メインメニューを開く

ダッキング (Ducking) は、ボクシングにおける基本的な防御技術。上体を前に屈めるようにして相手のパンチをかわす戦法をこう呼ぶ。顔面へのストレートやフックを回避する際に行うのが主だが、タイミング次第ではアッパーも回避できる。

また、ボディへのストレートやリバー・ブロー(肝臓打ち)などの攻撃につなげる場合にも用いられることがある。

ただし、アマチュアボクシングだと上体を前に倒すと反則になってしまう。