ダグ(Dagr)とは、北欧神話で「」を意味する神。

19世紀にペーテル・ニコライ・アルボによって描かれた絵。馬に乗ったダグ。

スノッリのエッダ』第一部『ギュルヴィたぶらかし』10章で、次のように説明されている。

オーディンヨトゥンヘイムに住むナルヴィという男の娘であるノートと、彼女の息子のダグを呼び、それぞれに馬車を与え世界を周り続けるように命じた。こうして昼とができあがった。

スキンファクシ(「光のたてがみ」の意)というが引く馬車に乗り、12時間ごとに大地の上を通るようにを駆けるという。スキンファクシのたてがみが発するが、地上を照らす。

ノートの3番目の夫にしてアース神族デリングを父に持


『フンディング殺しのヘルギの歌 その二』編集

古エッダ「フンディング殺しのヘルギの歌 その二」(Helgakviða Hundingsbana II) では人間の英雄、シグルーンの弟、ヘグニ王の息子。義兄ヘルギ殺しの英雄。主神オーディンは彼に自身の槍を貸し与える。

参考文献編集

  • V.G.ネッケル他編 『エッダ 古代北欧歌謡集』谷口幸男訳、新潮社、1973年、232頁。

関連項目編集