メインメニューを開く
ダチア・ロガン

ダチア (Dacia) はルーマニア自動車メーカーでルノーグループの一員。社名の由来はルーマニアの旧称「ダキア」から。

目次

概略編集

設立編集

 
ダチア・1300

1966年に『UAP』の社名で設立し、翌年ルノー8を「ダチア1100」という名称でノックダウン生産した。1969年ルノー12を「ダチア1300」としてノックダウン生産し1972年から国産化された。ボディスタイルは当初は4ドアセダンのみだったが、後にステーションワゴン、5ドアハッチバックを追加、また試作車に終わったものの、2ドアクーペ「ブラショビア」までも発表されている。さらには1980年代初めに、5ドアハッチバックの上級モデル、ルノー20も「ダチア2000」として製造され、主に官公庁やルーマニア共産党の上級職員に愛用されていた。なお、ダチア1300はPUBGでの登場車種でもある。

独立からルノー回帰編集

1980年代中盤、ダチアは一旦ルノーと離れ、独自のモデルを開発していく。まず排気量500ccのミニカー「Lăstun (ダチア500。ルーマニア語で『つばめ』。)」が1989年まで生産されていた。その後1994年から5ドアセダンの「ノヴァ」を製造。このノヴァは500の直後に開発されるはずが、ルーマニア革命前後の混乱の影響で生産が遅れをきたしていた。ダチアの業績は悪化し、ついに1999年にはルノーが株式の過半数を取得して傘下に収め、ルノーの元で経営再建を図ることとなった。ノヴァは2000年にルノー・クリオのエンジンを与えられて「スーパーノヴァ」となり、さらに2003年にはフェイスリフトが行われて「ソレンザ」と改名した。

ロガン登場編集

2004年にはニューモデル「ロガン」を発表した。既存ルノー各車のコンポーネントを巧みに組み合わせ、6000ユーロ(安全装備を含まない東欧仕様の価格。西欧仕様は7500ユーロから)という驚異的な低価格でまず4ドアセダンから発売した。現在、ルーマニアを含む東欧諸国や、フランス(タヒチやニューカレドニアなどの海外県も含む)、ドイツ、スペインなどの西欧諸国へ輸出されている他、ロシアコロンビアモロッコインドで現地生産されており、近年中にイラン中華人民共和国マレーシアでも行われる予定である。また、2006年10月にはステーションワゴン(ロガンMCV)、2007年1月にはバン、2008年3月にはピックアップがラインナップに加わった。

車種拡充編集

さらに2008年にはハッチバックサンデロが、2009年末にはクロスオーバーSUVダスターがそれぞれ発表された。いずれもロガンのプラットフォームをベースに開発された。ダスターはフランスなどで高い人気を誇り、一部でバックオーダーとなった。

ネット販売開始編集

2011年9月15日からイタリアにおいてダチア車のオンライン販売を開始。車種、グレード、塗装色、オプション、担当ディーラーなどを選択し、保証金を支払い最短15クリックで自動車の注文ができるというもの。以降ヨーロッパの数ヶ国で同様のシステムが導入されている。

販売地域拡大編集

2012年にはミニバンロッジーおよび派生パネルバン/MPVのドッカー[1]を相次いで発表した。この2車種はモロッコ北部のタンジェに設立されたルノーの最新工場にて製造が行われる。またロシアのほか、左側通行インドイギリスアイルランドへも販路を広げており、右ハンドル仕様車の展開も増えている。

主な車種編集

現行生産車種編集

ダチアが展開されていない南米ロシアインドなどの地域ではルノーブランド車として販売される。

過去の生産車種編集

 
ダチア・ピックアップ
  • ダチア1100 (Dacia 1100) - 1968年から1971年まで製造
  • ダチア1300 (Dacia 1300) - 1969年から1983年まで製造
  • ダチア500 (Lăstun) - 1989年まで製造
  • ノヴァ (Nova) - 1995年から2000年まで製造
  • スーパーノヴァ (SuperNova) - 2000年から2003年まで製造
  • ソレンザ (Solenza) - 2003年から2005年まで製造
  • ピックアップ - ダチア1300がベース。2006年12月製造終了[2]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Dacia Expands Range with New Dokker Van in Passenger and Commercial Flavors”. Carscoop (2012年5月18日). 2012年5月18日閲覧。
  2. ^ [1]

外部リンク編集