ダイエット( 英語: diet )とは、

ヒト動物が普段から習慣的に食べているもの」「身体を細くしたい、体重を減らしたい、とする理由や、医学上の理由から、食事の内容を制限する」こと[1][2]

一般には「体重を減らしたり、身体を細くするために実践する食事制限」という意味で使われやすいが、体重を減らすだけではなく、健康に支障をきたさない分まで体重を増やすことも「ダイエット」と呼ぶ。広辞苑第六版では、「規定食」「美容・健康保持のために、食事の量・種類を制限すること」と定義されている。本来の語義におけるダイエット(1.習慣的に食べているもの、2.食事制限)は、肥満や各種心疾患を防ぐため、健康維持・生命維持のため、ヒト・動物・生物が日々続けるものである。

身長と体重の関係については、BMIBody Mass Index, ボディマス指数と呼ばれる)が目安として用いられることが多い。

原語の定義と語源編集

現代英語における「diet」は、

「毎日規則的に食べるもの」

「習慣的な栄養の摂取」

「ある特別な理由に基づく食事の種類や量の制限」

「体重を減らすために実施する食事療法」

となっている[3]

その語源については、古代ギリシア語の 「δίαιτα」(diaita, 「ディーエター」、「生活習慣」「生き方」)がある。この「diaita」は、「diaitasthai」(「生活を導く」)、「diaitan(「分離する、(飲食物を)選ぶ」)と関わっている。このギリシア語「δίαιτα」がラテン語の「diaeta」、そこから中世ラテン語の「dieta」(「日々の仕事、食事の許容(量)」)に、さらに13世紀ごろの古フランス語diete」を経て、英語に輸入された[4]

この単語に(デンマークスウェーデン日本における)「国会」「議会」(「the Diet」と、定冠詞が付く。「国会議事堂駅」は「The Diet Building」と表記される)という意味があるのは、「日程」「日々の勤め」「毎日こなすこと」を意味するラテン語「dieta」に由来するため。「dieta」は、ラテン語 「dies」(「日」の意)の派生語として扱われていたが、いずれもその語源は同じギリシア語「δίαιτα」に行き着く[4]

ダイエットの分類例編集

ダイエットの分類(医療行為を除く、科学的な裏付けの無い俗説類も含む)
方式 やり方  備考 目的外の特徴的な影響例
カロリー制限 炭水化物タンパク質脂肪全体の摂取量を減らす ドイツ人の内科医カール・フォン・ノールデン( Carl von Noorden )が1907年英語で発表した『Metabolism and Practical Medicine』(『代謝と実践医療』)の第3章『Obesity』(『肥満』)[5]にて、「消費する以上のエネルギーを摂取するから太るのだ」と唱えた。ノールデンのこの主張は、体重を制御する方法やダイエットについて伝授する人間がほぼ必ずと言っていいほど口にするようになった 空腹感が常に付きまとう、栄養失調、体重のリバウンド、細胞膜が弱まる(細胞膜の表面は脂肪〈リン脂質〉で覆われているため)、体内を流れる各種ホルモンコレステロール胆汁の材料となる各種必須脂肪酸( Essential Fatty Acid )の摂取不足に伴い、免疫力が低下して体調不良に陥り、病気を患いやすくなる、肌がカサカサになる
脂質制限 食べ物に含まれる脂肪分の摂取を減らす カロリー制限と同じ
炭水化物制限 低糖質・中タンパク・高脂肪食 石器時代狩猟採集生活を送っていた頃の人類が摂っていた食事。動物の肉・魚・卵・ナッツといった、タンパク質と脂肪が豊富なものを中心に食べ、炭水化物の摂取量は極めて少ない。農耕を開始し、穀物を食べ始めるようになるまで、人類はこのような食事を摂っていたと考えられている[6]
トランス脂肪酸は避ける[7]
ケトジェニック・ダイエット 極度の低糖質・低タンパク・極度の高脂肪な食事 1920年代前半、メイヨー・クリニックの医師ラッセル・ワイルダーが開発した食事法。元々は癲癇を治療するために開発し、患者に処方した[8][9]
砂糖、甘い果物全般、デンプンが豊富なもの全般を避け、各種ナッツ、生クリームバターの摂取を増やす[10]。栄養素の構成比率は、「脂肪(4):タンパク質と炭水化物(1)」である。脂肪分が90%、タンパク質が6%で、炭水化物の摂取は可能な限り避ける[11]。タンパク質の摂取量も制限する場合がある。トランス脂肪酸を避けるのは炭水化物制限食と同じ
別のものに置き換える ある特定の食べ物だけを食べる 栄養価が低い食べ物のみを摂取し続ける場合、健康に寄与することを示す証拠は無い

断食・絶食療法編集

一切の固形物を摂取することなく、水、茶、ブラックコーヒー、ビタミンとミネラルのみで生活することで、自分で肥満を治療するやり方もある。この断食382日間続け、456ポンド(約207㎏)あった体重を180ポンド(約82㎏)まで減らし、最終的に276ポンド(約125㎏)の減量に成功したスコットランド人、アンガス・バルビエーリAngus Barbieri )がいる。バルビエーリは、水、茶、ブラックコーヒー、ビタミンとミネラルのみで生活することで、自分で肥満を治療した。バルビエーリが行った断食は、1971年版のギネスブックにも登録されている[12][13]

過食実験編集

2013年、イングランド人のサム・フェルサム( Sam Feltham )は、1日に5000kcalを超えるエネルギーを摂取する過食実験を自らの身体で実施した。彼は、「カロリーはカロリーである」(『A calorie is a calorie』)「自分が消費する以上の量のエネルギーを摂取するからヒトは太るのだ」とする理論に対して疑念を抱いていた[14]

最初の21日間で栄養素の構成比を「脂肪53%(461.42g)、タンパク質37%(333.2g)、炭水化物10%(85.2g)」(「低糖質・高脂肪な食事」)に設定し、1日に「5794kcal」のエネルギーを摂取する生活を21日間続けた。21日後、フェルサムの体重は1.3kg増加したが、腰回りは3cm縮んだ。フェルサムの身体からは脂肪が減り、除脂肪体重が増加し、身体は引き締まった[15]。この高脂肪食で、フェルサムは余剰分のカロリーが56645kcalにも及んだが、全く太りはしなかった[14]

次に、フェルサムは摂取エネルギーの構成比を「炭水化物64%(892.7g)、タンパク質22%(188.65g)、脂肪14%(140.8g)」(「高糖質・低脂肪な食事」)に変え、1日の摂取エネルギーを「5793kcal」に調節し、再び21日間過ごした。21日後、フェルサムの体重は7.1kg増加し、腰回りは9.25cm膨らみ、顎の脂肪も膨らんでいた[14][16][17][18]。なお、この「炭水化物の摂取を増やし、脂肪の摂取を減らす食事」は、アメリカ糖尿病学会英語版The American Diabetes Association )やアメリカ心臓協会The American Heart Association )が推奨している「栄養バランスのとれた食事」である。

もう1つの実験として、フェルサムは「ヴィーガン食」(Vegan Diet, 完全菜食)による過食実験も実施した。ヴィーガン食は基本的に「高糖質・低タンパク・低脂肪」な食事である。1日の摂取エネルギーを「5794kcal」に調節したヴィーガン食で再び21日間過ごした。21日後、フェルサムの体重は4.7kg増加し、腰回りは7.75cm膨らみ、顎の脂肪も膨らみ、体脂肪率は12.9%から15.5%に上昇した[19]

フェルサムはこれらの過食実験を通して、

  • 「(脂肪が豊富で炭水化物が少ない食事を摂り続けても太らなかったことについて)簡単に言うなら、『食べ物に含まれる脂肪分には、ヒトを太らせる作用は無い』ということである」
  • 「炭水化物の摂取を増やし、脂肪の摂取を減らしたところで、あなたが食べた炭水化物は体内で脂肪に変わる」
  • 「精製された炭水化物を食べ続けていれば、身体に生化学的な損傷が発生し、インスリン抵抗性を初めとする疾患を惹き起こすだろう」
  • 「体重を管理する方法について、『食べる量を減らして運動量を増やせ』としばしば言われるが、これは誰の何の役にも立たない、愚鈍で疎慢な『助言』である」
  • 「精製された炭水化物のような『偽物の食べ物』ではなく、肉や卵のような『本物の食べ物』を食べよう」
  • 「脂肪が豊富な肉・魚・卵・ナッツ類・緑色野菜は食べたいだけ食べて構わない」
  • 「炭水化物を食べ続けている限り、あなたの身体から脂肪は減らない」
  • 「肥満や病気が蔓延しているのは、人々が『食べ過ぎるから』ではなく、『偽物の食べ物を食べるから』だ」
  • 「医療関係者に言いたいのは、患者に対して『偽物の食べ物』を減らし、『本物の食べ物』を食べるよう促すことだ」
  • 「各国の政府は、食事に関する政策を改め、『偽物の食べ物』を排除し、砂糖会社への補助金を停止すべきである」と述べている[14]

脚注編集

注釈編集

参考編集

  1. ^ "diet"”. lexico.com. 2019年10月2日閲覧。
  2. ^ "diet"”. dictionary.cambridge.org. 2019年10月2日閲覧。
  3. ^ "diet"”. Merriam Webster. 2019年10月2日閲覧。
  4. ^ a b "diet"”. Etymology Online. 2019年10月2日閲覧。
  5. ^ Noorden, Karl (1907). Metabolism and Practical Medicine, the Chapter III 'Obesity'. p. 693 - 695. 
  6. ^ Mackerness, Richard (1958). Eat Fat and Grow Slim. Harvill Press. ISBN 978-0006338086. 
  7. ^ Willett, Walter; P. J. Skerrett (2001). Eat, Drink, and Be Healthy: The Harvard Medical School Guide to Healthy Eating. Free Press. ISBN 978-0684863375. 
  8. ^ Dana Sparks (2015年1月16日). “A Line in the Sand – Mayo Clinic’s Role in Early Insulin Research”. Mayo Clinic News Network. 2019年10月28日閲覧。
  9. ^ Beth Schultz (2019年4月11日). “Feeding our brains to reduce memory loss”. The Associated Press( APNEWS ). 2019年10月28日閲覧。
  10. ^ Freeman JM, Kossoff EH, Hartman AL. The ketogenic diet: one decade later. Pediatrics. 2007 Mar;119(3):535–43. doi:10.1542/peds.2006-2447. PMID 17332207
  11. ^ CLASSIC KETO”. Charlie Foundation. 2019年10月28日閲覧。
  12. ^ Brady, Jon (2016年11月12日). “The tale of Angus Barbieri who fasted for more than a year – and lost 21 stone”. Evening Telegraph. https://www.eveningtelegraph.co.uk/fp/tale-angus-barbieri-fasted-year-lost-21-stone/ 2018年11月4日閲覧。 
  13. ^ Stewart, W. K.; Fleming, Laura W. (March 1973). “Features of a successful therapeutic fast of 382 days' duration”. Postgraduate Medical Journal 49 (569): 203–209. doi:10.1136/pgmj.49.569.203. PMC: 2495396. PMID 4803438. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2495396/. 
  14. ^ a b c d Feltham, Sam (2013年6月12日). “Why I Didn't Get Fat From Eating 5,000 Calories A Day Of A High Fat Diet”. live.smashthefat.com. 2020年1月31日閲覧。
  15. ^ Round Up of The 21 Day 5,000 Calorie Challenge - YouTube
  16. ^ Fung, Jason. “Smash the Fat – Calories Part XI”. idmprogram.com. 2019年9月29日閲覧。
  17. ^ Feltham, Sam (2013年5月29日). “Halfway Through My 21 Day 5,000 Calorie Experiment”. huffingtonpost.co.uk. 2019年9月29日閲覧。
  18. ^ Day 21 Of The 21 Day 5,000 Calorie CARB Challenge (LIVE Weigh In) - YouTube
  19. ^ Day 21 Of The 21 Day 5,000 Calorie VEGAN Challenge - YouTube