ダイアナ・ガバルドン

ダイアナ・ガバルドン: Diana J. Gabaldon [ˈɡæbəldn];[1]1952年1月11日 - )は、アメリカ合衆国小説家。代表作は「アウトランダー」シリーズ。執筆ジャンルは、歴史ロマンスミステリ冒険SFファンタジーと多岐にわたる[2]。このシリーズは、2014年からStarz同名でテレビドラマ化されている[3][4]

ダイアナ・ガバルドン
Diana Gabaldon
DianaGabaldon-BookSigning-August11-07.png
サイン会にて(2007年8月)
誕生 (1952-01-11) 1952年1月11日(70歳)
アメリカ合衆国の旗 アリゾナ州スコッツデール
職業 小説家、大学教授
言語 英語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
最終学歴 北アリゾナ大学英語版
カリフォルニア大学サンディエゴ校
活動期間 1991年 -
ジャンル スペキュレイティブ・フィクション
歴史ロマンス
歴史ミステリ
代表作 アウトランダー シリーズ
デビュー作 『時の旅人クレア』
子供 3人
公式サイト www.dianagabaldon.com
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

経歴編集

出生〜大学編集

1952年1月11日アリゾナ州にて、メキシコ系アメリカ人の父とイングランド系アメリカ人の母の間に生まれ[5][6]フラッグスタッフで育つ[5]。父トニー(英語)(1931年 - 1998年[7])は、フラッグスタッフ選出の上院議員を16年務めた人物で、後年にはココニノ郡スーパーバイザーを務めた[8][9][10]

北アリゾナ大学英語版1970年から1973年)で動物学理学士号を、カリフォルニア大学サンディエゴ校(1973年から1975年スクリップス海洋研究所)で生物海洋学の理学修士号を、北アリゾナ大学(1975年から1978年)で行動生態学の博士号を取得した[5][11]

キャリア編集

1980年代には、アリゾナ州立大学の環境学センターで常勤の助教授を務めていた[12]ガバルドンは、計算科学とデータベースの専門家として研究をするかたわら、大学で解剖学やその他の学科の教鞭を取っていた。学術雑誌『Science Software Quarterly』創刊期のエディターも務めた。1980年代半ばには、コンピュータ系の刊行物にソフトウェアのレビューや技術記事を書いたり、ウォルト・ディズニー・カンパニーのコミックに分かりやすい科学の記事を書いたりした[11][13]

小説家へ編集

1988年、ほんの練習のつもりで小説を書き始める[14]。研究者としてリサーチがしやすく書きやすいと考え、歴史小説を書こうと決めたが[14]、歴史も学んだことはなく、執筆に当てる時間も取れなかった[5]。たまたま『ドクター・フー』シーズン6の"The War Games" の再放送でフレイザー・ハインズが演じるジェイミーを見て[15]、主人公の1人ジェームズ・フレイザーのインスピレーションが湧き、18世紀半ばのスコットランドを舞台とした作品にしようと決めた[5][14][15]キルトを身にまとったスコットランド人男性に対抗させるキャラクターとして、イングランド人女性を登場させようとし、キャラクターの現代風の行動や態度を説明するために、タイムトラベルを使うことにした[14]World Wide Webが存在しない時期であり、昔ながらの書籍で調べを固めている[5]

コンピュサーブの文芸フォーラムに作品の抄録を投稿したところ、SF・ミステリ作家のジョン・E・スティス(英語)から出版権エージェントのペリー・ノウルトンに紹介を受ける[14][16]。ノウルトンは、ガバルドンの未完成の出世作に『Cross Stitch』(クロスステッチ)と仮題を付け、2作を書き足して三部作にする方針を立てる。アメリカの出版社はタイトルを『アウトランダー』に改め、イギリスでは『Cross Stitch』 のまま刊行された。ガバルドンによると、イギリスの出版社は題名を気に入っていたが、アメリカの出版社はいささか裁縫や刺繍を連想させすぎる、もっと冒険的なタイトルがよいとの考えから改題に至ったという[14]。第2作目を書き終えた後、専業作家になるためにガバルドンはアリゾナ州立大学を辞職した[11]

アウトランダーシリーズ本編は2020年時点で第8部まで刊行、第9部は『Go Tell the Bees I am Gone』(刊行時期2021年11月)と発表されている[17]。また同シリーズ副主役のジョン・グレイ卿を主人公にスピンオフ作品もシリーズ化(「ジョン卿シリーズ(英語))。またフラフィック版『The Exile (An Outlander Graphic Novel)』(2010年)を上梓した。

私生活編集

現在は、夫と共にアリゾナ州スコッツデールに暮らしている[6][18]。3人の子供は成人しており、その内、息子はファンタジー作家のサム・サイクス(英語)[8]共作もある。取材に応じてローマ・カトリックの信徒であると語った[19][20]

作品リスト編集

アウトランダーシリーズ編集

20世紀の看護師クレア・ランダルが、18世紀のスコットランドにタイムトラベルし、ジェームズ・フレイザーとのロマンスや冒険が繰り広げられる[2]。スコットランドの他に、フランス西インド諸島イングランド北米も舞台となっているほか、歴史・ロマンス・ミステリ・冒険・SF・ファンタジーなど数々のジャンルにまたがっている[2]

日本語版は初めヴィレッジブックス(ソニーマガジンズ)から刊行され、2014年のテレビドラマ化に合わせてハヤカワ文庫から新装版が出版されている。

メインシリーズ
# 邦題 原題 刊行年
 
刊行年月
 
訳者 出版社
1 時の旅人クレアI Outlander 1991年 2002年1月 加藤洋子 ソニー・マガジンズ
ヴィレッジブックス
ハヤカワ文庫NV
時の旅人クレアII 2002年2月
時の旅人クレアIII 2002年3月
2 ジェイミーの墓標I Dragonfly in Amber 1992年 2003年12月 加藤洋子 ソニー・マガジンズ
ジェイミーの墓標II 2004年1月
ジェイミーの墓標III 2004年2月
3 時の彼方の再会I Voyager 1993年 2005年1月 加藤洋子 ソニー・マガジンズ
時の彼方の再会II 2005年2月
時の彼方の再会III 2005年3月
4 妖精の丘にふたたびI Drums of Autumn 1996年 2006年6月 加藤洋子 ソニー・マガジンズ
妖精の丘にふたたびII 2006年7月
妖精の丘にふたたびIII 2006年8月
5 燃ゆる十字架のもとにI The Fiery Cross 2001年 2008年4月 加藤洋子 ヴィレッジブックス
燃ゆる十字架のもとにII 2008年5月
燃ゆる十字架のもとにIII 2008年6月
燃ゆる十字架のもとにIV 2008年6月
6 炎の山稜を越えてI A Breath of Snow and Ashes 2005年 2009年12月 加藤洋子 ヴィレッジブックス
炎の山稜を越えてII 2010年1月
炎の山稜を越えてIII 2010年2月
炎の山稜を越えてIV 2010年3月
7 遥かなる時のこだまI An Echo in the Bone 2009年 2012年2月 加藤洋子 ヴィレッジブックス
遥かなる時のこだまII 2012年3月
遥かなる時のこだまIII 2012年4月
8 Written in My Own Heart's Blood 2014年[21]
9 Go Tell the Bees That I Am Gone[22] 2021年11月(予定[22]
短編
# 邦題 原題 初出年
 
刊行年月
 
訳者 出版社 備考 出典
1 風に運ばれた祈り A Leaf on the Wind of All Hallows 2010年 2014年5月 加藤洋子 ヴィレッジブックス 『追憶の時の扉』に収載
[注 1]
[23]
2 時の狭間の邂逅 The Space Between 2012年 2014年5月 加藤洋子 ヴィレッジブックス 『追憶の時の扉』に収載
[注 2]
[24]
3 追憶の時の扉(短編集) A Trail of Fire 2012年 2014年5月 加藤洋子 ヴィレッジブックス 第1、2作と「ロード・ジョン・グレイシリーズ」第7、第9作を収載
[注 3]
[25]
4 Virgins 2013年
[注 4]
[26][27][28]
関連作品

ロード・ジョン・グレイ シリーズ編集

ロード・ジョン・グレイシリーズ(英語)は、アウトランダーシリーズの脇役ロード・ジョン・グレイ(英語)を主人公としたスピンオフ作品。1756年から1761年を舞台とした『時の彼方の再会』と同時期のグレイを描いた短編5編と長編3編がある[34][35]。ジャンルが多岐にわたるアウトランダーシリーズと異なり、このシリーズは歴史ミステリを主題とし、短めに仕上げてある[35]

# 邦題 原題 初出(年)
 
刊行年月
 
訳者 出版社 備考
1 Lord John and the Hellfire Club 1998年 短編、初出は Past Poisonsアンソロジー)、編集者はMaxim Jakubowski
2 緑のドレスの女 Lord John and the Private Matter 2003年 2005年10月 石原未奈子 ソニー・マガジンズ
3 Lord John and the Succubus 2003年 短編、Legends II (英語)に収載、編集者はRobert Silverberg
4 死者から届いた日記 Lord John and the Brotherhood of the Blade 2007年 2010年5月 石原未奈子 ヴィレッジブックス
5 Lord John and the Haunted Soldier 2007年 短編、Lord John and the Hand of Devilsに収載。
6 Lord John and the Hand of Devils 2007年 短編集、第1、3、5作を収録(Lord John and the Hellfire ClubLord John and the SuccubusLord John and the Haunted Soldier)。
7 プライドと醜聞 The Custom of the Army[36] 2010年 2014年5月 加藤洋子 ヴィレッジブックス 『追憶の時の扉』に収載
8 ゲールの赤き火影 The Scottish Prisoner 2011年 2013年5月 加藤洋子 ヴィレッジブックス
9 ジョン・グレイのゾンビ殺人事件 Lord John and the Plague of Zombies[37] 2011年 2014年5月 加藤洋子 ヴィレッジブックス 『追憶の時の扉』に収載
10   Besieged 2017年 ガバルドン短編集Seven Stones to Stand or Fall(2017年)に収載。

その他編集

  • "Naked Came the Phoenix"(2001年) -
  • "Humane Killer"(2009年)- 息子との共著短編
  • "Dirty Scottsdale"(2009年)短編推理小説アンソロジーに収載。

メディアミックス編集

アメリカではオーディオブック化された。アウトランダーの作品群は完全と抄訳版で読み手を変え[38]、ロード・ジョンのシリーズの作品にも Jeff Woodman を起用した。

2010年には、グラフィックノベル"The Exile: An Outlander Graphic Novel" が発売された(作画はHoang Nguyen[39][40][41])。同年、「アウトランダー」の世界観を基とした14曲収録の音楽集"Outlander: The Musical" が発売された[42][43][44]

テレビドラマシリーズ「アウトランダー」の第1部『時の旅人クレア』に基づく第1シリーズ前半8エピソードが2014年8月9日からStarzで放送され、後半は2015年4月から放送された[3]。放送開始月、ガバルドン本人がアイオナ・マクタヴィッシュ役でカメオ出演を果たしたエピソードは「The Gathering[45]。コンサルタントとして請われて制作に参加[46]、2016年のシーズン2(英語)で「Vengeance Is Mine[32]」の脚本を書いた。日本ではHuluで提供され、AXNで放送されている。2020年までに5シーズンを放送、シーズン6の製作も決定している[要出典]

評価編集

アウトランダーシリーズの第1作は、1991年アメリカロマンス作家協会英語版が主催するリタ賞のロマンス部門を受賞した(『時の旅人クレア』原作)[47]2005年に上梓した『炎の山稜を越えて』原書(A Breath of Snow and Ashes )で『ニューヨーク・タイムズ』紙10月16日掲載分のベストセラーリスト「ハードカバー部門」(英語)の第1位に輝いた[48][49]ほか、クィル賞英語版のSF・ファンタジー・ホラー部門を受賞した[50]。ガバルドンの作品評を載せた『ガゼット』紙(英語)は、2007年時点で「24か国19か国語に訳され、著者(ガバルドン)はベストセラーを次から次へと出し続けている」と言及し[11]、翻訳書は2012年には27か国24か国語にまで増えた[8]

ロード・ジョン・シリーズを見ると、『緑のドレスの女』原書(Lord John and the Private Matter )は前出のニューヨーク・タイムズ同部門で、2003年10月26日掲載分第8位を得ており[51]、2007年には『死者から届いた日記』原書(Lord John and the Brotherhood of the Blade )が同じく9月16日の第1位[52]。この年の12月16日付で同部門第24位に載った短編集"Lord John and the Hand of Devils" は、本シリーズの初期3編をまとめたものである[53]

これらを受け、書店業界誌で書評をまとめる『パブリッシャーズ・ウィークリー』はガバルドンの講評を載せ、2003年に「(ガバルドンの)描写は生き生きとしていて読みやすく、それでいてエレガント」であり[54]、2007年に「その作品を初めて読む人でも、あるいは舞台となる時代に詳しくなくても夢中にさせる」と記した[55]

2011年のニューヨーク・タイムズのベストセラーリストは、電子書籍部門第6位に『ゲールの赤き火影』原作をあげた(12月18日掲載分The Scottish Prisoner[56]

アメリカ探偵作家クラブは同じ2011年、中編『ジョン・グレイのゾンビ殺人事件』原作(Lord John and the Plague of Zombies )をエドガー賞 短編部門にノミネートしている[57]

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
脚注
  1. ^ アンソロジー"Songs of Love and Death"ジョージ・R・R・マーティンガードナー・ドゾワ編)に収載
  2. ^ アンソロジー"The Mad Scientist's Guide to World Domination" に収載
  3. ^ イギリス、オーストラリア、ニュージーランドで2012年に刊行され、アメリカでは2014年に刊行された。
  4. ^ アンソロジー"Dangerous Women" (ジョージ・R・R・マーティン、ガードナー・ドゾワ編)に収録
  5. ^ 改訂版 The Outlandish Companion (Volume One) (2015年) を発刊[29]
出典
  1. ^ How is Gabaldon pronounced?”. DianaGabaldon.com (1990年). 2018年12月10日閲覧。 “My name is pronounced GAB-uhl-dohn (long o). [私の名前の読みはガバルドーンが正しいのです。]”
  2. ^ a b c Jennifer Reese (2007年11月27日). “Book Review: Lord John and the Hand of Devils (2007)”. EW.com. エンターテインメント・ウィークリー. 2013年10月30日閲覧。
  3. ^ a b Philiana Ng (2014年5月8日). “Starz's Outlander Gets First Poster, Premiere Date [Starz「アウトランダー」のポスター発表、プレミア放送日決定]”. ハリウッド・リポーター. 2014年6月14日閲覧。
  4. ^ James Hibberd (2014年8月15日). “Outlander renewed for second season [「アウトランダー」、セカンドシーズンに向けてリニューアル]”. エンターテインメント・ウィークリー. 2014年8月15日閲覧。
  5. ^ a b c d e f Bev Eckman-Onyskow (2009年8月26日). “Santa Fe author ready to release new book”. AlamogordoNews.com. Alamogordo Daily News. 2013年11月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年11月11日閲覧。
  6. ^ a b Official site: FAQ - About Diana”. DianaGabaldon.com. 2013年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月11日閲覧。
  7. ^ Antonio "Tony" A. Gabaldon - Arizona State Library, Archives and Public Records”. apps.azlibrary.gov. アリゾナ州政府. 2021年7月28日閲覧。
  8. ^ a b c From science to fiction”. NAU.edu. 北アリゾナ大学 (2012年5月). 2013年7月11日閲覧。
  9. ^ M.V. Moorhead (2000年11月30日). “Science, Fiction: Historical romance novelist finds mystery in biology and literature, too”. Phoenix New Times. http://www.phoenixnewtimes.com/2000-11-30/restaurants/science-fiction/ 2013年11月21日閲覧。 
  10. ^ Death Resolution: Senator Tony Gabaldon”. AZleg.state.az.us (1998-0). 2013年11月21日閲覧。
  11. ^ a b c d P. Donnell (2007年10月6日). “From Academia to Steamy Fiction”. Canada.com. The Gazette. 2014年1月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月30日閲覧。
  12. ^ Gabaldon, PhD, Diana J. (1984). “Editor's Note” (英語). Science Software Quarterly: SSQ. (John Wiley & Sonspages=82, 107) (5). https://books.google.com/books?id=4zfxAAAAMAAJ&q=Diana+Gabaldon. 
  13. ^ Official site: Bio”. DianaGabaldon.com. 2013年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。 公式サイトより。
  14. ^ a b c d e f Official site: FAQ - About the Books”. DianaGabaldon.com. 2014年8月20日閲覧。
  15. ^ a b Diana Gabaldon (2010年5月11日). “The "Dr. Who" Connection”. DianaGabaldon.com. 2014年8月20日閲覧。
  16. ^ Eva Hemmungs Wirten (1998). “Global Infatuation: Explorations in Transnational Publishing and Texts. The Case of Harlequin Enterprises and Sweden” (PDF). Section for Sociology of Literature at the Department of Literature (ウプサラ大学) (38): 56. ISBN 91-85178-28-4. http://www.littvet.uu.se/digitalAssets/24/24781_global-infatuation.pdf 2013年11月11日閲覧。. 
  17. ^ Go Tell The Bees That I Am Gone” (英語). DianaGabaldon.com. 2021年7月28日閲覧。
  18. ^ Official site: Bio”. DianaGabaldon.com (Internet Archive). 2013年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月11日閲覧。
  19. ^ Richards, Linda (June 1999). “Interview: Diana Gabaldon” (英語). January Magazine. http://januarymagazine.com/profiles/gabaldon.html 2014年11月27日閲覧。. 
  20. ^ “Interview: Diana Gabaldon” (英語). ライトスピード (雑誌)英語版. (September 2014). http://www.lightspeedmagazine.com/nonfiction/interview-diana-gabaldon/ 2014年11月27日閲覧. "...I try to avoid describing myself by any sort of label, so to speak. I'm a Roman Catholic and a Libertarian, but that's as far as I'd go in description" 
  21. ^ Official site: Written in My Own Heart's Blood”. DianaGabaldon.com (Internet Archive). 2014年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月10日閲覧。
  22. ^ a b Go Tell The Bees That I Am Gone”. DianaGabaldon.com. 2021年4月17日閲覧。
  23. ^ Official site: "A Leaf on the Wind of All Hallows"”. DianaGabaldon.com (2013年4月18日). 2014年9月16日閲覧。
  24. ^ Official site: The Space Between (Novella)”. DianaGabaldon.com. 2013年11月20日閲覧。
  25. ^ Official site: A Trail of Fire”. DianaGabaldon.com. 2014年9月16日閲覧。
  26. ^ Dangerous Women Arrives on Tor.com”. Tor.com (2013年7月24日). 2013年11月19日閲覧。
  27. ^ Fiction Book Review: Dangerous Women by George R.R. Martin and Gardner Dozois”. PublishersWeekly.com (2013年10月7日). 2013年11月23日閲覧。
  28. ^ ジョージ・R・R・マーティン (2013年1月23日). “Not A Blog: A Dangerous Delivery”. GRRM.livejournal.com. 2013年1月23日閲覧。 “For those who like to lose themselves in long stories, the Brandon Sanderson story, the Diana Gabaldon story, the Caroline Spector story, and my Princess and Queen are novellas.”
  29. ^ Official site: The Outlandish Companion – Volume One”. DianaGabaldon.com. 2017年1月3日閲覧。
  30. ^ Official site: The Outlandish Companion Vol. II”. DianaGabaldon.com. 2013年11月20日閲覧。
  31. ^ The Outlandish Companion, Volume Two”. Goodreads. 2016年6月12日閲覧。
  32. ^ a b Villarreal, Yvonne (2016年6月9日). Outlanders' stars thrill to the writer's presence on set” (英語). Los Angeles Times. http://www.latimes.com/entertainment/envelope/la-et-st-outlander-sam-heughan-caitriona-balfe-20160608-snap-story.html 2016年6月15日閲覧。 
  33. ^ Outlander Author Diana Gabaldon on What Claire and Jamie Would be Doing During Quarantine”. www.townandcountrymag.com (2020年5月4日). 2020年5月閲覧。
  34. ^ Official site: Lord John Grey Series”. DianaGabaldon.com. 2013年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月29日閲覧。
  35. ^ a b Official site: Chronology of the Outlander Series”. DianaGabaldon.com. 2013年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月29日閲覧。
  36. ^ 短編、Warriors, に収載時の編集者はジョージ・R・R・マーティンおよびガードナー・ドゾワ。のちにSeven Stones to Stand or Fall(2017年)に収載。
  37. ^ 短編、Down These Strange Streetsに収載時の編集者はジョージ・R・R・マーティンおよびガードナー・ドゾワ。のちにSeven Stones to Stand or Fall(2017年)に収載。
  38. ^ 完全版は Davina Porter、抄訳版は Geraldine James が担当。
  39. ^ Casey Brienza (2010年9月21日). “The Exile: An Outlander Graphic Novel”. GraphicNovelReporter.com. 2014年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月16日閲覧。
  40. ^ Fiction Book Review: The Exile: An Outlander Graphic Novel”. Publishers Weekly (2010年8月23日). 2014年9月16日閲覧。
  41. ^ Official site: The Exile (graphic novel)”. DianaGabaldon.com. 2014年9月16日閲覧。
  42. ^ PROGRESS! OUTLANDER:The Musical now on Amazon!”. DianaGabaldon.com (2010年9月26日). 2014年7月30日閲覧。
  43. ^ Outlander the Musical”. DianaGabaldon.com (2013年10月26日). 2014年7月30日閲覧。
  44. ^ Stage Tube: First Listen of Jill Santoriello's Outlander Musical”. BroadwayWorld.com (2012年7月16日). 2014年7月30日閲覧。
  45. ^ Wilkinson, Amy (2014年8月27日). “First Look: Outlander author Diana Gabaldon cameos on Starz series”. Entertainment Weekly. 2014年9月1日閲覧。
  46. ^ Cordova, Randy (2014年6月25日). “Diana Gabaldon returns with new Outlander book”. The Arizona Republic. http://www.azcentral.com/story/entertainment/books/2014/06/07/diana-gabaldon-returns-new-outlander-book/10042975/ 2014年7月31日閲覧。 
  47. ^ RITA Awards: Past Winners [リタ賞、これまでの受賞者]”. Romance Writers of America. 2015年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月31日閲覧。
  48. ^ “Best-Seller Lists: Hardcover Fiction”. ニューヨーク・タイムズ. (2005年10月16日). https://www.nytimes.com/2005/10/16/books/bestseller/1016besthardfiction.html 2013年10月31日閲覧。 
  49. ^ Garner, Dwight (2005年10月16日). “Inside the List”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2005/10/16/books/review/16tbr.html?_r=0&adxnnl=1&ref=bookreviews&adxnnlx=1383249841-nrLYaAwcpEj3PIXY1RKbmA 2013年10月31日閲覧。 
  50. ^ The Quill Book Awards: 2006”. TheQuills.org. 2007年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月11日閲覧。
  51. ^ 2003年10月26日掲載分。BEST SELLERS: October 26, 2003”. NYTimes.com. ニューヨーク・タイムズ (2003年10月26日). 2013年12月3日閲覧。
  52. ^ Best Sellers: Hardcover Fiction”. NYTimes.com. ニューヨーク・タイムズ (2007年9月16日). 2013年11月13日閲覧。
  53. ^ “Best Sellers: Hardcover Fiction”. ニューヨーク・タイムズ. (2007年12月16日). http://www.nytimes.com/2007/12/16/books/bestseller/1216besthardfiction.html 2013年11月13日閲覧。 
  54. ^ “Fiction Book Review: Lord John and the Private Matter. Publishers Weekly. (2003-09-15). http://www.publishersweekly.com/978-0-385-33747-2 2013年11月23日閲覧。. 
  55. ^ “Fiction Book Review: Lord John and the Hand of Devils. Publishers Weekly. (2007-09-10). http://www.publishersweekly.com/978-0-385-31139-7 2013年11月23日閲覧。. 
  56. ^ “Best Sellers: E-Book Fiction”. ニューヨーク・タイムズ. (2011年12月18日). http://www.nytimes.com/best-sellers-books/2011-12-18/e-book-fiction/list.html?date=2011-12-18&category=e-book-fiction&pagewanted=print 2013年11月13日閲覧。 
  57. ^ Official site: A Plague of Zombies”. DianaGabaldon.com (Internet Archive). 2013年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月30日閲覧。

外部リンク編集