ダイハツ・ビーゴ

ビーゴ (Be-go) は、ダイハツ工業が生産・販売していた小型SUVである。

ダイハツ・ビーゴ
J200G/J210G型
日本仕様 前期型 フロント
2006年1月 - 2008年11月
Daihatsu Be-go 001.JPG
リア(欧州仕様テリオス)
Daihatsu Terios II rear 20100918.jpg
室内
2006 Daihatsu Be-go 01.jpg
販売期間 2006年1月 - 2016年3月
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン 3SZ-VE型 1,495cc 直列4気筒DOHC
(DVVTEFI)
駆動方式 後輪駆動(フロントエンジン・リアドライブ方式)
四輪駆動(フルタイム4WD)
最高出力 80kW (109PS) /6,000rpm
最大トルク 141N·m (14.4kgf·m) / 4,400rpm
変速機 5速MT / 4速AT(電子制御式)
サスペンション 前:マクファーソンストラット式コイルスプリング
後:5リンク式コイルスプリング
全長 3,995mm(前期型)
4,005mm(後期型)
全幅 1,695mm
全高 1,690 - 1,705mm
ホイールベース 2,580mm
車両重量 1,150 - 1,190kg(前期型)
1,160 - 1,200kg(後期型)
最低地上高 180 - 200mm
姉妹車 トヨタ・ラッシュ
先代 ダイハツ・テリオス
後継 ダイハツ・キャストアクティバ
(間接的)
-自動車のスペック表-

目次

概要編集

テリオスの後継車。トヨタ・ラッシュOEM供給モデルである。形式は2WD車がJ200G型で4WD車がJ210G型。

日本仕様車は2005年の東京モーターショーで発表され、2006年1月に発売された。欧州仕様車は2006年のジュネーブ・モーターショーにて欧州仕様が公開され、その年に欧州での販売が開始された。

車名は、日本と中国(大陸)でのみ「Be-go」が使われる[1]。この車名は英語の「be(ある・いる)」から、「go(出る・行く)」への変化を意味しており、生活や意識の変化をもたらすほど積極的に行動できるクルマをイメージして命名された。

それ以外の地域では、引き続き「テリオス」(Terios) の名称が使われ、テリオスの2代目モデルとして販売される。ただし、インドネシアでは、テリオスベースの独自仕様車種であった「タルーナ」(Taruna) に代わって初めて登場した車名となる。インドネシア製テリオスについては、ホイールベースを2,580mmから2,685mm (+105mm)、全長を4,405mmに延長した3列シート7人乗りとなっており、当初は5+2人乗り(+2人は最後尾に横向きの対面座席)で登場し、最終的に3列シート7人乗りに改設計されたタルーナの後継という色合いが強い。このインドネシア製のロングタイプは、インドネシア以外の東南アジア南アジア中東アフリカ及び中南米の国々でも販売されている[2]。また、インドネシア及びマレーシア向けのトヨタ・ラッシュとしてOEM供給されている。

マレーシアのプロドゥアからは、テリオスのプロドゥア生産型であった「プロドゥア・クンバラ」(Kembara) に代わって、2008年から2010年まで「プロドゥア・ノーティカ」(Nautica) の車名で販売されていた。なおノーティカはクンバラとは異なりダイハツからのOEM供給となり日本からの輸入車種となっていた。

生産は、日本では発売から2012年途中まではダイハツ九州大分中津)工場で、それ以後はダイハツ工業本社(池田)工場で行われていた。インドネシアのアストラ・ダイハツ・モーターでは、上記の通り3列シート7人乗りタイプを生産している。また、ベネズエラにあるトヨタの生産子会社トヨタ・デ・ベネズエラに委託して、ベネズエラ国内向けのノックダウン生産が先代テリオスに引き続いて行われている。


メカニズム編集

ボディ構造はビルトインラダーフレーム式モノコックを採用している。これはモノコックボディに、はしご型のフレームを組み込んで一体化させた構造である。このボディはインドネシアで生産されている、7人乗りミニバンダイハツ・セニア/トヨタ・アバンザのボディをベースに開発が進められ、専用に新設計されたものである[3]

エンジンは直列4気筒DOHC ガソリンエンジン。ドライブトレインは縦置きエンジンFRと4WDであり、日本向けFRモデルにはローダウンサスペンションが標準装備されている。トランスミッションは、4速ATと5速MT[4]で、副変速機(ローレンジ)は持たない。日本向けのATのみインパネシフトを採用するが、MTと日本国外向けのATはフロアシフトとなっている。なお、仕向け地によっては1.3 LK3-VE型エンジンに5速MTのみを組み合わせたグレードも用意されている。4WDは、車内のスイッチでロックが可能なセンターデフを備えたフルタイム方式である。

給油口はラガーロッキー、テリオスと同様、右側となっている。

沿革編集

  • 2005年9月 - 第61回フランクフルトモーターショー (IAA) に「D-Compact 4x4」の名称で参考出品。
  • 2005年10月 - 第39回東京モーターショーに出品。
  • 2006年1月17日 - OEM供給モデルであるトヨタ・ラッシュと同時発売。目標月間販売台数は500台と発表された。
  • 2008年1月11日 - 一部改良。
    ボディカラーにブリティッシュグリーンマイカとパールホワイトIII(オプションカラー)を追加。パーキングブレーキ戻し忘れ防止ブザーを装備した。併せて、「CX」をベースに、シート表皮の一部にアルカンターラを採用し、ディスチャージヘッドランプ、専用アルミホイール、メッキインナードアハンドルなどを装備した特別仕様車「CX Limited」を発売。
  • 2008年11月13日 - マイナーチェンジ。
  • 2010年7月 - 一部改良。
    「CL」を「CX Special」に改称したほか、一部標準装備及びメーカーオプションの廃止などにより、価格を引き下げた。また、JC08モードへの対応により、低排出ガス車達成レベルが「平成17年規制」に格下げとなった。
  • 2012年4月4日 - 一部改良。
    グレード体系の整理を行い、「CX」は廃止、「CX Limited」はATのみとなった。また、リア中央席に3点式ELRシートベルトを追加するなど装備の改良を行った。
  • 2013年1月31日 - 一部改良。
    4WD車にVSC&TRCを標準装備。また、今回の一部改良でJC08モード燃費に対応した。なおMT車は廃止された。
  • 2014年10月 - 2WD車販売終了。
  • 2016年3月 - 4WD車販売終了。これと同時にホームページへの掲載も終了した。
    これによりダイハツにおける日本国内向けの普通車登録のSUVが消滅し、1974年に発売されたタフト以来42年の歴史に幕を降ろすこととなった。2017年3月現在、直接的な後継車種はないものの、既存の軽SUVキャストアクティバが間接的な後継車種となる。

ラインナップ編集

  • CX Special =ラッシュのXに相当。
  • CX Limited =ラッシュのG・Lパッケージに相当。

トヨタ・ラッシュとの相違点編集

  • 発売当初は背面スペアタイヤカバーに、2008年1月生産以降は車名ロゴ左側にCIマークが付く(ラッシュは前部のみトヨタマークが付く)。
  • 上位グレードの装備で、ラッシュでは標準装備となっているものがビーゴでは「プレミアムパック」としてオプションとなっている(前期型のみ。後期型は全て同一)。

脚注編集

  1. ^ 中国市場にはモーターショーに出展した程度である。
  2. ^ DAIHATSU TERIOS 7seater - FIND MORE
  3. ^ 【ダイハツ ビーゴ/トヨタ ラッシュ 発表】今度は小型車専用ボディ
  4. ^ MTは、日本向けには4WDにのみ設定されていたが、2013年1月で廃止。

関連項目編集