メインメニューを開く

ターレットトラック

回転する円筒型の動力部を持つ運搬車
ターレットトラックの一例
関東機械センター・マイテーカー
ニチユ三菱フォークリフト・エレトラック
ニチユ三菱フォークリフト・エレトラック(ターレットトラクター)
富士重工業・モートラック

ターレットトラック: turret truck)は、円筒形の動力部が360度回転する構造の運搬車の総称である。小回りがきくことから、卸売市場、工場、倉庫、鉄道駅の構内などで荷役用として広く利用されている。

目次

名称編集

「ターレット」は、その動力部の円筒形と建築様式のタレットとの類似による名称である。

日本の法令上はターレット式構内運搬自動車と呼ばれる(道路運送車両法施行規則[1]道路交通法施行規則[2]、流通業務の総合化及び効率化の促進に関する法律施行規則[3] )。

一般には、ターレットターレターレーと略して呼ばれることが多い[4]。市場関係者は「ぱたぱた」もしくは「ばたばた」と呼ぶ場合もある。

「ターレットトラック」はかつては株式会社朝霞製作所の登録商標であったが、普通名称化して他社製のトラックも同様に呼ばれるようになった。なお、朝霞製作所は破産により2012年に消滅し、商標権がどこにも承継されなかったため、商標登録は取り消された。

一方、英語の「タレット・フォークリフト・トラック」[5]は、前方のフォーク(つめ)機構が左右に旋回する機能をもつフォークリフトを指し、ターレットトラックとは別の輸送機械である。

概要編集

ターレットトラックの主要な構造は、動力源となるエンジンまたはモーター操舵装置駆動輪の全てが車台前部に回転可能に保持されたターレットに納められている。ターレットのすぐ後方に運転台があり、運転者はターレット全体を回転させて操舵する。駆動輪となる前輪は360度回転するため最小回転半径は小さく、狭い場所での運用にも適している。前輪を90度横に向けた場合、内側の後輪を軸とした旋回が可能で、そのときに最も回転半径が小さくなる。重量のあるユニットごと回して操舵する必要があるため、他の乗り物に比べると取り回しが重い。

定員は1名で、ターレット後部に立った姿勢で運転操作を行う。一部の車種には簡素な椅子を備えたものもある。操舵用のハンドルはターレットの上縁に沿って、手すり状に直に取り付けられている。その内側のやや小さい同心円のハンドルアクセルスロットルになっており、押し下げる(軸を傾ける)ことで加速する。速度は機種により異なるが、最高でも時速15km程度しか出ない。ブレーキは右足操作のフットブレーキ式で、その他にレバーを引いて操作するパーキングブレーキも備えている。

ガソリンエンジンを搭載した機種の他、生鮮食品を扱う現場などでは低公害天然ガスを燃料とするエンジンを搭載した機種が用いられる例が多く、構内や冷蔵設備を備えた倉庫では排気ガスを出さない電動式の車種に限定して用いられる場合もある。しかし、電動式は充電時間が長く、一回の充電で運用できる時間が短いため、2006年からは燃料電池を搭載した機種の開発が進められている[6]

ホイールベースが長く、後部に荷台を有して荷物を直接積載する機種と、ホイールベースが短く、牽引専用で荷台を有しない機種(ターレットトラクター)が存在する。市場や工場、倉庫などの構内運搬用としては、前者が主流である。

日本編集

ターレットトラックは日本の道路交通法上、ほとんどの機種は小型特殊自動車として登録が可能で、登録すれば公道走行も可能である。かつて、旧国有鉄道や旧郵政省鉄道郵便において、牽引専用で荷台を有しない機種が駅構内での荷物や郵便物を運搬する台車の牽引に用いられていた。運搬台車を吊ってプラットホームの間を移動させるテルハと組み合わせて利用する駅も多数あった。

主なメーカーと呼称編集

脚注編集

  1. ^ 道路運送法施行規則 別表第一 大型特殊自動車の欄、一イ
  2. ^ 道路交通法施行規則 第2条 表(自動車の種類)、大型特殊自動車の欄
  3. ^ 流通業務の総合化及び効率化の促進に関する法律施行規則 第2条 第1項第4号ハ
  4. ^ 豊洲移転まで5か月 水産業者らがターレで習熟訓練 画面内のタイトル(0:03)では「ターレー」と記述。東京都水産物卸売業者協会伊藤裕康会長の会見では「ターレット」と発言している(1:33秒、2:09秒)。2018年5月16日
  5. ^ : turret forklift truck
  6. ^ [1]
  7. ^ 英字表記では「MIGHTY CAR」あるいは「MightyCar」。関連会社では「マイティーカー」を含む社名が多い。(関東機械センターウェブサイトより)

関連項目編集

外部リンク編集