クー (COO ) は、ダイハツ工業がかつて生産・販売していた小型トールワゴン乗用車である。

ダイハツ・クー
M400S型
フロント
Daihatsu Coo 001.JPG
リア
Daihatsu Coo 002.JPG
販売期間 2006年5月 - 2013年2月
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドアトールワゴン
エンジン K3-VE型 1.3L 直列4気筒 DOHC DVVT
3SZ-VE型 1.5L 直列4気筒 DOHC DVVT
駆動方式 前輪駆動/四輪駆動
変速機 4速AT/5速MT(マテリアのみ)
サスペンション 前:マクファーソン・ストラット式
後:トーションビーム式 (2WD)
後:3リンク式 (4WD)
全長 3,785-3,800 mm
全幅 1,690 mm
全高 1,635 mm
ホイールベース 2,540 mm
車両重量 1,040-1,120 kg
姉妹車 トヨタ・bB(2代目)
スバル・デックス
別名 ダイハツ・マテリア(欧州)
先代 ダイハツ・YRV
※事実上。販売終了から約9ヵ月の空白期間あり[注釈 1]
後継 ダイハツ・トール
※事実上。発売開始まで約4年の空白期間あり
プラットフォーム ダイハツ・Aプラットフォーム
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

概要編集

ブーンプラットフォームをベースにトヨタ自動車と共同開発された自動車で、生産はダイハツ工業が行う。YRVの実質的後継車である。型式は1.3L FFがM401S型、4WDがM411S型、1.5LはFFのみでM402S型。

トヨタからはbBとして発売されるが、デザインや装備内容などはbB(前期型)から大幅に差別化されている。bBが主に若年男性ユーザーをメインターゲットにしているのに対し、クーは主に20歳代後半から30歳代の女性および軽自動車からのステップアップユーザーをメインターゲットにしている。

例えば、フロントシートにはbBに装備されているマッタリモード機構がなく、シートリフター機構が備えられているものに変更されており、小柄な女性にも扱いやすくなっている(これをもって、bBよりも良い = まじめなクルマという評価がある)[注釈 2]

欧州市場向けは「ダイハツ・マテリア」(Daihatsu Materia) の名称で2012年まで販売され、こちらには4速ATのほか、5速MTの設定が存在していた。

2008年4月10日にはトヨタ自動車・ダイハツ工業・富士重工業(現・SUBARU)の3社による業務提携強化により、2008年10月に富士重工業へOEM供給されることも発表され、同年11月13日に富士重工業よりデックスとして発表・発売された。なお、デックスはクーより先に2012年10月を以て生産終了になったものの、2012年11月までに在庫分の未登録車の登録を全て完了し、結果的にクーより先に販売終了となった。

インテリア・エクステリア編集

クーの場合トランスミッションはATのみの設定で、全車コラムシフトベンチシートの組み合わせとなるが、MT販売比率の高い仕向け地を想定している欧州専売のマテリアでは、MTをフロアシフトとしており、セパレートシートとなっており、スキーなど、長尺物の積載に対応している。また、クーにあるアームレストも装備されておらず、厳しい体勢を強いられるが、前後ウォークスルーも一応可能。

マテリアのシフトレバーは位置が大変低く、運転者の体格によっては操作上前かがみの姿勢を強いられる場合があるが、これは同じフロアとパワートレインを用いるブーンの日本国外仕様であるシリオンも同様である。

ダッシュボード上には、トヨタ・ヴィッツ以来のセンターメーターが配置されている。クーは日本国内専用であるため、スピードリミッターが付いており最高速度は180 km/hとなるが、マテリアには装着されておらず、スピードメーターの表記も220 km/hとなっている。

またマテリアのオートマチックのセレクターにシフトロックが装備されていない点、日本(縦横比3:2)とEU両方のナンバープレートの形状に対応した取り付けスペース(へこみ)となっている点、リアフォグランプ(主に欧州向けだが、日本国内向けの4WD仕様車にも標準装備されている)を持つ点は、他のダイハツ製日本国外向け車と共通の仕様である。

メカニズム編集

エンジンはダイハツ製直4DOHC16バルブNA1,297ccのK3-VE型エンジン、またはダイハツ製直4DOHC16バルブ1,495ccNAの3SZ-VE型エンジンとなる。トランスミッションは4速ATと5速MT(マテリアのみ)がある。駆動方式はFFと4WD。

初代 M400S型 (2006年-2013年)編集

  • 2006年
  • 2008年
    • 10月 - 一部改良。グレードを2グレードに集約、および装備内容の変更。外板色はbBのエアロ仕様と同じ7色を設定。
    • 11月13日 - 富士重工業との提携によりスバル・デックスが発表され、OEM供給を開始。
  • 2010年
    • 7月 - 一部改良。
      「CX」にディスチャージヘッドランプを標準装備化。グレード体系を見直し、4WD車は「CX」のみとなるとともに、車両本体価格も値上げとなった。また、JC08コールドモードに対応したため、低排出ガス車認定レベルが「平成17年基準排出ガス50%低減レベル(☆☆☆)」に格下げとなった。
  • 2011年
    • 12月1日 - 一部改良。後席中央席にヘッドレスト・3点式シートベルトの装備などの改良を実施。
  • 2013年
    • 1月[1] - 生産終了。以後、在籍対応分のみの販売となる。
    • 2月[2] - 在庫対応分が完売し販売終了[注釈 4]。公式ホームページの掲載も終了。なおbBは2016年7月末を以って生産を終了、同年8月末を以って名実共に販売終了となった。

車名の由来編集

クーは英語でかっこいいという意味のCOOL、また室内の広さを表現する、天空・空間などの「空」の意味も含む。

脚注編集

注釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 厳密にいえばYRVはセミトールワゴン扱いの車種。ただし、本格的なトールワゴンに限定した場合ではパイザーが事実上の先代車種となる(こちらの場合は販売終了から約4年間の空白期間あり)。
  2. ^ なおbBのマッタリモード機構は2011年11月の改良で廃止され、替わりに一部のグレードにクーと同じリヤシートスライド&リクライニングを設定。
  3. ^ 後に同社の3代目ブーン(2018年10月改良型)のCMに出演。
  4. ^ これに伴い、当時2013年2月以降のダイハツ登録車(普通車)はブーンビーゴ(2016年3月に販売終了)・メビウス(同年4月より販売開始)・アルティスの計4車種となる。

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ クー”. トヨタ自動車株式会社 (2020年1月5日). 2020年1月5日閲覧。
  2. ^ クー(ダイハツ)のカタログ”. リクルート株式会社 (2020年1月5日). 2020年1月5日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集