メインメニューを開く

ダナイ・ジェケサイ・グリラDanai Jekesai Gurira, 1978年2月14日 - )は、アメリカ合衆国女優劇作家。テレビシリーズ『ウォーキング・デッド』のミショーン英語版役で知られる。

ダナイ・グリラ
Danai Gurira
Danai Gurira
San Diego Comic-Con International in 2019
本名 Danai Jekesai Gurira
生年月日 (1978-02-14) 1978年2月14日(41歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アイオワ州グリンネル英語版
職業 女優劇作家
活動期間 2004年-
公式サイト www.danaigurira.com
主な作品
映画
ブラックパンサー
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
アベンジャーズ/エンドゲーム
テレビドラマ
ウォーキング・デッド
テンプレートを表示

生い立ち編集

アイオワ州グリンネル英語版で生まれる。両親はジンバブエ出身で、母は大学図書館員、父は化学教師である。カイロプラクターの兄の他、2人の姉妹がいる[1]。グリンネル高等学校を卒業後、マカレスター大学に通った。ニューヨーク大学でMFAを取得[2]

キャリア編集

2006年にオフブロードウェイ作品『In the Continuum[3]オビー賞アウター批評家協会賞英語版の脚本賞、ヘレン・ヘイズ賞英語版の主演女優賞を獲得した[2]。2007年に映画『扉をたたく人』に出演し、メソッド・フェスト・インディペンデント映画祭英語版の助演女優賞を獲得。

2009年にオーガスト・ウィルソン英語版の舞台『Joe Turner's Come and Gone』でブロードウェイデビューを果たした[4]。2010年から2011年にはHBOのシリーズ『Treme』に出演。2012年12月の世界エイズデーではグリラの舞台『In the Continuum』が記念上演された[5]

2012年3月、AMCのテレビシリーズ『ウォーキング・デッド』の第3シーズンよりミショーン英語版役で加わることが発表された[6][7][8]

2013年にはドラマ映画『Mother of George』に出演し、同年1月のサンダンス映画祭でプレミア上映され、演技が高く評価された[9][10]

2013年6月、ガイズ・チョイス賞のジャン・クロード・ガッダム賞を獲得[11]

私生活編集

フィルモグラフィ編集

映画編集

作品 役名 備考
2007 扉をたたく人
The Visitor
ゼイナブ メソッド・フェスト・インディペンデント映画祭英語版助演女優賞受賞
ボストン映画批評家賞キャスト賞受賞
ゴッサム賞アンサンブルキャスト賞ノミネート
2008 オー!マイ・ゴースト
Ghost Town
幽霊
2010 3 Backyards 青いドレスの女性
ウェス・クレイヴンズ ザ・リッパー
My Soul to Take
ジェアンネ・バッティステ
2011 Restless City シシ
2013 Mother of George アデニク・オルミド・バロガン
2015 ティンカー・ベルと流れ星の伝説
Tinker Bell and the Legend of the NeverBeast
ヒューリー 声の出演
2017 オール・アイズ・オン・ミー
All Eyez on Me
アフェニ・シャクール
2018 ブラックパンサー
Black Panther
オコエ
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
Avengers: Infinity War
2019 アベンジャーズ/エンドゲーム
Avengers: Endgame

テレビシリーズ編集

作品 役名 備考
2004 LAW & ORDER:犯罪心理捜査班
Law & Order: Criminal Intent
マレイ・ローサ・ランビザイ 第4シーズン第9話「孤独な天才」
2009 ニューヨーク1973/LIFE ON MARS
Life on Mars
アンジェラ 第1シーズン第10話「走りすぎたペン」
ロー&オーダー
Law & Order
カウントニー・オーウェンズ 第20シーズン第11話「それぞれの思惑」
2010 American Experience サラ・ステワード 第22シーズン第4話「Dolley Madison」
ライ・トゥ・ミー 嘘は真実を語る
Lie to Me
ミシェル・ルッソ 第2シーズン第20話「暴露」
2010-2011 Treme ジル 計6話出演
2012- ウォーキング・デッド
The Walking Dead
ミショーン シーズン3-:メイン・キャスト
2017 Robot Chicken ミショーン 声の出演

舞台編集

作品 役名 備考
2005 In the Continuum アビゲイル、イタール 兼脚本
オビー賞
アウター批評家協会賞英語版
ヘレン・ヘイズ賞英語版
2009 Joe Turner's Come and Gone マーシャ・ペンテコスト
Eclipsed 出演無し 脚本家
2011 尺には尺を
Measure for Measure
イサベラ
2012 The Convert 出演無し ロサンゼルス演劇批評家協会賞英語版脚本賞[13]
2015 Familiar 出演無し 脚本家

参考文献編集

外部リンク編集