メインメニューを開く

ダイアモンドダストが消えぬまに

ダイアモンドダストが消えぬまに』(ダイアモンドダストがきえぬまに)は、松任谷由実(ユーミン)の19枚目のオリジナルアルバム。1987年12月5日東芝EMIからリリースされた(CD:CT32-5060、LP:RT28-5060、CT:ZT28-5060)。1999年2月24日にLP盤のブックレットを復刻し、バーニー・グランドマンによるデジタルリマスタリングで音質が向上されたリマスタリングCD(TOCT-10652)とLP(TOJT-10652)をリリース。

ダイアモンドダストが消えぬまに
松任谷由実スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル EXPRESS
プロデュース 松任谷正隆
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • ミリオン(日本レコード協会
  • 第2回日本ゴールドディスク大賞
    THE GRAND PRIX ALBUM OF THE YEAR
  • 松任谷由実 アルバム 年表
    YUMING HISTORY
    (1987年)
    ダイアモンドダストが消えぬまに
    (1987年)
    Delight Slight Light KISS
    1988年
    『ダイアモンドダストが消えぬまに』収録のシングル
    1. SWEET DREAMS
      リリース: 1987年11月5日
    テンプレートを表示

    解説編集

    • ユーミンは、フジテレビ系の『とくダネ!』のインタビューで、このアルバムに関して、「初めて作詞のメソッドが完成したアルバム」と語っている。[要出典]
    • このアルバム完成後、自宅の神棚の前で「こんな素晴らしい作品をつくらせてもらって神に感謝」と号泣したなど、このアルバムで一段高いところに辿り着いたということは、ユーミン自身により度々語られている。[要出典]
    • サブタイトルが英語名で、『before the DIAMONDDUST fades...』となっている。制作過程で、楽曲の作詞が間に合わない可能性があったため、麗美1985年に提供した「ひとちがい」をカバーする形で録音したが、本作アルバム用の楽曲の製作が間に合ったためお蔵入りとなった。[要出典]「純愛3部作」の1作品目でアルバムのテーマは「もののあはれ」。[要出典]本人が「歌詞が物凄くデコラティヴなアルバム」 「装飾的な歌詞のスタイルは、あのアルバムで一つ完成を見た」と語る。[要出典]
    • 今作のレコーディングより、シンクラヴィア(現在におけるデジタルオーディオワークステーションの元祖)を導入した。その後、1993年の『U-miz』までシンクラヴィアを多用したサウンド作りは続けられた。 
    • 今作を引っ提げて、1987年12月4日1988年6月9日、『DIAMOND DUST』全国コンサートツアーが行われた。
    • 第30回日本レコード大賞優秀アルバム賞受賞。
    • なお、今作から1997年の『Cowgirl Dreamin'』まで、10作連続でオリジナルアルバムミリオンセラーを達成している。
    • また、今作から1990年の『天国のドア』まで、4年連続で年間正味売上が最も多かったアルバムに贈られる、日本ゴールドディスク大賞のグランプリ・アルバム賞を受賞している。
    • 本作発売にあたり「TUXEDO RAIN」が非売品サンプル7インチシングル盤でシングル・カットされた(B面は「霧雨で見えない」、規格品番:PRT-1255)。

    収録曲編集

    CD編集

    全作詞・作曲: 松任谷由実、全編曲: 松任谷正隆。
    #タイトル作詞作曲・編曲時間
    1.月曜日のロボット -A Robot On Monday-[1]松任谷由実松任谷由実
    2.ダイアモンドダストが消えぬまに -Before the Diamond Dust Fades…-松任谷由実松任谷由実
    3.思い出に間にあいたくて -Missin' the Train of Memories-松任谷由実松任谷由実
    4.SWEET DREAMS松任谷由実松任谷由実
    5.TUXEDO RAIN松任谷由実松任谷由実
    6.SATURDAY NIGHT ZOMBIES松任谷由実松任谷由実
    7.続 ガールフレンズ -Girlfriends Sequel-松任谷由実松任谷由実
    8.ダイアモンドの街角 -The Spell of the Diamond Dust-松任谷由実松任谷由実
    9.LATE SUMMER LAKE松任谷由実松任谷由実
    10.霧雨で見えない -Blinded By the Drizzling Rain-松任谷由実松任谷由実

    楽曲解説編集

    1. 月曜日のロボット
      • イメージは半蔵門線永田町駅[要出典]休み明けのOLの心情をロボットに喩えた曲。尚、当アルバムを引っ提げて行われたDIAMOND DUST TOURではオープニングで遠藤由美(ギター)、清水美恵(ベース)、高橋洋子(ドラムス)のコーラス三人による「女の子バンド」での演奏で歌唱された。また、ホールツアー後のアリーナ10公演(所謂スペシャル公演)では、美脚の女性ダンサー集団「ダイアモンドレッグス」によってアルバムジャケットを再現をした演出が当楽曲のみで行われた。2018~2019年のタイムマシーンツアーで当楽曲が歌唱された場合も、当時の再現として類似した演出が行われ、ダイアモンドレッグスを模した人形が登場した(女の子バンドは再現されず)。
    2. ダイアモンドダストが消えぬまに
    3. 思い出に間にあいたくて
    4. SWEET DREAMS
    5. TUXEDO RAIN
    6. SATURDAY NIGHT ZOMBIES
    7. 続 ガールフレンズ
      • アルバム『VOYAGER』収録の「ガールフレンズ」の続編。女友達の中で先に結婚していく仲間への応援歌。
    8. ダイアモンドの街角
    9. LATE SUMMER LAKE
      • 過ぎ去りし夏の面影を歌った曲。
    10. 霧雨で見えない

    参加ミュージシャン編集

    脚注編集

    [ヘルプ]
    1. ^ 配信を機に本人監修のもと全曲英語表記が公式に発表された。 https://itunes.apple.com/us/album/before-the-diamond-dust-fades-diamond-dust-ga-kienu-ma-ni/1436009867

    外部リンク編集