閲覧。
  10. ^ 『いちご新聞 568号』(2015年6月号)7頁。
  11. ^ ターフィー日記 - ターフィーランド(2014年6月19日). 2018年1月9日閲覧。
  12. ^ 『いちご新聞 571号』(2015年9月号)4-5頁。
  13. ^ 『いちご新聞 583号』(2016年9月号)4-5頁。
  14. ^ 『いちご新聞 595号』(2017年9月号)4-5頁。
  15. ^ 日本中央競馬会設立日と同じ
  16. ^ 市電ターフィー号運行中!(JRA競馬場だより、2004年2月4日)

外部リンク編集