メインメニューを開く

ダイセーロジスティクス

ダイセーロジスティクス株式会社は、東京都文京区本駒込に本社を置き、関東を拠点に活動する物流企業である。

ダイセーロジスティクス
DAISEI LOGISTICS CO.,LTD.
種類 株式会社
略称 ダイセーログ
本社所在地 日本の旗 日本
113-0021
東京都文京区本駒込5-28-7
事業内容 貨物自動車運送業 倉庫業
資本金 1億円
外部リンク http://www.daisei-log.com/
テンプレートを表示

目次

事業内容編集

  • 食品輸送事業
  • 共同配送事業
  • 3PL(Third Party Logistics)事業
  • ネットワーク物流事業

沿革編集

  • 1969年(昭和44年) 4月   ダイセーグループ創業
  • 1975年(昭和50年) 4月   東京ダイセー株式会社 設立(現 ダイセーロジスティクス)
  • 1991年(平成 3年) 12月   ダイセーグループ関東6社を統合し、ダイセーロジスティクス株式会社に社名変更
  • 1995年(平成 7年) 5月   古河スーパーハブセンター竣工(延床面積 5,332坪)
  • 1997年(平成 9年) 12月   杉戸スーパーハブセンター竣工(延床面積 4,172坪)
  • 1999年(平成11年) 5月   ダイセーハブアンドスポークス株式会社 設立
  • 1999年(平成11年) 5月   杉戸第2ハブセンター竣工(延床面積 2,256坪)
  • 1999年(平成11年) 7月   杉戸第3ハブセンター竣工(延床面積 416坪)
  • 2001年(平成13年) 7月   杉戸第4ハブセンター竣工(延床面積 1,906坪)
  • 2002年(平成14年) 5月   八千代スーパーハブセンター竣工(延床面積 5,000坪)
  • 2003年(平成15年) 7月   境町ハブセンター竣工(延床面積 1,117坪)
  • 2008年(平成20年) 4月   丸井倉庫株式会社を事業継承
  • 2008年(平成20年) 9月   岩槻ハブセンター開設(延床面積 1,695坪)
  • 2009年(平成21年) 4月   ダイセーグループ創業40周年
  • 2009年(平成21年) 9月   杉戸R&Dセンター竣工(延床面積 210坪)
  • 2010年(平成22年) 6月   カンパニー制導入<YGカンパニー/CSカンパニー/アセットカンパニー>
  • 2010年(平成22年) 10月   新座ハブセンター開設
  • 2011年(平成23年) 2月   ネットワーク物流株式会社 設立
  • 2011年(平成23年) 3月   松戸ハブセンター開設
  • 2011年(平成23年) 7月   大阪ハブセンター開設(延床面積 1,000坪)
  • 2011年(平成23年) 8月   阿波急行運輸株式会社を事業継承
  • 2011年(平成23年) 12月   ネットワーク物流株式会社を福島県いわき市に移転し、事業を東北復興に特化
  • 2012年(平成24年) 3月   いわきハブセンター 開設
  • 2012年(平成24年) 3月   厚木ハブセンター移転 海老名ハブセンター 開設(延床面積 700坪)
  • 2012年(平成24年) 6月   杉戸第5ハブセンター 竣工(延床面積 1,279坪)
  • 2012年(平成24年) 7月   大阪ハブセンター 高槻市へ移転(延床面積 1,000坪)
  • 2013年(平成25年) 1月   ダイセーハブアンドスポークス株式会社を吸収合併
  • 2013年(平成25年) 6月   八千代・古河・杉戸にて太陽光発電・売電事業 開始

関連項目編集

1999年6月5日、保管を依頼されていた埼玉県幸手市大字神扇の倉庫会社施設で火災が発生し、製品に次々引火して爆発して鎮火まで1日以上要している。

茨城県五霞町大阪造船所東京工場は、受託製造するアース製薬の殺虫剤スプレー缶製品を倉庫会社「ダイセーロジスティクス」へ保管依頼し、同社が埼玉県幸手市の倉庫で保管中の1999年6月5日夜に倉庫内で火災が発生している。殺虫剤スプレー缶製品236万本、ポリエチレン製ガス管1万2500本、ペット樹脂996トンを保管しており、スプレー缶や樹脂類が激しく爆発炎上して飛来するなど周囲100メートル以上に被害が及び、幸手市消防本部、地元消防団、久喜地区消防本部、杉戸町消防本部、春日部市消防本部らが消火活動するも鎮火まで35時間を要している。死傷者は発生していないが、消防庁がエアロゾル製品の保管に注意を促す通達を各都道府県へ送付した。

外部リンク編集