ターン・ターン・ターン

ターン・ターン・ターン」(Turn! Turn! Turn! (To Everything There Is a Season))は、ピート・シーガー旧約聖書の『コヘレトの言葉』第3章をもとにして書いた楽曲。フォーク・グループのザ・ライムライターズが1962年に発表したバージョンが最初に世に出たものとされる。ザ・バーズのカバー・バージョンが全米1位を記録した。

ターン・ターン・ターン
ピート・シーガー楽曲
収録アルバムThe Bitter and the Sweet
リリース1962年12月
録音The Bitter End(1962年5月)
ジャンルフォーク
時間3分09秒
レーベルコロムビア・レコード
作詞者ピート・シーガー
(『コヘレトの言葉』より)
作曲者ピート・シーガー
プロデュースジョン・ハモンド[1]
ミュージックビデオ
「Turn! Turn! Turn! (To Everything There Is a Season)」 - YouTube

概要編集

歌詞の過半は、旧約聖書の『コヘレトの言葉』の欽定訳(King James Version)からとられた。3章1節から8節までの言葉のほとんどが歌に使われている[2]

To every thing there is a season, and a time to every purpose under the heaven:
A time to be born, and a time to die; a time to plant, a time to reap that which is planted;
A time to kill, and a time to heal; a time to break down, and a time to build up;
A time to weep, and a time to laugh; a time to mourn, and a time to dance;
A time to cast away stones, and a time to gather stones together;
A time to embrace, and a time to refrain from embracing;
A time to gain that which is to get, and a time to lose; a time to keep, and a time to cast away;
A time to rend, and a time to sew; a time to keep silence, and a time to speak;
A time of love, and a time of hate; a time of war, and a time of peace.

『コヘレトの言葉』第3章においては、時間も場所も、生と死も、殺戮と癒しも、涙と笑いも、戦争と平和も、すべてが等しく肯定的なものとしてとらえられている。そのためテキストはいかなる解釈も成り立つよう開かれている。しかしシーガーが曲の締めくくりに「平和の時。誓って言うが遅すぎることはない(A time for peace, I swear it's not too late )」という言葉を付け加えたことで「ターン・ターン・ターン」は反戦歌として受け入れられ、フォーク歌手の間に浸透して行った[3]

1962年、フォーク・グループのザ・ライムライターズがアルバム『Folk Matinee』を発表。同アルバムに収録されたバージョンが最初に世に出たものとされる。同年12月、シーガーはライブ・アルバム『The Bitter and the Sweet』を発表し、本作品を収録した[1]

1964年、ジュディ・コリンズはアルバム『Judy Collins 3』を発表。本作品を収録。同アルバムには、ロジャー・マッギンに改名する前のジム・マッギンがバンジョーやギターで参加しており、のちにザ・バーズがカバーする一因となった(後述)。

1999年、シーガーは本作品のロイヤリティーの45%が「Israeli Committee Against House Demolitions」に寄付されるよう手続きをした[4]

ザ・バーズのバージョン編集

ターン・ターン・ターン
ザ・バーズシングル
初出アルバム『ターン・ターン・ターン
B面 シー・ドント・ケア
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 ロサンゼルス、コロムビア・スタジオ(1965年9月1日、10日、14–16日)
ジャンル フォークロック
時間
レーベル コロムビア・レコード
作詞・作曲 ピート・シーガー
(『コヘレトの言葉』より)
プロデュース テリー・メルチャー
チャート最高順位
ザ・バーズ シングル 年表
All I Really Want to Do
b/w
すっきりしたぜ
(1965年6月)
ターン・ターン・ターン
b/w
シー・ドント・ケア
(1965年10月)
Set You Free This Time
b/w
It Won't Be Wrong
(1966年1月)
ミュージックビデオ
「Turn! Turn! Turn! (Live)」 - YouTube
テンプレートを表示

1965年4月に発売されたデビューシングル「ミスター・タンブリン・マン」は、同年6月26日付のBillboard Hot 100で1位を記録。ザ・バーズは一躍、フォークロックの旗手として脚光を浴びることとなった。同年7月の国内中西部のツアーの際、ロジャー・マッギンはのちに妻となるドロレスから本作品のリクエストを受けた[6][7]。マッギンは1963年夏、ジュディ・コリンズのレコーディングにバンジョーとギターで参加しており、コリンズが歌った「ターン・ターン・ターン」は翌1964年にアルバム『Judy Collins 3』の中に収録された。彼はよいアイデアと思い、グループは同年9月1日からレコーディングに取り掛かった。マッギンはこう述べている。

「それまでは標準的なフォークソングだったのだけれど、やってみたらロックンロールになってしまった。その頃の俺はコンピュータみたいにプログラミングされていたから、もうどうやっても伝統的なスタイルではできなくなってしまった。サンバのビートが思いつき、俺たちはこれはきっといいシングルになると思ったよ」[7]

レコーディングは9月1日、10日、14–16日の5日間行われ、完成までに78テイク録られた[8][9]

同年10月1日、シングルとしと発表。B面はジーン・クラークが書いた「シー・ドント・ケア(She Don't Care About Time)」が収録された[5]。同年12月6日に発売されたセカンド・アルバム『ターン・ターン・ターン』に収録された。

同年12月4日から12月18日にかけてBillboard Hot 100で3週連続1位を記録。カナダで3位、イギリスで26位、西ドイツで8位を記録した。

その他のバージョン編集

脚注編集

  1. ^ a b Pete Seeger – The Bitter And The Sweet (1962, Vinyl) - Discogs
  2. ^ Ecclesiastes 3 KJV”. Bible Gateway. 2022年9月27日閲覧。
  3. ^ Turn! Turn! Turn! – Byrds Version”. AllMusic. 2009年7月30日閲覧。
  4. ^ Hasson, Nir (2009年11月8日). “Pete Seeger's role in ending Israeli house demolitions”. Haaretz. 2009年11月8日閲覧。
  5. ^ a b 45cat - The Byrds - Turn! Turn! Turn! (To Everything There Is A Season) / She Don't Care About Time - Columbia - USA - 4-43424
  6. ^ Hjort, Christopher (2008). So You Want To Be A Rock 'n' Roll Star: The Byrds Day-By-Day (1965-1973). Jawbone Press. pp. 47–50. ISBN 978-1-906002-15-2 
  7. ^ a b Rogan, Johnny (1998). The Byrds: Timeless Flight Revisited (2nd ed.). Rogan House. p. 128. ISBN 0-9529540-1-X 
  8. ^ Hyde, Bob (1987). Never Before (1989 CD liner notes) 
  9. ^ Rogan, Johnny (1998). The Byrds: Timeless Flight Revisited (2nd ed.). Rogan House. p. 619. ISBN 0-9529540-1-X 
  10. ^ Sylvie Vartan – Sylvie (1966, Vinyl) - Discogs
  11. ^ “Mary Hopkin biography”. BBC. (2008年11月19日). https://www.bbc.co.uk/wales/music/sites/mary-hopkin/pages/biography.shtml 2019年9月7日閲覧。 
先代
スプリームス
「ひとりぼっちのシンフォニー」
Billboard Hot 100 ナンバーワン・シングル
(ザ・バーズ・バージョン)

1965年12月4日 - 12月18日(3週)
次代
デイヴ・クラーク・ファイヴ
「オーバー・アンド・オーバー」