ダイアモンド・ヘッド (バンド)

ダイアモンド・ヘッドDiamond Head)は、イングランド出身のヘヴィメタルバンド

ダイアモンド・ヘッド
Diamond Head
Diamond Head – Headbangers Open Air 2014 02.jpg
ドイツ・ブランデ=ヘルナーキルヒェン公演 (2014年7月)
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド
ウェスト・ミッドランズ
スタウアブリッジ
ジャンル ヘヴィメタル
ハードロック
NWOBHM
活動期間 1976年 - 1985年
1991年 - 1994年
2002年 - 現在
レーベル Happy Face
MCAレコード
Castle Music
Cargo
Dissonance Productions
公式サイト Diamond Head.net
メンバー ラスマス・アンダーセン(Vo)
ブライアン・タトラー(G)
アンディ・アバーリー(G)
ディーン・アシュトン(B)
カール・ウィルコックス(Ds)
旧メンバー 以下を参照

NWOBHMムーブメントから登場したバンドの一つで、商業的には大きな成功を収められなかったが、メタリカメガデスらに大きな影響を与えた[1]

目次

バイオグラフィー編集

1976年、ブライアン・タトラー(G)、シーン・ハリス(Vo)、ダンカン・スコット(Ds)の3人でバンドを結成。その後にコリン・キンバリー(B)が加わる。バンド名は、イギリスのギタリスト フィル・マンザネラのアルバム『Diamond Head』(1975年)に由来する[2]

1980年、アルバム『Lightning to the Nations』(自主制作)でアルバムデビュー。

メジャーデビュー

1982年、野外ロックフェス「レディング・フェスティバル」に参加。同年、大手「MCAレコード」からメジャーデビューの2ndアルバム『Borrowed Time』をリリース。

1983年、キンバリーとスコットの脱退を経て3rdアルバム『Canterbury』を発表し[2]、ビッグイベント「モンスターズ・オブ・ロック」にも出演するが、1985年に解散。

再始動〜現在

スラッシュメタル・バンド「メタリカ」がダイアモンド・ヘッドのカヴァー曲を頻繁に発表したこと等から再評価が高まり、1991年に再結成。1993年、10年ぶりの4thアルバム『Death And Progress』をリリースし、トニー・アイオミデイヴ・ムステインがゲスト参加。翌年までバンド活動を継続する。

2000年、ブライアン・タトラー(G)とシーン・ハリス(Vo)は母国でギグを行い、2002年から活動を本格的に再始動する。

2004年にシーン・ハリス(Vo)が離脱するものの、ニック・タート(Vo)が加入して[3]、翌年に12年ぶりの5thアルバム『All Will Be Revealed』をリリース。

2007年、6thアルバム『What's In Your Head』をリリース。

2008年2月17日、東京・Shibuya O-Eastで初来日公演。

2016年、9年ぶりの7thアルバム『Diamond Head』を発表[4]

メンバー編集

 
創始者ブライアン・タトラー(G) 2014年

現ラインナップ編集

  • ラスマス・アンダーセン Rasmus Bom Andersen - ボーカル (2014- )
  • ブライアン・タトラー Brian Tatler - リードギター (1976- )
  • アンディ・アバーリー Andy "Abbz" Abberley - リズムギター (2006- )
  • ディーン・アシュトン Dean Ashton - ベース (2016- )
  • カール・ウィルコックス Karl Wilcox - ドラムス (1991- )

旧メンバー編集

  • シーン・ハリス Sean Harris - ボーカル/ギター (1976-2004)
  • ダンカン・スコット Duncan Scott - ドラムス (1976-1983)
  • コリン・キンバリー Colin Kimberley - ベース (1978-1983)
  • マーヴィン・ゴールズワージー Mervyn Goldsworthy - ベース (1983-1984)
  • ロビー・フランス Robbie France - ドラムス (1983-1985) R.I.P.2012[5]
  • デーブ・ウィリアムソン Dave Williamson - ベース (1984-1985)
  • エディ・ムーハン Eddie Moohan - ベース (1991-1992, 2002-2016)
  • ピート・ブコヴィッチ Pete Vuckovic - ベース (1992-1994)
  • エイドリアン・ミルズ Adrian Mills - ギター (2003-2006)
  • ニック・タート Nick Tart - ボーカル (2004-2014)

ディスコグラフィー編集

スタジオ・アルバム編集

ライヴ・アルバム編集

コンピレーション・アルバム編集

  • Behold the Beginning (1986)
  • Am I Evil (1987)

ライブビデオ編集

  • To the Devil His Due (2006)

脚注編集

外部リンク編集