メインメニューを開く

ターリク・イブン・ズィヤード

ターリク・イブン=ズィヤードから転送)
ターリク・イブン・ズィヤード

ターリク・イブン・ズィヤードアラビア語: طارق ابن زيادṬāriq ibn Ziyād 生年不詳 - 720年)は、イベリア半島を征服したウマイヤ朝の軍人。

目次

生涯編集

 
ターリク・イブン・ズィヤード

ターリク・イブン・ズィヤードの前半生はほとんど不明だが、北アフリカベルベル人とされる[1]

ターリクはウマイヤ朝のカリフであるワリード1世に仕え、モロッコに駐屯していたが、711年4月29日に北西アフリカのアラブ人太守であるムーサー・イブン・ヌサイルの命令によりムスリム軍の指揮官としてイベリア半島に上陸した[2][3]。この上陸地点はアラビア語では彼の名にちなんで、ジャバル・タリーク(ターリクの山、جبل طارق Jabal Ṭāriq)と呼ばれ、スペイン語ジブラルタルの語源となっている。

上陸後、ターリクは船団を燃やし、不退転の覚悟を示したといわれる。7月19日西ゴート王国の王ロデリックグアダレーテ河畔の戦いで敗死させ、コルドバやトレドなどの都市を占領しイベリア半島を征服した。征服後、知事に任命されたが、間もなくダマスカスに召喚され、そこで余生を終えた[4]

脚注編集

  1. ^ Ibn Khaldoun: History of the Berbers and the Muslim dynasties in northern Africa, ed. Berti, Algiers, 2003, p. 230.
  2. ^ The preaching of Islam: a history of the propagation of the Muslim faith By Sir Thomas Walker Arnold, pg. 259.
  3. ^ W.M.ワット:イスラーム・スペイン史,p.16.
  4. ^ Reilly, Bernard F. (2009). The Medieval Spains. New York: Cambridge University Press. pp. 52. ISBN 9780521397414. 

参考文献編集

  • アミール・アリ『回教史 A Short History of the Saracens』(1942年、善隣社)
  • W.M.ワット『イスラーム・スペイン史』 (1976年、岩波書店)

外部リンク編集