メインメニューを開く

ダウラト・シャーDawlat Shāh, ? - 1328年)は、の泰定帝イェスン・テムルに仕えたムスリム(イスラム教徒)官僚。漢字表記は倒剌沙で、タオラシャと読まれることもある。

即位以前のイェスン・テムルが晋王の称号をもってモンゴル高原に駐留し、チンギス・ハーンの祭祀をとりおこなう四大オルドの領していた頃、晋王府内史としてイェスン・テムルの宮廷に仕え、その信任を受けた。息子のハサンは宿衛(ケシク)として大ハーン(モンゴル皇帝、カアン)の宮廷におり、自身は晋王のもとにありながら常に中央の政治の動向をうかがっていた。1323年、英宗シデバラを殺害する陰謀が起こると、ダウラト・シャーは陰謀の首謀者テクシと連絡をとり、イェスン・テムルの擁立に関与したとされる。

シデバラが殺害され、イェスン・テムルがハーンに即位するとダウラト・シャーは宰相格の中書平章政事に任命され、さらに中書左丞相にのぼった。左丞相ダウラト・シャーは、中央政府の序列第二位ながらイェスン・テムル・カアンの信任を背景に西域中央アジア西アジア)の出身者(色目人)を登用して中央・地方の要職を自派で固め、専権をふるった。

1328年7月(旧暦)、イェスン・テムルが上都で病死すると、9月にイェスン・テムルの皇后らと共謀し、その遺児アリギバをハーンに擁立した。しかし、5年にわたったイェスン・テムルの治世を通じて専権をふるってきたダウラト・シャーに対する不満が高まっており、もうひとつの首都大都に駐留するキプチャク親衛軍の司令官エル・テムルが反乱を起こした。エル・テムルは、アスト親衛軍の司令官である河南の軍閥バヤンと組んで武宗カイシャンの遺児トク・テムルを擁立し、華北各地の軍勢が結集して上都のアリギバおよびダウラト・シャーの軍を破った。10月、大都側の軍勢が上都を囲むとアリギバを支持した従兄弟で梁王・王禪、營王エセン・テムルをはじめダウラト・シャーらは数度出城して激しく戦闘を交えたが、ダウラト・シャーはついに皇帝の玉璽を携えて投降した。この戦闘でオッチギン家の遼王トクトなども戦死している。この後、アリギバの母后バブカンは河北の東安州へ配流され、王禪、エセン・テムルら王侯たちとともにダウラト・シャーも翌月には処刑された。