メインメニューを開く

ダウンサイズ』(Downsizing)は、2017年アメリカ合衆国で公開されたSFコメディ映画である。監督・脚本・製作をアレクサンダー・ペインが務めており、主演をマット・デイモンが務めている。第74回ヴェネツィア国際映画祭オープニング作品。

ダウンサイズ
Downsizing
監督 アレクサンダー・ペイン
脚本 アレクサンダー・ペイン
ジム・テイラー
製作 マーク・ジョンソン英語版
アレクサンダー・ペイン
ジム・テイラー
製作総指揮 ミーガン・エリソン
ジム・バーク
ダイアナ・ポコーニイ
出演者 マット・デイモン
クリストフ・ヴァルツ
ホン・チャウ英語版
クリステン・ウィグ
ウド・キア
音楽 ロルフ・ケント
撮影 フェドン・パパマイケル
編集 ケヴィン・テント
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 東和ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年12月22日
日本の旗 2018年3月2日
上映時間 135分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $68,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $55,003,890[1]
アメリカ合衆国の旗 $24,449,754[1]
日本の旗 5500万円[2]
テンプレートを表示

目次

概要編集

サイドウェイ』のアレクサンダー・ペインと『オデッセイ』のマット・デイモンがタッグを組み、人口が増えすぎた地球での社会問題を解決すべく、人体を13cmに改造することにした夫婦を描いた異色のSF映画である。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替声優[3]

製作編集

当初、企画はマット・デイモンリース・ウィザースプーンポール・ジアマッティサシャ・バロン・コーエン出演で進められていた[4]。2015年8月2日、パラマウント映画が本作の配給をすることが報じられた[5]。ジアマッティ、コーエンが降板してクリストフ・ヴァルツホン・チャウアレック・ボールドウィンニール・パトリック・ハリスジェイソン・サダイキスの出演が決定した[6][7]。2016年4月1日、トロントをはじめとしたカナダ・アメリカの都市で撮影が開始した[8]クリステン・ウィグが計画に参加すること、リース・ウィザースプーンが降板したことが判明した[9]

出典編集

外部リンク編集