メインメニューを開く

ダイダラボッチ

日本の各地で伝承される巨人
勝川春章勝川春英画『怪談百鬼図会』より「大入道」。ダイダラボッチのイメージに近いものと考えられている[1]

ダイダラボッチは、日本の各地で伝承される巨人。類似の名称が数多く存在するが、以下では便宜的にダイダラボッチと呼称する。山や湖沼を作ったという伝承が多く、元々は国づくりの神に対する巨人信仰がダイダラボッチ伝承を生んだと考えられている(や大男などの妖怪伝承が巨人伝承になったという説もある。)[2]

目次

概要編集

柳田國男が『ダイダラ坊の足跡』(1927年昭和2年)4月中央公論社[3]で日本各地から集めたダイダラボッチ伝説を考察しており[* 1]、ダイダラボッチは「大人(おおひと)」を意味する「大太郎」に法師を付加した「大太郎法師」で、一寸法師の反対の意味であるとしている。

名称編集

「でいだらぼっち[4]」、「だいらんぼう[5]」、「だいだらぼう[6]」、「でいらんぼう[7]」、「だいらぼう[8]」、「デエダラボッチ[9]」、「デイラボッチ[8]」、「デイラボッチャ[10]」、「デーラボッチャ[10]」、「デエラボッチ[11]」、「デーラボッチ[12]」、「タイタンボウ[2]」、「デエデエボウ[13]」、「デンデンボメ[13]」、「ダイトウボウシ[13]」、「レイラボッチ[13]」、「ダダ星[13]」、「おおきいぼちゃぼちゃ」[14]。 等様々な呼び名がある。大太法師(だいだらぼっち)[15]大太郎坊(だいだらぼう)とも表記し、九州では大人弥五郎(おおひとやごろう)と呼ばれる[2]

文献編集

常陸国風土記編集

奈良時代に成立した『常陸国風土記』のうち、常陸国の那賀郡(なかのこおり[16])(現在の茨城県那珂郡なかぐん〉)について記された「那賀略記」には、以下のとおり、大昔の「大櫛之岡(おおくしのおか)」にいたという長大な人についての記述(平津駅家条)がある。[17][18][19][20][21]

 原 文 》 ※縮小文字は原本上の補足。※和字間隔は現代の補足。
平津驛家西一二里 有岡 名曰 大櫛 上古有人 體極長大 身居丘壟之上 手摎海濱之蜃 大蛤也 其所食貝 積聚成岡 時人 取大朽之義 今謂大櫛之岡 其踐跡 長卌餘歩 廣廿餘歩 尿穴徑可廿餘歩許 — 『常陸國風土記』那賀略記
書き下し文》 振り仮名文語体
平津駅家ひらつのうまやの西一二いちにをかあり。名を大櫛おほくしふ。上古いにしへ、人あり。かたちきはめて長大たけたかく、丘壟をかうへながら、手は海浜うみべたうむきくじりぬ。大蛤おほうむき なりらひしかひ積聚つもりてをかなりき。時人ときのひと大朽おほくちこころりて、今は大櫛之岡おほくしのをかふ。そのみしあとは、長さしじふ あしあまり、広さ廿にじふ あしあまり尿穴ゆまりのあなわたり 廿にじふ あしあまり ばかりなり。
口語解釈例》 ※振り仮名は口語体。[ ]内は文意を整えるための補足文。( )内の※に続く記述は注釈。
常陸国ひたちのくに那賀郡なかのこおりにある交通の要衝・]平津駅家ひらつのうまやから西へ一二いちにもしくは1里・2里ほど行った所[* 2]おか)があり、名を「大櫛(おおくし)」という。大昔、[この地に]人がいた。[その人の]からだは極めて長大ちょうだいで、岡の上にいながらにして手は海浜うむきを掘り起こしてしまう。[それほどの巨人であった。][ここでいううむきとは]大蛤おおうむきである(※『うむき(蜃、蛤)』はハマグリ古語[* 3]。その[巨人の]食べた[の]は、積もり積もって岡になった。当時の人(※現代〈すなわち、奈良時代〉の我々から見て大昔の人々)は[“大量の貝が朽ちている”意をもって、この岡を]「大朽(おおくち)」と呼んだが、[それが訛って]今は「大櫛之岡(おおくしのおか)」という(※比定地は大串貝塚おおぐし かいづか。その所在地は、現在の茨城県水戸市塩崎町1064-1[* 4]、かつての東茨城郡常澄村塩崎[18][* 5])。その[巨人の]足跡は、おおよそ、長さ40あまり、幅20あまりで、尿の穴(※立ち小便によって穿たれた穴)は直径20あまりであった。

考古学等の諸分野においても、係る「大櫛之岡の巨人伝説」とその比定地・大串貝塚は相当に重要で、縄文時代貝塚遺跡文献に記されている最古の例[22][23]、もっと言えば、石器時代遺跡の記録された日本最古の例[24][25]として知られている。

播磨国風土記編集

奈良時代に成立した『播磨国風土記』ののうち、播磨国の託賀郡(たかのこおり)(現在の兵庫県多可郡たかぐん〉)について記された「託賀略記」には、天が高いから楽に立って歩けると言ってこの地を好み、沼と化す数多の足跡を残した、大人(おおひと)の伝説が記されており、先述した『常陸国風土記』に所収されている“大櫛之岡の巨人伝説”(大櫛之岡の長大な人の伝説)の類型と考えられている。

 原 文 》 ※縮小文字は原本上の補足。※和字間隔は現代の補足。
此當為上 所以名 託賀者 昔 在大人 常勾行也 自南海到北海 自東巡行之時 到來此土云 他土卑者 常勾伏而行之 此土高者 申而行之 高哉 故曰 託賀郡 此云 高也 申 伸也 其踰跡處 數數成沼 — 『播磨國風土記』託賀略記 [26]
《 大 意 》 
昔、[播磨国はりまのくにの]託賀郡たかのこおりには大人おおひと(※巨人)がいた。[大人は]常に屈んで歩いた。[大人は]南海から北海へ到り、東を巡ってこの地にやってきた時、「他の地は[天が]低くて常に屈んで歩いていたが、この地は[天が]高くてまっすぐ立って歩ける」と言った。それゆえに、この地を「タカ(高)」の意をもって「託賀郡」という。[大人の]足跡は数々の沼になった。

各地の伝承編集

山を作る・運ぶ編集

  • 富士山を作るため、甲州の土を取って土盛りした。そのため甲州は盆地になった[27]
  • 富士山を作るため近江の土を掘り、その掘った跡地が琵琶湖となった[15]。この伝説の縁で1968年富士宮市近江八幡市夫婦都市となっている[15]
  • 上州の榛名富士を土盛りして作り、掘った後は榛名湖となった。榛名富士が富士山より低いのは、もう少し土を運ぼうとしたが夜が明け、途中でやめたためである[28]
  • 浅間山が、自分より背の高い妹の富士山に嫉妬し、土を自分にわけろといった。富士山は了解し、だいだらぼっちが自分の前掛けで土を運んだ。しかし浅間山は土の量が足りないと怒り、彼を叩いた。その際にこぼれた土が前掛山となった。怒りだした浅間山はついに噴火してしまった。
  • 西の富士、東の筑波と呼ばれる関東の名山の重さを量ろうとし天秤棒に2つの山を結わえつけ持ち上げると、筑波山のほうは持ち上がったが富士山は持ち上がらない。そのうちに結わえていたつるが切れ、筑波山が地上に落ちてしまった。その衝撃でもともと1つの峰だった筑波山は、2峰になってしまったという。
  • 信州佐久郡を運んでいた時、もっこが切れ、平尾山と糠塚山ができた[29]
  • 信州安曇郡で西側の飛騨山脈から削り取った土を東側の山地に運んでいた時、もっこの綱が切れ、室山ができた。

足あと・手のあとを残す編集

  • 上州の赤城山に腰掛けて踏ん張ったときに窪んで出来た足跡が水たまりになった。木部の赤沼がそれである[27]
  • 長野県大町市北部の青木湖中綱湖木崎湖からなる仁科三湖はいずれもダイダラボッチの足あとである。
  • 茨城県水戸市中央部の千波湖は、かなり大きいがダイダラボッチ(この地方ではダイダラボウと呼称)の足跡である。
  • 遠州の山奥に住んでいたダイダラボッチが子供たちを手にのせて歩いている時に、腰くらいの高さの山をまたいだ拍子に子供たちを手から投げ出してしまった。びっくりした子供たちとダイダラボッチは泣き出してしまい、手をついてできた窪みに涙が流れ込んで浜名湖となった。
  • 現在、東京都世田谷区にある地名「代田」(だいた)や[2]さいたま市の「太田窪」(だいたくぼ)はダイタラボッチの足跡に由来すると言われている。[30]
  • 長野県戸隠山大座法師池三重県志摩郡大王町はダイダラボッチに由来する地名である[13]
  • 静岡市のだいらぼう山頂には全長150mほどの窪みがあるが、ダイダラボッチが左足を置いた跡と伝えられている。琵琶湖から富士山へ土を運ぶ途中に遺したものであるという。
  • 相模原市の伝説ではデイラボッチと呼ばれ、富士山を持ち上げ違う場所に運ぶ途中、疲れたので、富士山に乗っかり休んだところそこにまた根が生えてしまいもちあげようとするが、持ち上がらずそのときふんばった所が今の鹿沼公園であるという。また、相模原市南区に「大沼・小沼」の地名が残るが、かつて実在したこの二つの沼はデイラボッチが尻餅をついた跡であり、その間に「ふんどし窪」という溝状のくぼ地があったという伝承もある。
  • 小便をしようと飯野山香川県中部)に足をかけた際に山頂付近に足跡が付いた(現在もその跡であるという伝説の足跡が残っているが非常に小さい)。なお、その小便の際に出来たのが大束川といわれる。
  • 愛知県東海市の南側に加木屋町陀々法師(だだほうし)という地名があり、ダイダラボッチが歩いて移動する際に出来た足跡が池になったとして伝説が残っている。名古屋鉄道八幡新田駅西側にあったが2000年(平成12年)頃に埋め立てられており、現在その形跡はない。
  • 長野県佐久市安原にある二つの丸い水田は、デイランボーの足跡だと言われる[31]

休む・洗う・食べる編集

  • 赤城山に腰掛けて、利根川で足を洗った[32]
  • 羽黒山には人間がまだ誕生しない大昔、でいだらぼっちが羽黒山に腰掛けて鬼怒川を洗ったという言い伝えがある。
  • 長野県塩尻市高ボッチ高原はダイダラボッチが腰を下ろして一休みした場所であるという(諸説あり)。
  • 常陸国風土記」によると、茨城県水戸市東部にある大串貝塚は、ダイダラボッチが貝を食べて、その貝殻を捨てた場所だと言われている。その言い伝えから、近くにダイダラボッチの巨大な石像が創られている。[33]
  • 碓氷峠で休んでいる時に、妙義山まで届き、その足のを猪が芋と間違えかじったので、猪を握り潰して浅間山猪鍋を煮た。なお、鍋をこぼした場所から塩気のある温泉が湧いたと言う[34]

人間を助ける編集

  • 秋田県横手盆地が湖であったので干拓事業を行った際、ダイダラボッチが現れて水をかき、泥を掬ったため工事がはかどった(鳥の海の干拓伝説)[35]。このダイダラボッチは秋田市太平山三吉神社の化身と考えられている[35]太平山及び山麓の太平地区の名は現在「たいへい」と読まれるが、明治期までは「おいだら」と読まれており、由来を巨人「オイダラボッチ」であるとする説(秋田の今と昔)がある。
  • 昔、東信濃の底だったが、デイランボウは「岩鼻」という山を砕き水を排出し、平地を作った。それから後、その土地を、大佐久(南北佐久)と小佐久(小県)と言うようになった[36][* 6]

参考文献編集

  • 柳田, 国男『妖怪談義』講談社、1977年。ISBN 406158135XNCID BN04293132OCLC 33519725

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ (柳田 1977)の『妖怪談義』にて相模原市大沼に調査に行ったとの記述あり。その地ではダイダラボッチの伝説は無かったと落胆しているが、ダイダラボッチ伝説があるのは北に5キロメートルほどずれた鹿沼であった。
  2. ^ 「一二(いちに)」は「わずか」の意。従って「一二里」は「里の単位でわずかな距離」の意。しかし「一二里」を「1・2里」の意で捉えれば、具体的距離を示すものとなり、古代日本の1里は約5.3km、2里は約10.7kmと、数値を割り出すことができる。
  3. ^ 市井の娯楽本やインターネット上の記述で、本文中の「蜃」を妖怪の「(しん)」と関連付けるものが見られるが、ここで語られている「蜃(うむき、うむぎ)」は実体があって食用にされる貝類の「蛤(うむき、うむぎ)」、すなわち「蛤(はまぐり)」のことであって、妖怪ではない。
  4. ^ 水戸市塩崎町1064-1(地図 - Google マップ
  5. ^ 江戸時代における常陸国茨城郡塩ヶ崎村、幕藩体制下の常州水戸藩知行等塩ヶ崎村。
  6. ^ 大鼠が岩鼻を食い破ったことで湖水が排水されたとする伝説もある(『日本伝説叢書 信濃の巻』157 - 159ページ)。

出典編集

  1. ^ 宮本幸枝・熊谷あづさ『日本の妖怪の謎と不思議』学習研究社〈GAKKEN MOOK〉、2007年、89頁。ISBN 978-4-05-604760-8NCID BA81963861
  2. ^ a b c d 『妖怪の本』 学研、92,98頁。
  3. ^ 『ダイダラ坊の足跡』
  4. ^ でいだらぼっち”. さがみはら百選. シニアネット相模原. 2011年2月13日閲覧。
  5. ^ 井ノ口章次他編「静岡県庵原郡両河内村」『民俗採訪』昭和29年度号、國學院大學民俗学研究会、1955年、 109頁、 NCID BN13889905
  6. ^ 村上健司編著『日本妖怪大事典』角川書店〈Kwai books〉、2005年、195-196頁。ISBN 978-4-04-883926-6
  7. ^ 和田孝弌. “「信濃でぃらんぼう音舞」普及保存会ホームページ”. 信濃でぃらんぼう音舞普及保存. 2011年2月13日閲覧。
  8. ^ a b 宮田登「諸国の富士と巨人伝説」『静岡県史』24、斉藤滋与史他編、静岡県、1993年、957-964頁。
  9. ^ 竹川義徳「節分の行事」『民間伝承』5巻6号、民間伝承の会、1940年3月、 5頁。
  10. ^ a b 高木直子他「その他の伝説」『長野県史』3巻3号、塚田正朋他編、長野県、1990年、483-484頁。
  11. ^ 中村成文「大太法師伝説四種」『郷土研究』4巻7号、郷土研究社、1916年10月、 50-51頁。
  12. ^ 井田安雄「群馬の伝説の代表例」『群馬県史』27、志村彦衛他編、群馬県、1982年、773頁。
  13. ^ a b c d e f 村上健司 『妖怪事典』 毎日新聞社、206,207頁。
  14. ^ 『南佐久口碑伝説集北佐久編限定復刻版』発行者長野県佐久市教育委員会 全434P中104P 102P 昭和53年11月15日発行
  15. ^ a b c “富士山へ注ぐ琵琶湖の水くむ 滋賀・近江八幡、伝説が結ぶ”. 京都新聞. (2014年7月24日). http://kyoto-np.jp/shiga/article/20140724000050 2014年7月25日閲覧。 
  16. ^ 衣袖漬常陸國風土記 香島郡/那賀郡
  17. ^ 那珂川沿岸農業水利事業所. “さらに詳しく 大串貝塚と巨人伝説”. 公式ウェブサイト. 関東農政局. 2019年5月20日閲覧。
  18. ^ a b 大串貝塚”. コトバンク. 2019年5月20日閲覧。
  19. ^ 鷹野光行(博物館学者、東北歴史博物館館長). “第3回館長講座『縄紋時代の研究史 明治時代以前と大森貝塚』 (PDF)”. 公式ウェブサイト. 東北歴史博物館宮城県. p. 1. 2019年5月20日閲覧。
  20. ^ 古典のテキストについて : 文学研究におけるテキ スト論 [PDF] 三重大学学術機関リポジトリ研究教育成果コレクション
  21. ^ 小田勝『日本語史要講』2008年 - Google "上古有人"
  22. ^ 大串貝塚”. 小学館日本大百科全書:ニッポニカ』. コトバンク. 2019年5月20日閲覧。
  23. ^ 大串貝塚”. 講談社『国指定史跡ガイド』. コトバンク. 2019年5月20日閲覧。
  24. ^ 大串貝塚”. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』. コトバンク. 2019年5月20日閲覧。
  25. ^ 大串貝塚”. 小学館『精選版 日本国語大辞典』. コトバンク. 2019年5月20日閲覧。
  26. ^ 衣袖漬常陸國風土記 託賀郡/賀毛郡/美囊郡 針間播磨國風土記 託賀郡
  27. ^ a b 安部晃司他『日本の謎と不思議大全 東日本編』人文社編集部編、人文社〈ものしりミニシリーズ〉、2006年、122頁。ISBN 978-4-7959-1986-0
  28. ^ 『日本の民話8』 未來社
  29. ^ 『佐久口碑伝説集北佐久編限定復刻版』発行者長野県佐久市教育委員会 全434P中218P 219P 昭和53年11月15日発行
  30. ^ 『代田のダイダラボッチ』(きむらけん著)北沢川文化遺産保存の会紀要第5号/『浦和市史』民俗編 浦和市総務部市史編さん室 平成2年。
  31. ^ 『佐久口碑伝説集北佐久編限定復刻版』発行者長野県佐久市教育委員会、全434頁中 218,219頁、昭和53年11月15日発行。
  32. ^ 草野巧 『幻想動物事典』 新紀元社、190頁。
  33. ^ 大串貝塚ふれあい公園(埋蔵文化財センター)”. 水戸市 (2013年4月2日). 2017年4月17日閲覧。
  34. ^ 『佐久口碑伝説集北佐久編限定復刻版』発行者長野県佐久市教育委員会、全434頁中 218,219頁、昭和53年11月15日発行。
  35. ^ a b 秋田の昔話・伝説・世間話 口承文芸検索システム 鳥の海の干拓
  36. ^ 『南久口碑伝説集北佐久編限定復刻版』発行者長野県佐久市教育委員会、全434頁中 105頁、昭和53年11月15日発行。

関連項目編集