メインメニューを開く

ダウアー・962LM (Dauer 962LM) は、ポルシェ・962Cの公道仕様車として発売された市販車[1]である。

ヨッヘン・ダウアーはレースを休止した後にダウアー・シュポルトワーゲンを設立し、ポルシェ・962の公道向け改造事業を始めた[1]。この開発をポルシェが支援して1号車は1993年9月に完成し、フランクフルトモーターショーに展示された[1]。ポルシェはさらに2台の製作と、1994年のル・マン24時間レースへの参戦を提案した[1]。この3台は、すべてポルシェ所有だったシャシから製造されている[1]

ル・マン優勝編集

1994年のル・マン24時間レースは規定の変遷期にあり、エントリー台数を確保するためにプロトタイプカーとGTカーを両方受け入れることにした[1]。ただし、プロトタイプカーの性能を制限するため、スキッドブロックの装着により空力性能を抑制し、燃料タンクを80リットルに制限する[注釈 1]など、GT1に有利な規定を作った[1]。実際、グループCのプロトタイプカーは全盛期との比較で20秒以上遅くなっている[1]。GT1として参戦するには1台でもいいので公道走行可能なナンバー取得車両があればよく、ダウアー・962LMは何の問題もなくGT1カーとして認められ、再度レーシングカーに仕立て直され、実質的にポルシェワークスのル・マン・ポルシェ・チーム/ヨースト・レーシングチームからハンス=ヨアヒム・スタック/ダニー・サリバン/ティエリー・ブーツェン組が35号車、ヤニック・ダルマス/ハーレイ・ヘイウッド/マウロ・バルディ組が36号車でル・マン24時間レース参戦を果たした[1]。決勝レースはグループCのトヨタ・94C-Vとの首位争いを36号車が制して優勝したため、物議をかもした[1]

ル・マン以後編集

この後もダウアーは真摯にロードカー製作に取り組み、10台以上を製造販売した[1]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ GT1は120リットル。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『Racing On』466号 pp.63-67。

参考文献編集